理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

法律

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/18(水) 11:26:55.15 ID:CAP_USER*
今度は、弁護士のお手伝い。

人工知能といえば、ジョージア工科大のティーチング・アシスタントのジル・ワトソンという人物が実は人工知能だったという話題が記憶に新しいですが、今度は弁護士事務所で活躍することになりそうです。

ネタ元のFuturismによると、世界初の人工知能弁護士「Ross」が“就職”したとのこと。開発元のROSS Intelligenceがアメリカの大手弁護士事務所であるBaker & Hostetlerと契約したと発表しています。

IBMの人工知能「Watson」をもとに開発された「Ross」は自然言語を理解するので、人間にするのと同じように質問を投げかければ、膨大な法律の資料から根拠のある回答をくれます。それも大量にではなく、より関連度の高い回答をくれるのです。

法律関連のニュースを監視するので、大量の情報に溺れることなく新たな判例などを得られるようになり、さらに使えば使うほど学習していくんだとか。

続きはソースで

ダウンロード (2)


http://www.gizmodo.jp/2016/05/ross_ai_lawyer.html

引用元: 世界初の人工知能弁護士「Ross」が"就職" 質問をすれば膨大な法律資料から関連度の高い根拠のある回答をくれる [無断転載禁止]©2ch.net

世界初の人工知能弁護士「Ross」が"就職" 質問をすれば膨大な法律資料から関連度の高い根拠のある回答をくれるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/12(火) 23:19:31.17 ID:CAP_USER*.net
 島尻安伊子科学技術担当相は12日の閣議後記者会見で、急速に普及が進む人工知能(AI)について、
研究開発や産業利用時の倫理指針作りに向けた検討を始めると発表した。AIの専門家や法律家を交えた
有識者懇談会を近く内閣府に設置し、今年度中にも報告書をまとめる。

 島尻氏は「国際的なルール作りで後れを取らないためにも議論を始めることが重要。研究開発を規制するわけではない」と述べた。

ダウンロード (1)

【阿部周一】

毎日新聞2016年4月12日 22時07分
http://mainichi.jp/articles/20160413/k00/00m/040/111000c

引用元: 【科学】人工知能、倫理指針作りの検討開始 科学技術担当相が発表

人工知能、倫理指針作りの検討開始 科学技術担当相が発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/08(火) 16:26:55.83 ID:P0rlJ1zz*.net
 米Googleが開発中の自動運転車が“安全運転すぎる”せいで事故に遭う――そんな事例がテスト走行中に続発しているという。米New York Timesが伝えている。

 今年8月、横断歩道を渡ろうとして待っている歩行者を見つけた自動運転車は、ブレーキをかけて一時停止した。
歩行者は無事だったが、自動運転車は後ろから来た有人のセダンに追突されてしまった。
この事故で、自動運転車に乗っていたGoogle社員は軽いむち打ち症で病院に送られたという。

 横断歩道の近くに歩行者がいれば、クルマはその手前で一時停止することが交通法規で定められている(日本の法律でも同じだ)。
一方、周囲の状況によっては注意しながら通過した方が安全だとドライバーも歩行者も理解している。
しかし、Googleの無人車は交通法規を文字通り守るようプログラムされているため、このような事故が起きてしまったというのだ。

 自動運転車にまつわるトラブルは今回だけの特異なケースではない。
2009年のテスト走行では、交差点を通過する際に他のクルマが完全に停止してくれなかったために、自動運転車はいつまでも待ち続けるはめになってしまったという。

 米カリフォルニア大学サンディエゴ校デザイン研究所のディレクターであるドナルド・ノーマン氏は、NYTの記事で「問題は、自動運転車があまりにも安全すぎることなのです」と指摘している。
「自動運転車は“適当さ”を知らなければいけません。そしてその適当さは、人々の文化によって変わるのです」(ノーマン氏)

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

images (1)


引用元:ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/08/news100.html

引用元: 【科学】 Googleの自動運転カー、安全運転すぎて事故にあう? [ITmedia]

Googleの自動運転カー、安全運転すぎて事故にあう?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/12(水) 16:05:15.12 ID:???*.net
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150812-00079947-toyo-bus_all&p=2

中国が日本人の「遺伝子情報」を蓄積している?
東洋経済オンライン 8月12日(水)6時0分配信

 ドイツでは2009年に「ヒト遺伝学的診断に関する法律」が制定され、特定の職種で発祥しうる重篤疾患などの遺伝子検査を例外として遺伝差別を禁止するとともに、検査の実施や情報提供については医師の資格や施設の認証が求められるなど、厳格な要件が必要とされる。イギリスでは2010年にDTC遺伝子検査を販売する際に順守すべき原則を採用し、消費者へのカウンセリング方法や検査結果の解釈、およびデータの保護などを規定している。

 国際機関においても、欧州評議会は2008年に「健康目的の遺伝学的検査に関する人権と生物医学会議追加議定書」を制定するし、経済開発協力機構は2007年に「分子遺伝学的検査における質保証のためのガイドライン」を取り決めている。
後者には日本も加盟するが、同ガイドラインには加盟国に対する強制力はない。

 小倉氏らが出した提言書では、遺伝子情報の流出が安全保障の問題にも繋がりかねない危惧も課題としている。

■ 中国に日本人の遺伝子情報を集積? 

 中国は1998年に「人類遺伝資源管理暫行弁法」を制定。2008年には「人類遺伝資源管理条例」として再び制定した。これによると、許可なく遺伝子資源材料を収集・保存することは禁止され、中国国外に持ち出すこともできない。
「その一方で、検査代の安価な中国に日本人の検体が流入しているとの話も聞く。
中国は自国民の遺伝子を守る一方で、日本人の遺伝子がどう集積され、どう使われるかわからないというのは極めて危険だと思う」。

以下はソース元で。

001
 

引用元: 【科学】中国が日本人の「遺伝子情報」を蓄積している?

中国が日本人の「遺伝子情報」を蓄積している?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/18(水) 18:55:55.67 ID:???*.net
「マルチコプター」「ドローン」などと呼ばれる、複数の回転翼を持つ小型の無人航空機が注目されている。
室内で簡単に飛ばして遊ぶような小さなものから、撮影用機材を搭載し空中から地上の様子を撮影するような大きなプロフェッショナル用のものまでさまざま。「マルチコプター」とは、どのようなものなのか? 飛ばす
うえでのルールはあるのか?

1


趣味用からプロユースまで

大きな家電量販店のラジコン売り場に行くと、多くのマルチコプターが販売されているのを見かける。
とある家電量販店の店員に、一般の模型ヘリコプターとマルチコプターの違いについて聞くと、「普通のヘリコプターとの違いは、回転翼が複数あることです。これにより安定性を確保することができます。
ただ、マルチコプターは、普通のヘリコプターとは違って、子どもには進行の向きがわかりにくいという問題があります」と話す。
小さなものは室内用で、大きなものは室外用だという。カメラつきのマルチコプターについて聞くと、「空中で撮影してその動画を楽しむことができます。映像はSDメモリーカードに記録されます」と説明する。
家電量販店にはプロ用のマルチコプターはなく、どちらかといえば趣味で楽しむために使われるものがほとんどだ。
趣味用途だけではなく、防災や災害救助のための活用も検討されつつある。和歌山県田辺市消防本部では、災害現場の情報収集のためにマルチコプターを導入した。災害時の上空からの情報収集や、山間部での行方不明者の捜索などに役立てたいとする。高知県四万十町では、マルチコプターの災害時の活用法についての討論会が14年11月に開かれている。

飛行させるうえでのルールは?

趣味用からプロユースまで、マルチコプターの活用の幅は広く、日本政府は、マルチコプターについて法整備を進めることを打ち出しているが、法整備は遅れている。
現行の航空法では、マルチコプター、というよりも無人飛行機の存在が想定されていない。国土交通省は「まだどんな方針にするか固まったものはない。現在は無人機について情報収集と検討を行っている段階だ。
現在、検討チームをつくって進めている」と話す。

航空法第2条では、人が乗るものを「航空機」として定義づけているが、無人の機体は想定していない。
同法99条の2では「何人も、航空交通管制圏、航空交通情報圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのあるロケットの打上げその他の行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしてはならない」としている。

模型飛行機の運用も、これにそっており、航空法施行規則の209条3と4には、具体的に書いてある。
この箇所では、航空交通管制圏・情報圏の地表または水面から150メートル以上の場所、航空路外で地表または水面から250メートル以上の場所で飛ばすと、航空機の飛行に影響があるとしている。現在のマルチコプターに関する法律は、このくらいだ。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。


ソース/THE PAGE
http://thepage.jp/detail/20150317-00000010-wordleaf?pattern=1&utm_expid=90592221-29.uzRA2AXrScmfXlXFfeP6qg.1&utm_referrer=http%3A%2F%2Fthepage.jp%2F

引用元: 【社会】いま話題のマルチコプターとは何か? 法整備は間に合っているのか?

いま話題のマルチコプターとは何か? 法整備は間に合っているのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/24(土) 22:41:48.22 ID:???0.net
2015/01/23-21:10

 医療費が助成される難病法の「指定難病」について、厚生労働省の検討委員会は23日、2次実施分となる約190疾患の選定を始めた。
3月中に決定し、一般からの意見募集などを経て、夏から助成を開始する方針。

 検討対象となるのは、これまでに研究が進んでいる約600疾患。国内に患者がいない疾患は対象外とされ、情報が少ない疾患も見送られた。
次回会合で厚労省からリストが示され、具体的な検討が始まる。(2015/01/23-21:10)

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015012301016

引用元: 【医療】 指定難病、約190疾患に絞り込むための2次選定開始=600疾患から検討-厚労省 [時事通信]

指定難病、約190疾患に絞り込むための2次選定開始=600疾患から検討-厚労省の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ