理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

流行

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/21(水) 21:07:54.51 ID:CAP_USER9
ノロウイルス 遺伝子変異で感染リスク増大か
12月21日 11時51分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161221/k10010814771000.html

大きな流行になっているノロウイルスは、遺伝子に複数の変化がおきて、ヒトへの感染の危険性が高まっているおそれのあることが国立感染症研究所などの調査でわかりました。過去に感染し免疫を獲得した人でもかかりやすくなっている可能性があり、専門家は、子ども中心の流行が、今後、大人にも拡大し、食中毒の多発などにもつながるおそれがあると注意を呼びかけています。
ノロウイルスは、激しいおう吐や下痢などの胃腸炎を引き起こすウイルスです。感染力が強く、乳幼児や高齢者の場合、脱水症状などを起こして入院治療が必要になることもあります。

国立感染症研究所や北里大学などの研究グループが、今シーズン、全体の7割以上を占める「GII.2」というタイプのウイルスを詳しく調べたところ、遺伝子に変化がおきていることがわかりました。変化は、ヒトへの感染力に関わる部分でおきていて、グループによりますと、過去に感染し、免疫を獲得した人でも感染しやすくなっている可能性があるということです。同様の変化は、10年前の平成18年にも確認され、感染者が3か月間で推計300万人以上にのぼる大流行がおきています。

国立感染症研究所の木村博一室長は「現状の子ども中心の感染が大人にも拡大し、調理などを通じて食中毒が多発することも考えられる。特別な治療薬はないので、まずは感染拡大を防ぐため、子どものおう吐物や便を適切に処理したり、手洗いを徹底したりするなどの対策を取ってほしい」と話しています。

続きはソースで

ダウンロード (1)

引用元: 【ノロウイルス】ノロウイルス 遺伝子変異で感染リスク増大か©2ch.net

ノロウイルス 遺伝子変異で感染リスク増大かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/16(金) 12:38:27.46 ID:CAP_USER9
寒くなってくるとインフルエンザとともに流行しだすのが、溶血性レンサ球菌の感染症だ。
溶血性レンサ球菌は、通称「溶レン菌」と呼ばれ、抵抗力の弱い子供が比較的感染しやすい。
それで、毎年のように「幼稚園で流行している」という話が聞かれる。

溶レン菌は球菌と呼ばれる細菌の一種で、特に珍しいものではない。

健康な人ならば、感染しても症状が出ないこともある。
出たとしても、急性咽頭炎になって喉が痛み発熱する程度で、適切な抗菌剤を服用すれば、数日で治ることがほとんどだ。

しかし、ここ数年、事情が変わってきている。
軽い溶レン菌の症状が急激に悪化し、最悪の場合、死に至るケースが続出しているのだ。

急に高熱が出て体の痛みなどを感じるようになってから、わずかな時間で体中の細胞破壊が起こり、壊死を起こし始める。
さらに重篤化すると多臓器不全を引き起こして死亡してしまう。

なんと日本での致死率は約30%という恐ろしい病だ。

命を取り留めたとしても、一度壊死してしまった体の一部は手術で切除、切断するしかない。
まるでバクテリアに食べられたように恐ろしいスピードで体が壊死することから、「人食いバクテリア」とも呼ばれている。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12422662/
2016年12月16日 6時0分 Smart FLASH
no title


引用元: 【健康】体がどんどん壊死!原因不明の「人食いバクテリア」が激増中 [無断転載禁止]©2ch.net

体がどんどん壊死!原因不明の「人食いバクテリア」が激増中の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/13(火) 16:39:18.28 ID:CAP_USER9
国立感染症研究所は13日、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者報告数が直近の1週間(11月28日~12月4日)で、1医療機関あたり17・37人に上ったと発表した。
最近の同期比では2006、12年に次ぐ水準で、猛威をふるっている。
近年流行していなかった型のウイルスが原因の一つとみられ、免疫のない幼児が集まる保育所などを中心に集団感染も発生している。
専門家は予防のため、食事や調理前などに積極的に手洗いをするように呼びかけている。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12409488/
2016年12月13日 11時51分 朝日新聞デジタル

https://amd.c.yimg.jp/im_sigg6Sn4JOGfG_.z18R14fja9g---x268-y400-q90/amd/20161213-00000043-asahi-000-5-view.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【健康】ノロウイルス猛威、近年ない型原因か 10都県で警報 [無断転載禁止]©2ch.net

【健康】ノロウイルス猛威、近年ない型原因か 10都県で警報の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/09(金) 17:02:13.49 ID:CAP_USER9
日本テレビ系(NNN) 12/9(金) 16:57配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161209-00000055-nnn-soci
 インフルエンザの患者数が、今月4日までの1週間で前の週より約4万人増加し、流行はさらに広がっている。

 厚生労働省によると、今月4日までの1週間に全国から報告された患者数は1医療機関あたり平均で2.49人と、
流行開始の目安とされる「1」を超え、前の週の1.79人からさらに増えている。
特に栃木、千葉など関東での流行の広がりが目立っている。

 この1週間で患者は約4万人増え、全国で14万人が感染していると推定される。
ただ例年よりも早く流行時期に入った今シーズンだが、今月に入って、患者数の増加は緩やかになっているという。

 今シーズンは、高齢者が重症化しやすいA香港型が主流とみられ、肺炎を引き起こす恐れがあるため注意が必要。
images (1)


引用元: 【社会】インフルエンザ患者約4万人増 流行広がる©2ch.net

インフルエンザ患者約4万人増 流行広がるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/11/14(月) 18:17:31.85 ID:CAP_USER9
インフル流行「今年は出足が早い」感染リスクは誕生年で差?

電子顕微鏡で見たインフルエンザウイルス(提供:CDC米疾病予防管理センター)
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/7/8/17823/flu.jpg
早くもインフルエンザ流行シーズンが始まった。
下段の2015年秋から2016年春先のウイルス検出数を示したグラフと比べると、
今年は9月から患者数が増えている(提供:国立感染症研究所)
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/7/8/17823/flu002.png
今年検出されたウイルスを見ると、いわゆるA香港型(AH3)が多い(提供:国立感染症研究所)
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/7/8/17823/sinin4.jpg
ハザードラボ 2016年11月14日 17時19分
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/7/17823.html

 今年は9月早々に茨城県の幼稚園で26人の集団感染が報告されるなど、インフルエンザ流行の兆しが早くも見られている。こうしたなか、アジアや中東を対象にした最新の研究で、ウイルスのかかりやすさは、生まれた年によって違いがあることがわかった。

 国立感染症研究所によると、11月6日までの1週間で全国5000カ所の定点医療機関を受診した患者の報告数は2900人を超え、1医療機関あたりでは0.59人となった。都道府県別に見ると、沖縄県が最多の11人近く、次いで福井県(2.44人)、栃木県(1.66人)など、34都道府県で前週より増えている。

 定点医療機関からの報告をもとに、全国の医療機関を最近1週間で受診した患者数を推計すると約3万人に上り、過去5年に比べると早くも流行シーズンに突入したようだ。

続きはソースで

images (2)

引用元: 【医療】インフル流行「今年は出足が早い」 インフル株種類別感染リスクは過去の感染歴で左右されるので出生の誕生年で差?©2ch.net

インフル流行「今年は出足が早い」 インフル株種類別感染リスクは過去の感染歴で左右されるので出生の誕生年で差?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/11/08(火) 18:50:33.06 ID:CAP_USER
2016/11/ 8 15:30
2016~2017年のインフルエンザの流行が昨年より早まり、約4倍の勢いで広がっていることが、同年11月7日に国立感染症研究所がウェブサイトで発表した全国の学校施設の患者発生報告でわかった。

10月24日~30日の第43週の、全国にある保育所・幼稚園・小中高校の休校・学級閉鎖など状況をまとめた。昨年同期と比べて、約3.5倍のペースで流行が広がっている。

(写真)
例年より早く猛威をふるうインフル

●患者数は沖縄県が突出して多い

国立感染症研究所の発表資料によると、休校や学級閉鎖などがあった施設は計58で、昨年同期の15の3.8倍。患者数も720人で、昨年同期の211人の3.5倍にのぼった。
地域別に患者数をみると、沖縄県の120人が突出して多い。次いで栃木県(79人)、茨城県(75人)、岩手県(60人)、埼玉県(56人)、東京都(41人)と、
関東地方と東北の一部に広がっている。また、富山県(36人)、静岡県(36人)、岐阜県(29人)、愛知県(22人)と北陸と中部地方にも多いことが特徴だ。

続きはソースで

http://www.j-cast.com/healthcare/2016/11/08282888.html?p=all
images


引用元: 【社会】 早くも学級閉鎖相次ぐ今年のインフル 恐怖の「A香港型」が大流行の勢い[11/08] [無断転載禁止]©2ch.net

早くも学級閉鎖相次ぐ今年のインフル 恐怖の「A香港型」が大流行の勢いの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ