理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

海苔

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/07/18(火) 14:56:44.74 ID:CAP_USER
2017/07/18 14:47(マイアミ/米国)
【7月18日 AFP】米国で外来種と見なされている日本渡来の海藻「オゴノリ」が、地球温暖化などの影響で荒れ果てた脆弱な沿岸海域の回復に重要な役割を果たしていることが分かった。
米国の研究者らが17日、米科学アカデミー紀要(PNAS)に調査結果を発表した。「外来種は悪」と決めつける見方に一石を投じる内容となっている。

 論文によると、北大西洋(North Atlantic)沿海の多くの干潟や河口では、温暖化や汚染、病気や過剰採取が原因で固有の藻類やカキ礁が「著しく減少」している。調査を行った米ノースカロライナ(North Carolina)州では、歴史上みられてきた水準に比べ藻類が約97%、カキ礁が90%、塩沼が12%失われているという。

 こうした干潟などには、日本から輸入されたマガキと一緒に入ってきたとみられる外来種のオゴノリが繁殖している。そこで、研究チームはこのオゴノリが生態系にどのような影響を及ぼしているかを調べることにした。

 オゴノリがさまざまな分布密度で生育している48か所の広いエリアを対象に、土砂の安定化や流出防止、高潮や洪水の抑止、生物多様性、食物生産、経済的に重要な海産物の生育場など、環境に対して果たしている機能に変化がないかを10か月にわたって調査。

続きはソースで

(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3136032?act=all
ダウンロード


引用元: 【生態系】 外来種は悪でない? 日本のオゴノリ、北米で生態系回復に一役[07/18] [無断転載禁止]©2ch.net

【生態系】 外来種は悪でない? 日本のオゴノリ、北米で生態系回復に一役の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/03/25(土) 06:53:45.52 ID:CAP_USER9
アオサノリの養殖技術開発に成功

http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8024749761.html

のりの佃煮などの原料となるアオサノリの安定的な生産につなげようと、徳島市の大学などの研究グループが、アオサノリを水槽の中で短期間に養殖する技術の開発に初めて成功しました。

アオサノリは、現在は海水と淡水が混じり合う河口などでしか養殖できませんが、天候や水質などの影響を受けやすく、生産量が安定しないことが課題になっています。
こうしたなか、徳島文理大学などの研究グループは、水槽でアオサノリを養殖する新たな技術の開発に取り組みました。

アオサノリの生育には、海水にいるバクテリアが作りだし、海藻の成長を促す「サルーシン」という物質が必要で、研究グループはまず「サルーシン」を人工的に作り出したあと、アオサノリの種が入った海水に一定量加える実験を行いました。

その結果、水槽でもアオサノリを育てられたうえ、生育のスピードも速まり、通常、収穫に適した大きさまで育つのにおよそ4か月かかるところが、2か月に短縮できたということです。

アオサノリを水槽の中で養殖する技術の開発に成功したのは初めてだということで、研究グループは、安定的な生産につながるとして、実用化に向けて各地の養殖業者などと協力していきたいとしています。

実験を中心的に進めた徳島文理大学薬学部の山本博文准教授は
「1年を通じて養殖できる可能性があり、この研究を社会に還元できるように取り組みたい」
と話しています。

03/24 05:32
images


引用元: 【海苔】アオサノリの養殖技術開発に成功 収穫までの期間も4ヶ月から2ヶ月に(水槽での結果)©2ch.net

【海苔】アオサノリの養殖技術開発に成功 収穫までの期間も4ヶ月から2ヶ月に(水槽での結果)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/21(土) 00:49:48.32 ID:???*.net
日本人だけが「のり」を消化できるってホント?

腸内細菌は食べ物を消化しビタミンを作るだけでなく、免疫力もアップする働きがあると言われています。
中でも、のりなどの海藻類を消化する酵素をもつ腸内細菌が日本人にのみ発見されたと、遺伝子の研究から明らかになりました。

ダウンロード



・のりを分解する酵素を発見


 フランスの研究グループは2010年、のり(海苔)の成分であるポルフィランを分解する新しい酵素を海に住む細菌から発見しました。
この酵素は寒天を分解する酵素と似ていましたが、寒天は分解できず、のりのポルフィランだけを分解するためだけに発達した特別な酵素であることが分かりました。

 彼らがその酵素を作り出す遺伝子をもつ生物が他にもいないか探してみたところ、海に住む細菌だけでなく
人のお腹から採取した腸内細菌の遺伝情報の中に、その遺伝子が存在していることが分かったのです。

 しかも、その特別な腸内細菌は日本人にのみ見つかったとのこと。彼らは比較のために北米人の腸内細菌を調べてみましたが、発見できなかったそうです。


・腸内細菌の働き


 人間は栄養分を吸収するために、食べた物を酵素により分解・消化する必要があります。
「腸内細菌」とは、私たち人間の腸の中に住んでいる細菌のことです。
「細菌なんて汚い!」と言っているあなた、腸内細菌は私たちが健康に生きていくためにとても大切なものです。

 腸内細菌は人間が上手に消化できない食べ物を消化し、作ることができないビタミンを作るだけでなく
病原菌と戦うための免疫を発達させ、病気に強い体に貢献していると言われています。

 そんな腸内細菌が私たち日本人にのりを消化する力を与えてくれたことが、遺伝子の研究から明らかになったということです。

続きはソースで

ソース
bizmakoto.jp
http://bizmakoto.jp/style/articles/1503/20/news026.html

引用元: 【話題】日本人だけが「のり」を消化できるってホント?

日本人だけが「のり」を消化できるってホント?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/05(日) 00:15:25.14 ID:???.net
赤潮の「種」破壊成功 衝撃波使い新技術
2014年09月30日 11時01分

佐賀県有明水産振興センターは、赤潮の原因となる植物プランクトン「アステリオネラ」の“種”が集まっている海底の泥に衝撃波を与え、破壊する方法を発見した。
まだ、小型装置を使った実験レベルでの成功だが、「人為的に赤潮に太刀打ちできる可能性を開いた画期的な発見」としている。
県は水産庁に成果を報告し、国による大規模な実証実験を要請した。

アステリオネラによる赤潮は有明海の西南部を中心に7季連続で発生し、県産ノリの深刻な色落ち被害を引き起こしている。

センターは、アステリオネラが海に漂う前の「休眠胞子」と呼ばれる種の状態での破壊を試みた。
液体の圧力を下げると気泡が生じる「キャビテーション」現象に注目。種が含まれる泥を海水と一緒にポンプでくみ上げ、キャビテーション発生装置により気泡が破裂する際の衝撃波で種を破壊する方法を発案した。
(引用ここまで 全文は記事引用元でご覧ください)
____________

▽記事引用元
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/109675
佐賀新聞(http://www.saga-s.co.jp/)2014年09月30日 11時01分配信記事

■赤潮発生を軽減する実験装置のイメージ図
http://www.saga-s.co.jp/images/article/2014/09/30/SAG2014093099000097_id1_20140930104546.jpg

引用元: 【環境】赤潮の原因となる植物プランクトンの「種」破壊成功 衝撃波使い新技術/佐賀県有明水産振興センター

赤潮の原因となる植物プランクトンの種を衝撃波で破壊の続きを読む

このページのトップヘ