理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

温度

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/18(水) 12:17:32.75 ID:???.net
カナブンを「ラジコン化」、飛翔を自在に制御可能  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84488370X10C15A3000000/

画像
http://www.nikkei.com/content/pic/20150318/96958A9F889DEAE6E6EAEAE1E5E2E3E5E2E1E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXZZO8448855017032015000000-PB1-4.jpg
無線制御システムを“実装”したカナブン。体長6cm、重さは約8g (写真:Tat Thang Vo Doan and Hirotaka Sato, NTU Singapore、以下同)
http://www.nikkei.com/content/pic/20150318/96958A9F889DEAE6E6EAEAE1E5E2E3E5E2E1E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXZZO8448856017032015000000-PB1-4.jpg
無線制御によって飛翔させた様子


 米University of California、Berkeley校(UCB)とシンガポールNanyang Technological University(NTU)は、昆虫のカナブンの無線制御で飛翔(ひしょう)させる研究で、旋回も含めた細かな飛翔の制御が可能になったと学術誌に論文を発表した。

 発表したのは、UCB Department of Electrical Engineering and Computer Sciences、Associate
professorのMichel Maharbiz氏の研究室(Maharbiz研)と、元Maharbiz研で、現在は、NTU School
of Mechanical and Aerospace EngineeringのAssistant professorの佐藤裕崇氏である。

 Maharbiz研は以前は米University of Michiganにあった。その当時からカナブンに無線通信ICなどを背負わせて、その飛翔用筋肉を制御することで、カナブンの飛翔の仕組みの解明や自由に飛翔する温度センサーなどの実現、あるいは災害における行方不明者の探索に役立てることを目指した研究を続けている。

 今回の発表のポイントは、羽根の折り畳みにだけ使われているとこれまで考えられていたカナブンの羽根のある筋肉が、実は飛翔中の旋回動作でも重要な役割を果たしていたことが判明した点にある。
無線制御できるようにしたカナブンを、自由に飛翔させた際の筋肉と神経の活動を解析して確認した。

 そして、この筋肉に電気刺激を与えることで、カナブンの飛翔の制御が非常に容易になった。

続きはソースで

1 (2)


(日経テクノロジーオンライン 野澤哲生)

引用元: 【技術/神経科学】カナブンを「ラジコン化」、飛翔を自在に制御可能

カナブンを「ラジコン化」、飛翔を自在に制御可能の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/01(日) 00:40:36.52 ID:???.net
「温めると縮む」新材料を発見
―既存材料の2倍の収縮、少量でエポキシ樹脂の熱膨張を相◯―
引用元:東京工業大学 2015.02.26公開
http://www.titech.ac.jp/news/2015/029988.html

0 (2)


概要

東京工業大学応用セラミックス研究所の東正樹教授らは、中央大学、高輝度光科学研究センター、京都大学との共同研究により、室温付近で既存材料の2倍以上の大きさの「負の熱膨張」[用語1]を示す酸化物材料「BiNi1-xFexO3(ビスマス・ニッケル・鉄酸化物)」を発見した。
添加元素の量を変化させることで負の熱膨張が現れる温度域を制御できるほか、これまでの材料の問題点だった温度履歴[用語2]を抑制することもできる。

負の熱膨張材料は光通信や半導体製造装置など、精密な位置決めが求められる局面で、構造材の熱膨張を打ち消(キャンセル)したゼロ熱膨張物質[用語3]を作製するのに使われる。
今回の新材料をエポキシ樹脂中に少量分散させることにより、熱膨張をゼロにできることも確認した。

共同研究グループは東工大の東教授のほか奈部谷光一郎、村松裕也、中野紀穂の各大学院生、北條元助教と中央大の岡研吾助教、高輝度光センターの水牧仁一朗副主幹研究員、肥後祐司研究員、原子力機構の安居院あかね研究主幹、京大の林直顕研究員、高野幹夫名誉教授(現一般財団法人 生産開発科学研究所 機能性酸化物研究室室長)。
研究成果は、2月12日発行の米国科学誌「アプライド・フィジックス・レター(Applied Physics Letter)」オンライン版に掲載された。
(引用ここまで 全文は引用元参照)
--------
▼関連リンク
Applied Physics Letter
Suppression of temperature hysteresis in negative thermal expansion compound BiNi1 ? x Fe x O3 and zero-thermal expansion composite
http://scitation.aip.org/content/aip/journal/apl/106/6/10.1063/1.4908258

▼関連スレッド(過去ログ)
温めると縮む新材料を発見 既存材料の3倍収縮/京大・東工大
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1308122079/

引用元: 【材料】「温めると縮む」新材料を発見 既存材料の2倍の収縮、少量でエポキシ樹脂の熱膨張を相殺/東京工業大など

「温めると縮む」新材料を発見 既存材料の2倍の収縮、少量でエポキシ樹脂の熱膨張を相殺/東京工業大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/18(水) 03:24:30.45 ID:???.net
掲載日:2015年2月17日
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/17/083/

no title


 現在、生命が居住可能な惑星(ハビタブル惑星)は、太陽の半分以下の質量のM型矮星と呼ばれる恒星の周辺を中心に探索した方が検出しやすいと考えられている。しかし、東京工業大学(東工大)と中国清華大学の研究者が分析したところ、ハビタブル惑星はM型矮星のような低質量星ではなく太陽と同程度のG型矮星の周りに多く存在しそうだということがわかった。

 惑星に生命が居住可能となるには、その惑星が、液体の水が表面に存在するのに温度が高すぎず低すぎずの軌道範囲(ハビタブルゾーン)に入っていることが重要となる。

 また、海と陸の比率が地球に近いことも必要と考えられている。地球の場合は重量で0.01%の水を保有しているが、1%を超えるような惑星では気候が安定せず海への栄養素の供給も制限されてしまう。逆に水が欠乏した「砂漠惑星」では生命が生存できない。

続きはソースで

<画像>
左列はそれぞれ、中心星質量が太陽の0.3倍(上)、0.5倍(中)、1.0倍(下)の場合の結果。右列は中心星の明るさの変化と水の蒸発の効果を入れた結果。ハビタブルゾーンが青緑の影で示されている。
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/17/083/images/001l.jpg

<参照>
惑星形成環境の磁場強度に対する理論的制約の解明 | 東工大ニュース | 東京工業大学
http://www.titech.ac.jp/news/2015/029820.html

Radial Transport of Large-scale Magnetic Fields in Accretion Disks. I. Steady Solutions and an Upper Limit on the
Vertical Field Strength - Abstract - The Astrophysical Journal - IOPscience
http://iopscience.iop.org/0004-637X/785/2/127/

引用元: 【宇宙生物学】生命が住める惑星は太陽に似た恒星の周辺で探すべし - 東工大

生命が住める惑星は太陽に似た恒星の周辺で探すべし - 東工大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/30(金) 06:28:44.31 ID:???*.net
温暖化で極端なエルニーニョ/ラニーニャ倍増
国際研究チームが21種類のモデルで推測
2015.01.29

カリフォルニア州のメンドシーノ湖。乾いた湖底にブイが横たわる(Photograph by Rich Pedroncelli, AP)
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150128/433453/ph_thumb.jpg

 21世紀、太平洋を取り巻くアジアやオーストラリア、アメリカ大陸西部の人々は、より激しい気象の変動を覚悟しなければならなさそうだ。

 温室効果ガスが今のまま増え続ければ、極端なエルニーニョ/ラニーニャ現象はおよそ10年に一度のペース、つまり現在の2倍の頻度で起きると、オーストラリアの気象学者ウェンジュ・カイ氏ら国際研究チームが報告した。

 報告は、二つの論文に掲載されている。
 1月26日付『Nature Climate Change』誌の論文はラニーニャ現象について。増加する温室効果ガスが海と陸の温度や風のパターンをどのように変化させるかをシミュレーションしたところ、今世紀中、特に強烈なラニーニャ現象がおよそ13年に1回の頻度で起きるという結果が出た。

 またこれに先立って発表されたエルニーニョについての論文では、猛烈なエルニーニョ現象が10年に1回訪れ、その直後にラニーニャ現象が頻発するだろうと予測した。「結果は非常に説得力があり、その影響が劇的であることを考えると、ある意味恐ろしい」とカイ氏は語る。

 もっとも最近に起きた1990年代後半の強烈なラニーニャでは、米国南西部が深刻な干ばつに見舞われ、バングラデシュの国土の半分が水浸しになり、中国では数千人が洪水の犠牲となり、2億人以上が住む場所を失った。その前に発生したエルニーニョは、世界中で330億ドル(およそ3兆3000億円)の被害と2万3千人あまりの犠牲者を出している。

続きはソースで

文=Warren Cornwall/訳=益永依子
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150128/433453/

引用元: 【環境】地球温暖化の進行で気象は二つの極端な現象の間で大きく揺れ動く傾向に エルニーニョ/ラニーニャ倍増

地球温暖化の進行で気象は二つの極端な現象の間で大きく揺れ動く傾向に エルニーニョ/ラニーニャ倍増の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/27(火) 12:54:02.99 ID:???*.net
東南極、最大の氷河の溶解進む
【AFPBB News】 2015/01/26 20:50

【1月26日AFP】東南極で最大の氷河の溶解が、海水温度の上昇によって進んでいると、オーストラリアの研究チームが26日、発表した。この氷河は全長120キロ、幅30キロにわたって広がるトッテン氷河(Totten Glacier)で、すべて溶けた場合、世界の海面が6メートル上昇する規模だという。

トッテン氷河は最近まで、寒流に囲まれているために安定していると考えられていた。しかし、南半球の夏に行われた遠征の際、トッテン氷河の周囲の海水温度は、他の地域よりも約1.5度高いことが確認された。遠征を率いた主任研究者のスティーブ・リントゥール(Steve Rintoul)氏は「衛星のデータから氷河が薄くなっていることは分かっていたが、原因は不明だった。

続きはソースで

(c)AFP

ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3037786
画像: http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/d/500x400/img_9d39b8fe4f8db2d1566b992b36474d0a232560.jpg
 (東南極で最大の氷河、トッテン氷河(2015年1月26日提供)。(c)AFP/Esmee van Wijk/CSIRO)

引用元: 【環境】東南極、最大のトッテン氷河の溶解進む...全て溶けると海面6m上昇 - 豪研究チーム [15/01/26]

東南極、最大のトッテン氷河の溶解進む...全て溶けると海面6m上昇 - 豪研究チームの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/11(日) 19:42:55.22 ID:???.net
2015年1月9日ニュース「プラズマ流のせき止めをLHDで発見」 | SciencePortal
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/01/20150109_02.html


高温のプラズマの流れをせき止める新しい仕組みを、核融合科学研究所(岐阜県土岐市)の居田克巳(いだ かつみ)教授らが世界最大の大型ヘリカル装置(LHD)の実験で初めて発見した。将来の核融合のプラズマを制御する際の重要な新知見といえる。九州大学応用力学研究所の稲垣滋(いながき しげる)教授との共同研究で、1月8日付の英オンライン科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。

核融合発電を目指して、プラズマを閉じ込める研究が世界中で行われている。LHD(高さ9.1m、直径13.5m)もそのひとつだ。1998年に完成して毎年実験を積み重ねて、短時間低密度だが、プラズマを9400万度まで加熱し、核融合の実現に必要とされる温度の1億2000万度に迫っている。プラズマの中心温度が上がるにつれ、プラズマに乱れが生じる。乱れが発達すると、プラズマに流れが発生し、乱れと流れが共存する。乱れはプラズマをかき混ぜて中心温度を下げ、流れは乱れの渦をすりつぶして中心温度を上げる。核融合炉ではプラズマの流れを維持することが鍵を握る。また、天体ではプラズマ流の強弱がその命運に関わってくる。

研究グループは、プラズマの流れを精度よく計測する分光手法を開発して、2012・2013年のLHDの運転中に実験した。LHDは、らせん状にねじれる内部空間を真空にして水素ガスを注入し、外部から強力な電磁波と高速の水素原子の加熱ビームで高温の水素プラズマを作りだす。2本の加熱ビームの向きを入れ替えて磁場のねじれを弱くすると、プラズマを取り囲むらせん状の磁気面が壊れる。こうした磁気面のストキャスティック化のときのプラズマの流れへの影響を詳しく測定した。

続きはソースで

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/img/150109_img2_w500.jpg
図. 磁気面の破壊によるプラズマ流のせき止めの概念図。入れ子状の磁気面が形成されている時にはプラズマ中心部付近に大きな流れが形
成され、端に向かって流れの大きな勾配をもっている(左図)。しかし、 磁気面が壊れてストキャスティック化を起こした後では、プラズマ中心部
の大きな流れは止まってしまい、流れの勾配もなくなってしまう(右図)。
(提供:核融合科学研究所)

引用元: 【電磁気学/核技術】プラズマ流のせき止めをLHDで発見 核融合のプラズマ制御のための新知見

プラズマ流のせき止めをLHDで発見 核融合のプラズマ制御のための新知見の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ