1: 白夜φ ★ 2013/08/10(土) 21:32:54.36 ID:???

石垣・宮古、周期的に津波 サンゴ石の分析で判明


沖縄県の石垣・宮古両島周辺の島々では、建物や人に被害をもたらす規模の津波が、過去に150~400年の周期で起きていたことを初めて突き止めたと東京大と東北大のチームが9日発表した。

島の海岸には、津波で打ち上げられたとみられ、「津波石」と呼ばれるサンゴ石が散乱しており、周期は津波石の炭素年代分析で判明した。

石垣・宮古島周辺では1771年に波の高さが最大で約30メートル、死者が1万2千人を超えた「明和津波」があったことが知られるが、それ以前の記録はほとんどなく、発生周期は不明だった。

東大の荒岡大輔さんは「将来の津波災害の予測に役立つ」としている。

2013/08/09 18:41 【共同通信】

9

▽記事引用元 47NEWS 2013/08/09 18:41配信記事
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080901001859.html

▽関連リンク
東京大学大気海洋研究所
南琉球列島の津波再来周期を初めて推定
2013年8月9日
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2013/20130809.html



【海洋】沖縄県の石垣・宮古両島周辺の島々 周期的に津波 サンゴ石の分析で判明/東京大・東北大の続きを読む