理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

治療薬

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/09/18(木) 10:11:46.07 ID:???.net
2014年09月17日 21時53分
 厚生労働省は、神経障害性の痛みの治療薬「リリカ」(一般名・プレガバリン)を服用した後、劇症肝炎や肝機能障害の重い副作用を発症する症例が確認されたとして、製造販売元のファイザーに対し、二つの副作用への注意を促す記述を薬の添付文書に加えるよう指示した。


 同省などによると、過去3年間に劇症肝炎や肝機能障害の副作用が確認された患者は計11人。
このうち、劇症肝炎で死亡した1人と、肝機能障害の7人については、因果関係が否定できないという。

 リリカは、帯状疱疹ほうしん後の神経痛や線維筋痛症などの治療に用いられる。2010年6月に販売を開始し、使用患者は推計年約195万人。

2014年09月17日 21時53分 Copyright (c) The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140917-OYT1T50120.html

引用元: 【医療】神経障害性の痛み治療薬「リリカ」に重い副作用

神経障害性の痛み治療薬「リリカ」に重い副作用の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/08/30(土) 01:22:17.47 ID:???0.net
ノバルティス、重い副作用2579件報告せず 死亡例も
http://www.asahi.com/articles/ASG8Y76V6G8YULBJ00Z.html
朝日新聞  2014年8月30日01時04分


 製薬大手ノバルティスは29日、同社の薬で因果関係が否定できない重い副作用2579件を国に報告していなかったと発表した。死亡例もあるという。
重い副作用は15~30日以内に国への報告が義務づけられ、厚生労働省は薬事法違反の疑いがあるとみている。

 同社によると、2579件は白血病治療薬の「タシグナ」「グリベック」や抗がん剤など17品目による副作用。営業社員らが把握していたが、国に報告する安全管理部門に伝えていなかった。これとは別に6118件の副作用について重篤度を評価中で、件数はさらに増える可能性が高い。同社は「営業社員らが報告の重要性を認識していなかった。上司の監督も十分でなかった」と話している。

※無料部分ここまで


関連スレ:
【医療】ノバルティス、医師71人の旅費510万を負担[8/27]
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1409138321/

引用元: 【医療】ノバルティス、重い副作用2579件報告せず 死亡例も [8/30]

ノバルティス、重い副作用2579件報告せず 死亡例もの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/08/05(火) 09:46:02.51 ID:???0.net
アフリカでエボラウイルスに感染した2人のアメリカ人。
彼らに投与されたまだ開発途中のエボラ治療薬は植物のタバコを元に作られたものでした。
サルに対しては効果があると試験で示されているが、ヒトに対しては評価されていません。

サマリア人財団はZMAPPが患者に投与されたことを確認、治療はカリフォルニアのMAPPバイオメディカル社が開発していたものでした。
この治療により2人の容態は改善しているとのこと。

ZMappはデフィルス社とMAPP社の2社の薬剤の混合カクテルです。
そのうちの一つMB-003はサルに対して100%の効果を示し、感染後の症状改善を助けることが分かっています。

続きはソースで

http://www.nbcnews.com/storyline/ebola-virus-outbreak/experimental-ebola-treatment-came-california-company-n172321

引用元: 【エボラ出血熱】エボラ治療の特効薬となるか…効果が見られた薬剤カクテル療法とは[8/5]

エボラ治療に効果が見られた薬剤カクテル療法とはの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/07/22(火) 22:55:35.90 ID:???.net
HIVの「隠れ家」、感染後早期に形成か 完治の希望弱まる
2014年07月22日 09:54 発信地:パリ/フランス

【7月22日 AFP】後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)を引き起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV)に近いサル免疫不全ウイルス(SIV)を使った実験で、ウイルスは体内に侵入してから数日以内に抗エイズ薬から逃れるための「隠れ家」を設けることができることが分かったとの研究論文が、20日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

 論文を発表した米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター(Beth IsraelDeaconess Medical Centre、BIDMC)などの研究チームによると、同じことが人間にもあてはまるとすると、エイズを引き起こすHIVに感染した後は「極めて早期に」治療を開始することが不可欠かもしれないという。

 今回の論文が発表される数日前には、生後30時間から抗ウイルス薬を多量に投与し、1歳6か月まで治療を継続することでHIVが消えたとみられていたミシシッピ(Mississippi)の幼児から、2年間の投薬中断後に行われた検査で再度HIV陽性が判明したという残念な発表がなされたばかりだった。

 論文の共同執筆者の1人で、BIDMCのダン・バルーフ(Dan Barouch)氏は、AFPの取材に「ミシシッピの幼児にウイルスが再出現したという残念な臨床所見は、今回のサルを用いた実験データと一致しているように思われる」と語る。

「これらのデータは、HIV根絶の取り組みに対して重要な課題を提起している」

 HIV感染治療のカギとなる課題は、ウイルスが潜伏するための「隠れ家」となる、HIVに感染した免疫細胞の存在だ。HIVのDNAは感染した免疫細胞内で何年もの間、抗レトロウイルス治療や免疫系の影響を受けずに「休眠の状態」になることができる。

 大半の患者は、治療を中断するとすぐにHIVの増殖が始まるので、薬の服用を一生続けなければならないことになる。

 細胞内の「隠れ家」をめぐっては、感染後のどの時点で、またどの場所で設けられるのかなど、その実態はほとんど分かっていない。

 隠れ家がウイルスのDNAによって「植え付け」られるタイミングについては、急性HIV感染症を発症中の血液中HIV濃度がすでに高くなった状態で起きるとする仮説が一部で提唱されていた。

続きはソースで

ソース:AFPBB NEWS(2014年07月22日)
HIVの「隠れ家」、感染後早期に形成か 完治の希望弱まる
http://www.afpbb.com/articles/-/3021101

原論文:Nature
James B. Whitney, et al.
Rapid seeding of the viral reservoir prior to SIV viraemia in rhesus monkeys.
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature13594.html

プレスリリース:Beth Israel Deconess Medical Center(7/20/2014)
New Findings Show Strikingly Early Seeding of HIV Viral Reservoir.
http://www.bidmc.org/News/In-Research/2014/July/Barouch.aspx

引用元: 【ウイルス学】HIVの「隠れ家」、感染後早期に形成か 完治の希望弱まる

HIVは抗ウイルス薬から逃れる『隠れ家』を作っていたの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 16:06:40.30 ID:???.net

2014年06月27日 14時31分
統合失調症治療薬「ゼプリオン」の使用後に死亡する患者が相次いでいる問題で、半年間の死亡報告が32人に上り、直近1か月で11人増えたことが読売新聞の取材で分かった。


この薬は昨年11月の市販開始から5か月間に21人が死亡し、厚生労働省は4月、販売元のヤンセンファーマ社に医療関係者への注意喚起を求めたが、以後も死亡報告が積み重なった。

ゼプリオンは、成分が体内に長く残る注射薬で、4週に1度の使用で効果が続く。同社が今月、医師向けに配布した報告書によると、今年5月までの半年間の使用者は推計1万1000人。

続きはソースで

2014年06月27日 14時31分
Copyright (c)The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140627-OYT1T50079.html?from=ytop_top
~~引用ここまで~~



引用元: 【医学】統合失調症薬ゼプリオン、半年で32人の死亡例


統合失調症薬ゼプリオン、半年で32人が死亡の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 18:48:31.93 ID:???.net

■ALS改善タンパク質、ハエ実験で発見 京都府立医大・工繊大 [14/04/26]

 運動神経が変性して全身が動かなくなる難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状を改善するタンパク質を、京都府立医科大の徳田隆彦教授と東裕美子助教、京都工芸繊維大の山口政光教授らのグループがショウジョウバエの実験で見つけ、25日に発表した。ALSの治療薬の開発につながる成果という。

 国内に約8400人の患者がいるALSは、遺伝子の変異で生じる遺伝性と原因が分からない孤発性がある。根本的な治療薬は見つかっていない。

続きはソースで

http://kyoto-np.jp/education/article/20140426000014 [14/04/26] 配信


引用元: 【医学】ALS改善タンパク質、ハエ実験で発見 京都府立医大・工繊大 [14/04/26]


【マジか】ALS改善タンパク質、ハエ実験で発見 京都府立医大・工繊大 [14/04/26]の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ