理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

準惑星

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/11/08(水) 14:02:37.21 ID:CAP_USER
準惑星ケレスでは水和鉱物が広範囲に広がっており、過去に全球規模の海が存在していた可能性が示された。
また、地殻の下に柔らかく変形しやすい層の存在が示唆され、残った液体の痕跡ではないかと考えられている。

【2017年11月2日 NASA JPL】

準惑星「ケレス」には、過去に全球的な海が存在していた可能性が示唆されている。
その海がどうなったのか、まだケレスには液体が残っているのか、2つのチームが探査機「ドーン」の観測データを利用した研究を行って、これらの疑問に関する成果を発表した。

NASAジェット推進研究所のAnton Ermakovさんたちの研究は探査機の軌道のわずかな変化を追跡することでケレスの形状と重力を示すデータを取得し、そこからケレスの内部構造や組成を調べた。
そして、現在も(少なくともつい最近まで)地質学的な活動がケレスで起こっている可能性を支持する結果を得た。

ケレス上の3つのクレーター「オッカトル」「カーワン」「ヤロデ」と孤独な高い山「アフナ山」は、すべて重力異常と関連がある。
つまり、ケレスのモデルと実際の観測とで差があり、その差は地下の構造に関係があるかもしれないという。
「ケレスでは、目立った地形と関連のある重力異常がきわめて多いのです」(Ermakovさん)。

Ermakovさんたちは地殻の密度が比較的低く、岩石よりも氷の密度に近いことを発見した。
しかし別の研究では、ケレスの硬い地殻を主に構成する物質として氷は柔らかすぎることが示されている。

どうしてケレスの地殻は密度が氷のように低いにも関わらず、氷よりも頑丈なのだろうか。
この謎を解くため、米・ハーバード大学のRoger Fuさんたちの研究チームはケレスの表面がどのように時間経過で進化してきたのかに関するモデルを作った。

続きはソースで

画像:探査機「ドーン」がとらえたケレス(左)と、ケレスの重力場を色で示したマップ。
(赤)ケレスの内部構造モデルによる予測より重力が強い領域、(青)重力がより弱い領域
http://www.astroarts.co.jp/article/assets/2017/11/9471_ceres.jpg

アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9488_ceres
ダウンロード (5)


引用元: 【宇宙】ケレスに過去の海の痕跡

ケレスに過去の海の痕跡の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/12(木) 23:50:24.24 ID:CAP_USER
太陽系の準惑星「ハウメア」に輪、通説覆す発見 研究

【パリAFP=時事】太陽系内に存在する目立たないミニ惑星の周囲に輪があることを発見したとの研究論文が11日、英科学誌ネイチャーで発表された。土星のような巨大惑星しか輪を形成できないとする通説を覆す発見だという。(写真は資料写真)
 
2004年に発見され、米ハワイの豊穣(ほうじょう)の女神にちなんで「ハウメア」と命名されたこの準惑星は、太陽系の第8惑星で太陽から最も遠い海王星の軌道の外側にあることが知られている数個の準惑星の一つ。平らな葉巻のような形状をしており、衛星を2つ持っている。海王星よりはるかに外側の太陽系外縁、距離にして太陽から約80億キロ離れた場所に位置し、自転軸の周りを高速で回転しながら太陽の周りを285年の周期で公転している。

続きはソースで

▽引用元:時事ドットコム 2017/10/12-11:28
https://www.jiji.com/jc/article?k=20171012036290a&g=afp

▽関連
Nature 550, 219?223 (12 October 2017) doi:10.1038/nature24051
Received 04 June 2017 Accepted 30 August 2017 Published online 11 October 2017
The size, shape, density and ring of the dwarf planet Haumea from a stellar occultation
https://www.nature.com/nature/journal/v550/n7675/abs/nature24051.html

Nature 550, 197?198 (12 October 2017) doi:10.1038/550197a
Published online 11 October 2017
Astronomy: Ring detected around a dwarf planet
https://www.nature.com/nature/journal/v550/n7675/abs/550197a.html

ダウンロード


引用元: 【宇宙】太陽系の準惑星「ハウメア」に輪、通説覆す発見

太陽系の準惑星「ハウメア」に輪、通説覆す発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/25(土) 16:54:43.90 ID:CAP_USER
WIRED2017.3.25 11:02
http://www.sankei.com/smp/wired/news/170325/wir1703250001-s1.html
 NASAのミッション「ニュー・ホライズンズ」の科学者たちが、新しい惑星の定義を提案する。
この定義は冥王星に惑星の称号を取り戻させるだろう。私たちの太陽系の他の100ほどの天体と一緒に。

もしあなた方が、惑星が9個あったころの「古きよき太陽系」にノスタルジーを抱いているなら、そして冥王星の「準惑星」への降格に納得がいっていないなら、NASAのミッション「ニュー・ホライズンズ」の天文学者たちの提案はきっとお気に召すことだろう[編註:冥王星は、2006年8月、国際天文学連合(IAU)によって決定された「惑星の定義」によって準惑星と定義されることになった]。
アラン・スターン率いる科学者チームは、3月に開催される次の月惑星科学会議で、新たな惑星の定義[PDF]を提案しようとしている。
これが受け入れられれば太陽系の惑星の総数は110に増え、当然のことながらそこには冥王星も含まれる。

スターンの提案は次のようなものだ。惑星とは、「いままでに核融合が起きたことがなく、十分な自己重力をもっていて、軌道パラメータとは関係なく、三軸楕円体と記述するのが適切な回転楕円体形状をもつ亜恒星質量体である」。早い話が、恒星よりも小さい球状の天体は全て惑星となりうる、ということだ。
この説に則れば、冥王星だけでなく月も惑星となるかもしれないし、それは月以外の全ての衛星も同様だ。

ニュー・ホライズンズの天文学者たちの主張によると、新しい定義は、2006年にIAUが作成した公式の定義が孕んでいたいくつかの矛盾を解決することになる。

続きはソースで
 
http://www.hou.usra.edu/meetings/lpsc2017/pdf/1448.pdf
ダウンロード


引用元: 「準惑星」に降格させられた冥王星、「惑星」に返り咲く!? [無断転載禁止]©2ch.net

「準惑星」に降格させられた冥王星、「惑星」に返り咲く!?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/17(土) 16:00:30.63 ID:CAP_USER
ケレス表面に氷発見 NASA探査機の観測

【ワシントン共同】火星と木星の間の小惑星帯にある準惑星「ケレス」で、表面クレーターの中に氷が存在するのを画像の分析により確認したとドイツ・マックスプランク研究所などのチームが、15日付の英オンライン科学誌に発表した。
 
表面のクレーターに氷があることはこれまでも指摘されていたが、画像で確認したのは初めてとしている。
チームは、米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ドーン」を使い、表面にある634個のクレーターの底に光を当てて観測。
そのうち北極近くにある直径6・6キロほどのクレーターの底に、明るく輝く物質を発見した。

続きはソースで

▽引用元:産経ニュース 2016.12.16
http://www.sankei.com/photo/daily/news/161216/dly1612160008-n1.html

▽関連
Max-Planck-Gesellschaft
Ceres: Water ice in eternal polar night December 15, 2016
http://www.mps.mpg.de/Ceres-Water-ice-in-eternal-polar-night
ダウンロード (1)


引用元: 【宇宙】準惑星「ケレス」 表面に氷発見 NASA無人探査機「ドーン」の観測/マックスプランク研究所など©2ch.net

準惑星「ケレス」 表面に氷発見 NASA無人探査機「ドーン」の観測/マックスプランク研究所などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/10/20(木) 17:50:28.32 ID:CAP_USER
冥王星に雲? 新たな気象現象に関心高まる ニュー・ホライズンズ観測 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00010001-sorae_jp-sctch
http://amd.c.yimg.jp/amd/20161020-00010001-sorae_jp-000-1-view.jpg


昔は惑星として、今はそれに準ずる準惑星として太陽系のメンバーに数えられる「冥王星」。この冥王星にて、NASAの探査機「ニュー・ホライズンズ」が複数の雲と思われる画像の撮影に成功しました。
 
サウスウエスト研究所のAlan Stern氏によれば、「我々は冥王星の縁に、2ダース以上の層状のモヤがあることに気づきました。これらのモヤは200kmというかなりの高度にまで存在しているのです」と語っています。またいずれの雲も低層(数km~数十km)のものと形状や大きさが似ており、雲の成分はアセチレンやエタン、シアン化水素で構成されているようです。
 
今年7月に撮影された画像からも、雲の存在が予測されていた冥王星。そして今回の観測により、これらが実際に雲のような形状をしていることが確認されたのです。またStern氏は「もしこれらが雲ならば、冥王星の天気は以前の予測よりもより複雑なものとなります」とNASAの公式発表にて述べています。
 
ただし、現時点ではまだ「冥王星に雲がある」と断言することはできません。なぜなら、ニュー・ホライズンズの観測では雲らしきものが冥王星の地表から分離しているのかが判断できないのです。これについて、Stern氏は「この現象を観測するためには、新たな探査機の派遣が必要だろう」と語っています。
 
さらに、これらの雲がどれくらいの期間存在するのかもまだわかっていないのです。「一つの可能性として、これらの雲は冥王星の夜明けや夕暮れに短時間だけ存在するのかもしれません。冥王星の一日は地球換算で6.4日と長く、その天気のほとんどで雲が見られることはないのです」とStern氏は語っています。

NASAによる探査機のニュー・ホライズンズは2016年1月にすべての冥王星探査を終了しており、今後はエッジワース・カイパーベルトの太陽系外縁天体の観測へと旅立ちます。今後の同探査機の観測や、もしかしたらありうるさらなる新探査機の派遣に胸が高まりますね!
ダウンロード (3)


引用元: 【天文学】冥王星に雲? 新たな気象現象に関心高まる ニュー・ホライズンズ観測 [無断転載禁止]©2ch.net

冥王星に雲? 新たな気象現象に関心高まる ニュー・ホライズンズ観測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/10/13(木) 17:54:01.09 ID:CAP_USER
太陽系で新たな準惑星「2014 UZ224」を発見! 冥王星の外側を周回する小さな天体 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00010001-sorae_jp-sctch


太陽系であらなたファミリーの発見です。ミシガン大学の研究者は、新たな準惑星「2014 UZ224」を発見したと報告しています。
 
2014 UZ224はそのサイズが330マイル(約530km)で、冥王星の月のカロン(直径約750マイル)よりも小さいこぶりな準惑星となっています。その場所は太陽から85億マイル(約140億キロ)に位置しています。また公転周期は約1,100年で、冥王星の248年よりもかなり長くなっています。
 
ミシガン大学のDavid Gerdes教授によれば、「2014 UZ224はDark Energy Camera (DECam)を利用して発見しました。DECamはもともと準惑星を発見するために設計されたのではなく、地球から遠く離れた銀河や超新星の動きを観察するために作られたのです」とのこと。巨大な天体活動を観測する機器が小さな準惑星の発見に役立つとは、なんとも興味深いですね。
 
DECamは週ごとに、パッチ状にいくつかの画像を撮影します。なぜなら、地球から近い天体と違って遠く離れた天体は毎週同じ位置に存在しているからです。そしてGerdes教授は学生に太陽系の画像の撮影を指示し、2年間の観測の後に2014 UZ224を確認したのです。
 
プロジェクトに関わっている科学者は、この2014 UZ224は3番目に地球から最も離れた物体だと考えています。また、実は同天体は準惑星の基準を満たす大きさなのかどうかもはっきりしていません。今後、その判断は国際天文学連合に委ねられることになります。冥王星も含まれる準惑星に新たな仲間が加われば、また太陽系が賑やかになりそうです。

ダウンロード
 

引用元: 【天文学】太陽系で新たな準惑星「2014 UZ224」を発見! 冥王星の外側を周回する小さな天体 [無断転載禁止]©2ch.net

太陽系で新たな準惑星「2014 UZ224」を発見! 冥王星の外側を周回する小さな天体の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ