理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

治安

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/02/01(木) 18:16:17.71 ID:CAP_USER
神奈川県警が人工知能(AI)を使った取り締まりの新システム導入を検討していることが28日、県関係者への取材で分かった。犯罪や事故の発生を予測するなどして、捜査や未然防止に生かす。
2020(平成32)年の東京五輪・パラリンピック開幕までの試験運用を目指し、県の30年度予算案に調査費を計上する。実現すれば、全国の警察で初の試みになるという。

 県関係者によると、連続発生した事件の容疑者が同一かどうかを分析したり、容疑者の次の行動を予測したりするほか、事件事故が起きやすい時間帯と場所を確率で示すシステムの構築を目指す。
予測された時間帯や場所をパトロールの順路に組み込むなどして、治安向上や迅速な対応につなげる考えだ。

続きはソースで

関連ソース画像
http://www.sankei.com/images/news/180129/afr1801290003-p1.jpg

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/180129/afr1801290003-n1.html
ダウンロード (1)


引用元: 【人工知能】犯罪発生 AIで予測 神奈川県警が全国初 東京五輪までの運用目指す[01/29]

【人工知能】犯罪発生 AIで予測 神奈川県警が全国初 東京五輪までの運用目指すの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/10/20(月) 22:55:17.53 ID:???.net
道路があれば、農家は収穫物を市場に運ぶことができ、子ども達を学校に通わせることができる。
32年にわたって外交官を務めたあと、2000年から世界食糧賞財団の代表を務めるケニス・M・クイン(Kenneth M. Quinn)氏が、道路と食糧の相関性について語ってくれた。

26歳で外交官になった私は、ロンドンやパリのシャンデリアに飾られたボールルームを夢見ていた。
ところが、ベトナムのメコンデルタ地方にある8つの村に地域開発アドバイザーとして配属されたのだ。

そこで人生における最も重要な教訓を学ぶことになった。道路が人々の暮らしを改善するという教訓を。

1968年のことで、ちょうど世界食糧賞(World Food Prize)の創設者ノーマン・ボーローグ(Norman Borlaug)氏が「奇跡の麦」を開発し、「緑の革命」が始まった頃だ。東南アジアでは、高収量で生育が速い「奇跡の米」と呼ばれた品種IR8が普及し始めていた。

私が指導した地域でも新しいIR8の栽培が促進されると同時に、村々をつないでいた轍だらけの道が改良されて、ようやく4つの村が結ばれるようになった。

IR8は二期作を可能にし、収穫まで6カ月かかっていた従来の品種と比べ収量が大幅に増加した。
小規模農家は初めて有り余るほどの収穫と収入を得ることができた。

農家は家を改築し、衣服を買い揃え、子供たちには栄養価の高い食料を与えた。
新しい道路のおかげで、学校で長い時間勉強することができ、子供の死亡率も下がった。

道路の改良によってもたらされた最も驚くべき変化は、治安に現れた。
村々はかつて暴徒や潜伏するゲリラ兵によって包囲されていたが、昼夜を問わず安全に移動することが可能になった。
商売や情報、様々な機会といった新たな道が若者たちの前に開かれると、反政府軍の活動や暴動に参加する必要がなくなったのだ。

一方、道路が改良されなかった4つの村ではIR8が栽培されず、貧困や栄養失調といった状況から抜け出せないまま、治安はむしろ悪化する結果となった。

以下ソース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141017005

引用元: 【環境】道路と食糧の重要な関係

道路と食糧の重要な関係の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ