1: 2016/12/16(金) 12:38:27.46 ID:CAP_USER9
寒くなってくるとインフルエンザとともに流行しだすのが、溶血性レンサ球菌の感染症だ。
溶血性レンサ球菌は、通称「溶レン菌」と呼ばれ、抵抗力の弱い子供が比較的感染しやすい。
それで、毎年のように「幼稚園で流行している」という話が聞かれる。

溶レン菌は球菌と呼ばれる細菌の一種で、特に珍しいものではない。

健康な人ならば、感染しても症状が出ないこともある。
出たとしても、急性咽頭炎になって喉が痛み発熱する程度で、適切な抗菌剤を服用すれば、数日で治ることがほとんどだ。

しかし、ここ数年、事情が変わってきている。
軽い溶レン菌の症状が急激に悪化し、最悪の場合、死に至るケースが続出しているのだ。

急に高熱が出て体の痛みなどを感じるようになってから、わずかな時間で体中の細胞破壊が起こり、壊死を起こし始める。
さらに重篤化すると多臓器不全を引き起こして死亡してしまう。

なんと日本での致死率は約30%という恐ろしい病だ。

命を取り留めたとしても、一度壊死してしまった体の一部は手術で切除、切断するしかない。
まるでバクテリアに食べられたように恐ろしいスピードで体が壊死することから、「人食いバクテリア」とも呼ばれている。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12422662/
2016年12月16日 6時0分 Smart FLASH
no title


引用元: 【健康】体がどんどん壊死!原因不明の「人食いバクテリア」が激増中 [無断転載禁止]©2ch.net

体がどんどん壊死!原因不明の「人食いバクテリア」が激増中の続きを読む