理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

沖縄

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 桂べがこφ ★ 2014/02/22(土) 06:03:18.97 ID:???0

"出生率上位の大半は九州と沖縄"

女性1人が一生に産む子どもの数の指標となる出生率について、全国の市区町村別で比べたところ、上位30の市町村のうち29を九州・沖縄の自治体が占めたことが分かりました。

厚生労働省は5年に一度、女性1人が一生に産む子どもの数の指標となる「合計特殊出生率」を市区町村別にまとめていて、平成20年から24年までの5年間の平均の統計がまとまりました。

それによりますと、最も出生率が高かったのは、鹿児島県伊仙町で2.81、次いで沖縄県久米島町が2.31、沖縄県宮古島市が2.27でした。
上位30の市町村のうち29を九州・沖縄の自治体が占め、このうち19が沖縄本島を除く島の自治体です。

一方、最も低かったのは京都市東山区で0.77、次いで東京・豊島区が0.81、大阪・豊能町が0.82でした。
最も高い鹿児島県伊仙町と最も低い京都市東山区の差は3.6倍となっています。

厚生労働省は「地域のつながりが深く気候も温暖な地域が子どもが多い傾向がある。
少子化の要因は地域によってさまざまで、それぞれの自治体で対策が必要だ」としています。
(以下略)

825ede12.jpg

2月22日 4時15分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140222/k10015439691000.html



出生率上位の大半は九州と沖縄の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ダブルニードロップ(WiMAX) 2014/01/29(水) 12:19:42.57 ID:vRw5MjrFP BE:4323945986-PLT(14008) ポイント特典

謎の光は在沖米海兵隊の照明弾 航空機から発射
2014年1月29日 10:46

 23日午後9時ごろ、那覇市の西の上空で目撃された複数の光について、在沖米海兵隊報道部は28日、所属機が発射した照明弾だとの見方を示した。

 本紙撮影の動画を確認した上で、「第3海兵遠征軍が那覇市の南西の射爆撃場で、航空機からの照明弾発射を伴う訓練をしていた」と認めた。

 那覇市の西には出砂島、鳥島、久米島の3射爆撃場があるが、場所は明らかにしなかった。発射した機種も回答していない。

 「謎の光」は、複数の目撃証言が本紙に寄せられた。専門家が天文現象の可能性を否定、航空自衛隊や米空軍も訓練していないと回答していた。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61571

1

◇関連
那覇の夜空に謎の光 目撃者複数
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61305
http://www.okinawatimes.co.jp/article_images/20140125/PICKH20140125_A0026000100600004_l.jpg
那覇上空に謎の光
http://www.youtube.com/watch?v=ix5ZWMGqmp8

【関連記事】
【沖縄】UFO騒ぎ 謎の光は米軍の照明弾?反響多数 


那覇市民「UFOだ!」 専門家「天文現象ではない」 自衛隊「訓練もなかった」 海兵隊「…照明弾です」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/26(日) 18:29:16.24 ID:???0

★謎の光は米軍の照明弾?反響多数
2014年1月25日 21:51

23日午後9時ごろ、那覇市の西の上空で目撃された複数の光が、米軍の夜間訓練で使われた照明弾や米軍機である可能性が高いことが25日、分かった。近くに米軍射爆訓練場がある渡名喜島や久米島の住民らが、米軍機とみられるヘリから投下された照明弾の光を目撃し、射爆音も聞いていた。

沖縄タイムス社がインターネット上にアップした「謎の光」の動画は1日で22万回以上再生され、ネットには大量のコメントや驚きの感想が寄せられた。

渡名喜島に住む教員の真久歩さん(27)によると、23日午後6時半から、渡名喜島の西側にある出砂島射爆撃場周辺で、ヘリ1機が、かなりの高さから照明弾2個を投下。照明の下で、別の1機が射撃訓練しているような音が聞こえた。

投下は断続的に続き、午後9時ごろに一気に8個ほど投下した後、沖縄本島方面に飛んでいった。真久さんは「人の影ができるくらいすごい明るかった。また訓練しているなと思った」と話した。
24日に出砂島に米兵が上陸しているのを目撃し、米軍の訓練だったことを確信したという。

また、久米島でも60代の男性が光を目撃。男性によると年に数回ほど同様の訓練があり、23日もヘリの音を聞いていた。「照明弾はパラシュートを付けて投下している。那覇まで100キロ離れているので、空中に浮遊しているように見えたのでは」と話した。

24日の報道後、目撃情報が多数寄せられた。一方、ネットでは「電飾たこではないか」などの書き込みが相次いだ。中には「過去にも見たことがあるが、米軍の照明弾だろう」などと、照明弾との見方を示したコメントも多かった。

c98ebc80.jpg

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61339 

【関連記事】 
 【沖縄】UFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数


【沖縄】UFO騒ぎ 謎の光は米軍の照明弾?反響多数の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/25(土) 14:09:24.17 ID:???0

★UFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数
2014年1月25日 09:50

9cbda97c.jpg

23日午後9時ごろ、那覇市上空で約10個のオレンジ色の光が漂っていたという、複数の目撃情報が本紙に寄せられた。専門家は「天文現象とは考えられない」と話している。
目撃者によると、那覇市通堂町の那覇港上空付近に複数の光が現れ、上下左右に移動を繰り返し、約15分後、全て消えたという。

石垣島天文台の宮地竹史所長は、動画で確認し「隕石(いんせき)が大気中に入り燃えながら落ちるときは地上から光が見えることがあるが、その場合は、ものすごい速さで飛ぶ。
今回のように長時間ほぼ同じ場所に光がとどまるのは、天文現象ではないと思う」と話した。

浦添市西原から目撃した新垣覚さん(45)は「とても明るい光で、びっくりした。
曲線を描きながら動いていたので、飛行機ではないと思う」。那覇市識名から目撃した竹尾慎太郎君(12)は「10個ぐらいの光が動いて、集まったり消えたりしていた」と話した。

航空自衛隊によると、謎の光についての報告や目撃情報はない。同日は午後7時20分までにすべての訓練を終え「その時間に自衛隊機は飛んでいない」という。


※リンク先に画像・動画あり
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61305
【関連記事・続報】
【沖縄】UFO騒ぎ 謎の光は米軍の照明弾?反響多数 


【沖縄】UFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/14(木) 19:28:00.75 ID:???0

★県、沖縄近海の海洋資源を調査 商業化へ可能性探る
2013年11月13日

県は沖縄近海の海洋資源について開発、利用の可能性調査に乗り出す。沖縄近海では今年、沖縄本島から北西の沖合約100キロの海底下で、銅や鉛、金などの金属が堆積した「海底熱水鉱床」が発見されるなど豊富な資源量が注目を集めている。県は海底資源開発に関連した事業の商業化なども見据え、海底資源の開発を支援する拠点形成の可能性なども調べる。

調査は公募で事業者を選定、11月末ごろに委託契約し、来年度末まで実施する計画。沖縄近海の海洋資源の現状や海洋資源開発の支援拠点形成に向けた地域の役割などのほか、今後想定される海洋資源関連産業、関連産業の地域経済への波及効果、沖縄で海洋資源利用に向けた海洋都市構築の可能性などを調査する。

調査事業は専門家や経済関係者、行政などでつくる委員会を設置し、調査方法や方向性などについて議論する。

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC、東京)は、沖縄近海で発見した海底熱水鉱床について、当初想定した資源量500万トンを上回る可能性があると発表している。

海底資源開発で県内の地場産業振興のほか、環境アセスメント、海洋土木、船舶・観測機器、試料分析関連企業などの集積も想定される。

県産業政策課は「海底資源の開発は国益となる重要な分野。県にとっても関連する産業の振興などが期待される。
産業の振興可能性を検討するなど戦略的な取り組みを進める必要がある」と調査の目的を説明した。
(謝花史哲)

ab308934.png

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215217-storytopic-4.html



県、沖縄近海の海洋資源を調査 商業化へ可能性探るの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: エタ沈φ ★ 2013/09/10(火) 16:22:51.81 ID:???

沖縄科学技術大学院大学(沖縄県恩納村)は6日、同県本部町で記者会見し、沖縄美ら海水族館(同町)
周辺海域のサンゴ礁に水温や波の高さを常時観測できる装置を設置、データの収集を始めたと発表した。
サンゴ礁の生態系に与える影響を調べるのが目的。

同大によると、サンゴ礁周辺の海洋環境をリアルタイムで観測できるシステムの導入は国内初で、世界でも数例のみ。

8月27日に水族館近くの岬から約1キロ沖合の水深約20メートルに設置した。観測機器はケーブルで陸までつないでおり、台風の際の水温変動やプランクトンの個体数のデータも集められる。

御手洗哲司准教授は、沖縄がサンゴ礁生態系の北限に位置することから「地球温暖化がサンゴ礁に与える影響を察知するのにうってつけ」と強調。サンゴ死滅につながる白化現象に関しても、酸性度やプランクトンなど多くの情報を収集でき、現象の解明につながるのではないかと話す。

産経新聞 2013.9.6 18:59
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130906/scn13090619000000-n1.htm

OIST ニュースセンター
http://www.oist.jp/ja/news-center/press-releases/11947

観測機器イメージ図
e42b02cd.jpg

http://www.oist.jp/sites/default/files/photos/Ocean%20Cube%20Observatory%20System.jpg
観測機器(設置前)
db36d95b.jpg

http://www.oist.jp/sites/default/files/photos/Actual%20Devices.jpeg
海中での観測機器設置の様子
71ecc70c.jpg

http://www.oist.jp/sites/default/files/photos/DSC00289.JPG
観測機器中心部(メインノード)
ca8757cd.jpg

http://www.oist.jp/sites/default/files/photos/Main%20Node.jpg

依頼がありました
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376913483/100



【海洋】サンゴ礁を常時観測 沖縄科学技術大学院大学の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ