理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

漂着

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/16(木) 00:05:45.95 ID:???.net
【10月15日 AFP】オーストラリアの海岸に14日、くちばし状の顎を持つ非常に珍しいクジラの死骸が打ち上げられた。
シドニー(Sydney)の北約150キロ、ニューサウスウェールズ(New South Wales)州レッドヘッドビーチ(Redhead Beach)に漂着したのは、
全長3~4メートルの「アカボウクジラ」の死骸で、現場を訪れた専門家らが調査と標本採取を実施。
今後、頭部をシドニーのオーストラリア博物館(Australian Museum)に送る予定だ。

ウエブサイト「whaleresearch.org」によると、クジラの中でも最も深く潜水する種類の一つであるアカボウクジラについての研究や知識は、深海に生息する生態のため、限られたままだ。

米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)で今年発表された研究によると、標識を付けたあるアカボウクジラは2992メートルの深さまで潜水。
また別の1頭は、137.5分間にわたり潜水した。これらはともに、哺乳類の潜水記録を更新した。

オーストラリア鯨類救援研究機構(Organisation for the Rescue and Research of Cetaceans in Australia、ORRCA)のロニー・リン(Ronny Ling)代表は、過去25年間でアカボウクジラの姿を確認したことはほとんどないと話している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3028937

引用元: 【生物】くちばし持つ希少クジラ、豪海岸に漂着

くちばし持つ希少クジラ、豪海岸に漂着の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: Baaaaaaaaφ ★ 2014/01/07(火) 18:54:25.92 ID:???0

ニュージーランド南島の海岸で6日、大量のクジラが打ち上げられているのが見つかった。当局は、クジラを海に返すことは不可能と判断して、生き残ったクジラも安楽死させる方針だ。

クジラの一種、ヒレナガゴンドウ39頭は、南島の最北端から伸びるフェアウェルスピットの砂浜に打ち上げられ、6日朝に発見された時点でうち12頭が死んでいた。潮流に乗って漂着し、潮が引いた後の海岸に取り残されたとみられる。

生物保護当局は残る27頭についても、助けられる見込みはほとんどないと説明、「苦しみを長引かせるのではなく、人道的に安楽死させることにした」としている。

豊かな海に囲まれたニュージーランドは世界の中でも特に海洋哺乳類の漂着が多く、海洋生物保護団体によれば、クジラやイルカは年間約300頭が漂着しているという。

1998年には300頭を超すゴンドウクジラが南島の南部に漂着して死んだ。1918年には東部沿岸沖の島に約1000頭が打ち上げられたという記録も残っている
http://www.cnn.co.jp/fringe/35042176.html
7



大量漂着したクジラ死ぬの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ツームストンパイルドライバー(dion軍) 2013/08/31(土) 03:12:04.88 ID:6QwDYu/C0 BE:170768055-PLT(12000) ポイント特典
b7c2bc4f.jpg
 

http://happism.cyzowoman.com/images/999600_658117284200159_449053336_n.jpg

スペイン南東のヴィラリコスの海岸に、奇妙な生物が打ち上げられ、話題となっている。
発見者の女性によれば、先週の木曜、海岸を歩いていると、砂浜に横たわる見たこともない生き物の頭部らしきものを発見。

 その後、駆けつけた海岸管理員と一緒に砂を掘り起こすと、胴体も発見された。発見時点で死骸は損傷が激しく、腐敗がかなり進行していたという。管理員も「こんなものは今まで見たことがない」と語っている。  

 生物は体長4m前後で細長く、全身が鱗のようなもので覆われているが、白い色がもともとの色なのか、腐敗した結果なのかは不明。また頭部と思しき場所には、2つの尖った角のようなものが見えることから、まるで龍のような姿にも見える。

 その後、ネットに写真がアップされると、さっそくネッシーのような怪物説や巨大化したタツノオトシゴやリュウグウノツカイ説まで、正体を巡って議論が紛糾した。  

 同地の海洋生物保護員は「だいぶ腐敗が進行しているので、正体を見極めるのは困難な状況」としたうえで、「正体を知るには骨格の検査が必要です。
より正確に調べるには遺伝子を調べる必要もありますが、そこまでして調べるには相当な資金が必要になるので、そのお金を払う人はいないでしょうね」と、話している。

 ただし、もし既知の生物であるとした場合、2つの角らしき物体は、実際には頭部の骨が腐敗によって突き出たものである可能性が高いという。  

 このような海岸に打ち上げられた未確認生物の遺骸は、古くから「ブロブ」などと呼ばれ、世界中に報告例がある。
最近では、ニューヨークの海岸にチュパカブラらしき不思議な生物の遺骸が漂着したり、中国浙江省の沿岸部で台風が去ったあと、今回と同じ龍のような生き物が漂着したケースもある。

また、古くは日本の漁船、「瑞洋丸」が太平洋上でまさにネッシーのような姿をした生物が魚網にかかり、写真も撮影されたが、いまだその正体は分かっていない。
宇宙よりも未知とも言われる世界の深海には、まだまだ人間の知らない未知の生物が、潜んでいるのかもしれない。

http://happism.cyzowoman.com/2013/08/post_2956.html



【画像あり】 体長4㍍の謎のUMAがスペインの海辺に打ち上げられる ただし財政難で詳しい調査せずの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ジャンピングカラテキック(家) 2013/08/05(月) 13:01:45.93 ID:yxjxsrpnP BE:1294629236-PLT(12000) ポイント特典

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5401645.html
先月、千葉県市原市の東京湾に漂着した体長20メートルを超える巨大なクジラの死骸の船や重機を使った大がかりな撤去作業が5日朝から始まりました。

このクジラは先月27日、千葉県市原市の桟橋の下に漂着し、死んでいるのが見つかったもので、体長はおよそ22メートル、体重は推定で70トンのナガスクジラとみられています。

ナガスクジラは世界中の海に広く生息していますが、東京湾で見つかるのは珍しいということです。

「生臭かった。最初、船がひっくり返っているかと思った。よく見たらクジラだった」(第一発見者)
「すごかった、臭くて」(近くで働く男性)

クジラの死骸は腐敗が進んでいて激しい異臭もすることから、千葉県が5日朝から船や重機を使った大規模な撤去作業を行っています。

「大きなクジラなので、浜に引き上げる作業が少し難航するかと」(千葉県担当者)

千葉県では、クジラの死骸をおよそ10キロ離れた千葉市幕張まで船で引っ張り、陸地に引き上げた後、砂浜に穴を掘って埋める方針です。


1

http://news.tbs.co.jp/jpg/news5401645_6.jpg
関連記事

【続報】漂着した巨大クジラの死骸、撤去始まる・4の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ジャンピングDDT(家) 2013/08/03(土) 07:47:56.10 ID:RLaIWOykP BE:2013867247-PLT(12000) ポイント特典

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130802/chb13080223000004-n1.htm
千葉県は2日、市原市内の工場の岸壁で発見された体長約22メートルのクジラの死骸を千葉市美浜区の海岸に埋めると発表した。5日に潜水士がクジラにロープや網を巻き付けた上で海岸近くまで船で曳航する。
1

関連記事
【続報】クジラの死骸は千葉市の海岸に埋め処理へ・3の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: シャイニングウィザード(家) 2013/08/01(木) 16:54:12.93 ID:uego5KPVP BE:1941943739-PLT(12000) ポイント特典

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130801/chb13080114350003-n1.htm
東京湾に面する千葉県市原市内の工場の岸壁で7月27日、体長約22メートルのクジラが死んでいるのが見つかった。ナガスクジラとみられ、重さは約60トン。県は今週から来週にかけて撤去作業を行い、千葉市内に死骸を埋めると工場側に通告しているが、腐敗が進んだ影響で周囲には異臭が漂い、工場関係者からは「ロープで引っ張ると崩れてしまうのではないか」と懸念の声が漏れている。

工場によると、同日午後3時ごろ、作業中の男性従業員が異臭がする岸壁に目を向けたところ、海中へ伸びる岸壁の柱の間にクジラが挟まって死んでいるのを発見したという。

工場の岸壁で見つかった体長20メートル以上のクジラ=31日、市原市八幡海岸通(山本浩輔撮影)
1
2a0ef13c.jpg

http://sankei.jp.msn.com/region/photos/130801/chb13080114350003-p1.htm
 
関連記事
【画像有】巨大クジラの死骸漂着 市原・八幡の岸壁・1


【続報】市原の工場岸壁にクジラの死骸 千葉・2の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ