理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

滋養

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/18(日) 21:39:44.72 ID:???*.net
Q:亡き父が精・力剤と称して「黒焼き」を飲んでいました。私も還暦を迎え、精・力減退を実感しています。
黒焼きは、マムシやスッポンを土鍋で焼き、炭にした民間薬と聞いています。
炭になれば何でも一緒のように思いますが、本当に効くのでしょうか?(60歳・工務店経営)

A:黒焼きは中国から伝来した日本の伝統的な民間薬で、江戸時代には精・力剤や媚・薬として盛んに使われ、庶民に人気があったようです。現在も根強いファンが存在します。

以前、故・山本巌先生(大阪・京橋で開業の漢方医学の大家)が、研究会での講義で「無精・子症には白州散(黒焼きの一種)が効く。補中益気湯(漢方エキス製剤で保険適応もある)と併用すると良い」と言われたこともありました。

私の経験ですが、入院していた50代の男性患者で、ひどく痩せて食欲もない方がいました。
それでまず、補中益気湯を処方してみましたが、効きません。そこで白州散を取り寄せ、補中益気湯と併せて飲んでもらうと、みるみる元気になり、あれだけ増えなかった体重も増加したのです。

何よりご本人が「あの薬はええ」と喜ばれたのを、今でも鮮明に覚えています。

続きはソースで

ダウンロード (3)


http://wjn.jp/article/detail/6352620/

引用元: 【健康】マムシ、スッポン…黒焼き効果で元気モリモリ

マムシ、スッポン…黒焼き効果で元気モリモリの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/09(火) 17:58:24.33 ID:???.net
「冬虫夏草」の滋養大幅増 九大農学研究院、人工栽培に成功 - 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/173956

画像
http://www.nishinippon.co.jp/import/national/20150607/201506070004_000.jpg
ニイニイゼミの幼虫(右の膨らんだ部分)から伸びた天然セミタケ
http://www.nishinippon.co.jp/import/national/20150607/201506070004_001.jpg
栄養価を高めた培地で菌糸を広げて育つセミタケ


 九州大農学研究院(福岡市東区)の大賀祥治教授らのグループは、古くから滋養強壮剤として珍重されている薬用キノコ「冬虫夏草」について、有効成分を大幅に増やす人工栽培に成功した。
天然原料に頼らず、健康に有効とされる食材が比較的容易に入手できるようになるという。

 冬虫夏草はセミやトンボの幼虫、クモなどに寄生するキノコで漢方薬材の一つ。冬に土中の虫の体内で菌糸を増やし、夏に草のように生えてくることから名付けられた。寄生するため人工栽培は困難で、主産地の中国では乱獲から激減しているという。

 大賀教授は長年、寄生の仕組みや人工栽培を研究してきた。効能をより高めようと、中国で人気のニイニイゼミに寄生する冬虫夏草「セミタケ」に着目。幼虫内で菌糸を伸ばす際にタンパク質を分解する機能を生かすため、タンパク質を多く含んだ高栄養の培地を作ったところ、機能性成分が増えることを実証した。

続きはソースで

ダウンロード (1)

引用元: 【生物/薬学】薬用キノコ「冬虫夏草」、有効成分を大幅に増やす人工栽培に成功 九大農学研究院

薬用キノコ「冬虫夏草」、有効成分を大幅に増やす人工栽培に成功 九大農学研究院の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ