理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

無重力

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/06/29(木) 03:27:53.30 ID:CAP_USER
米大、宇宙ごみを吸着して回収
ヤモリの足参考に
2017/6/29 03:03
画像
米国の大学などが開発した装置を使い、無重力環境を再現した飛行機の中で、円筒形の物体をつかまえる様子(米スタンフォード大提供・共同)
https://this.kiji.is/252856770691153925?c=39550187727945729
 【ワシントン共同】垂直な壁や天井に張り付くヤモリの足を参考にして、無重力の環境で宇宙ごみを捕まえる技術を、米スタンフォード大や米航空宇宙局(NASA)のチームが開発し、28日付米科学誌サイエンスロボティクスに発表した。

続きはソースで
ダウンロード


引用元: 【宇宙開発】米大、宇宙ごみを吸着して回収 ヤモリの足参考に[06/29] [無断転載禁止]©2ch.net

米大、宇宙ごみを吸着して回収 ヤモリの足参考にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/06/11(日) 17:29:53.71 ID:CAP_USER
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20581.html

2017年06月11日 07時00分
宇宙

http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/0/5/20581/nasa_iss_on_orbit_status_report_011917_945.jpg
宇宙でパンは食べられない。「また、トルティーヤか」と表情も暗いペギー・ウィットソン飛行士(NASA)米が主食の日本人にはピンとこないが、欧米人の食事にパンは必需品。国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する飛行士が、宇宙食にパンの持ち込みを禁じられているのは、我々日本人が白米を食べられなるのと同じくらいツライのだ。この状況を打開しようと、ドイツのプロジェクトチームが今、宇宙で焼きたてのパンを作る技術の開発を急いでいる。5月30日から6月1日にかけて英国マンチェスターで開かれた宇宙会議で明らかになった。

 故郷を離れれば離れるほど、時折ふと、猛烈にふるさとの味が恋しくなる。まして地球から400キロ上空の宇宙を飛ぶ国際宇宙ステーションならなおさらだ。宇宙食に求められる条件は厳しい。保存性、栄養価、匂いはもちろんのこと、乗組員の生命維持や研究活動に必要な数多くの精密機器を備えるステーション内に飛び散ったり、後片付けに手間がかかる食品などもってのほか。

 米航空宇宙局(NASA)によると、宇宙で初めてサンドイッチを食べたのは、1965年に打ち上げられたジェミニ3号に乗り込んだジョン・ヤング飛行士。ヤングさんはジェミニ計画、アポロ計画、スペースシャトル計画の全てを経験している偉大なパイロットだが、当時の味気ない宇宙食への不満から、内緒で船内に牛肉サンドウィッチを持ち込んだことでも知られる。

続きはソースで

http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/0/5/20581/201503260201_R.jpg
宇宙に行ったパン
ヤング飛行士が1965年にジェミニ宇宙船に持ち込んだサンドウィッチは、記念として博物館に残されている。宇宙に行ったパンは最初で最後、これっきり(Raymond Cunningham/SPACE.com)

http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/0/5/20581/European_Space_Agency_astronaut_Alexander_Gerst_node_full_image_2.jpg
アレキサンダー
ドイツ人宇宙飛行士アレクサンダーさんは、来年のミッションで宇宙ステーションでパンを焼く(ESA)
ダウンロード (2)


引用元: 【宇宙】禁断の宇宙食 焼きたてのパンをISSで食べる日が来る? [無断転載禁止]©2ch.net

禁断の宇宙食 焼きたてのパンをISSで食べる日が来る?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/03/04(土) 00:41:54.55 ID:CAP_USER
月周回旅行 ─ 考えられる人体への影響
2017年03月02日 15:49 

【3月2日 AFP】民間人2人の月周回旅行を2018年に計画していると、米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)が今週発表したが、この計画について専門家らは、健康への影響はあるものの、大半は軽微で、一時的なものになるとの意見で一致しているようだ。
 
英ロンドン(London)の研究機関「CASE Medicine」のダニエル・グラント(Daniel Grant)氏は「宇宙に旅立つすべての飛行士と同様に、彼らはひどい乗り物酔いに悩まされるだろう」とAFPの取材に語った。
無重力状態では、内耳の平衡感覚に混乱が生じるためだという。CASEでは、極限環境における医療と生理機能に関する研究が行われている。
 
乗り物酔いから回復するまでの時間は人それぞれで、飛行士によっては数日を要するケースもこれまでみられたという。
今回の月周回旅行は1週間の計画で行われるため、この影響は小さくない。
 
自撮りファンにとって残念なのは、地球上では重力によって下方に引っ張られている体液が、無重力環境では上方に広がるため顔がむくむことだ(脚は細くなる)。
これは放尿の際にも問題となり得る──無重力の環境では、液体が宙に浮いてしまうからだ。
 
無重力空間では、骨や筋肉への影響もある。
ただ、1週間だけなら持続的な衰えはないだろうというのが大方の見方だ。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年03月02日 15:49
http://www.afpbb.com/articles/-/3119883
http://www.afpbb.com/articles/-/3119883?pid=0&page=2
ダウンロード (2)


引用元: 【宇宙開発】月周回旅行 考えられる人体への影響©2ch.net

月周回旅行 考えられる人体への影響の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/13(日) 20:48:20.40 ID:CAP_USER*.net
ブルーオリジンの宇宙旅行、2018年に実現へ! アマゾン設立者のジェフ・ベゾス氏が発言
sorae.jp 3月13日 20時9分配信

ブルーオリジンの宇宙旅行が2018年に開始する
http://sorae.jp/wp-content/uploads/2016/03/20160313nbo.jpg

地球からロケットで飛び出し、美しい地球や漆黒の宇宙を眺める…そんな夢のような宇宙旅行、もうすぐ実現しそうです。
アマゾン設立者かつ宇宙開発企業「ブルーオリジン」の代表を務めるジェフ・ベゾス氏は、ニューヨーク・タイムズに対して「2018年に宇宙旅行を実現させる」と語ったんです! 
アマゾンは商品を自宅に届けるだけでなく、人を宇宙空間に届ける会社にもなるんですね!

ブルーオリジンの宇宙旅行では、6人乗りの宇宙船を地上100kmまで打ち上げて乗客に「無重力状態」を体験させることができます。
また、乗客は宇宙から地球を眺められるという、これまで宇宙飛行士など一部の人しか味わえなかった体験ができるのです。
宇宙旅行、一生に一度はやってみたいですね~。
(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=-YJhymiZjqc


ブルーオリジン社は今年1月には「ロケットを打ち上げて宇宙に到達させ、また地面に着陸させる」という一連のミッションを成功させています。
しかも、この打ち上げはすでに一度利用したロケット「ニュー・シェパード」を再利用して行なわれました。
同社がロケットの再利用の運用に対して、非常に現実的な位置につけていることがわかります。
 
民間による宇宙旅行はイーロン・マスク率いるスペースX社やヴァージン・ギャラクティック社も計画しています。
ベゾス氏は安全が第一であり、自社が最初の民間宇宙旅行を実現するかどうかには興味がないと発言しながらも、「年間で600人以上の旅客を宇宙に届けたい」と意気込みを見せました。

ブルーオリジンは宇宙旅行の旅費を明かしていませんが、ヴァージン・ギャラクティック社が予定している最初の宇宙旅行のチケットは25万ドル(約2,800万円)。
一生に一度の旅行と思えば、貯めることも不可能ではない…かもしれません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160313-00010004-sorae_jp-sctch

images


打ち上げから着地までの実機テスト
Launch. Land. Repeat.
http://youtu.be/74tyedGkoUc


引用元: 【科学】ロケットで宇宙へ アマゾン設立者による宇宙旅行が2018年に実現へ チケットは25万ドル

ロケットで宇宙へ アマゾン設立者による宇宙旅行が2018年に実現へ チケットは25万ドルの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/19(火) 12:42:56.43 ID:CAP_USER.net
史上初! 宇宙船に一つだけの花が咲きました (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00010002-sorae_jp-sctch

ダウンロード


無重力状態における科学実験はNASAの重要なミッションの一つ。そして今回、ISS(国際宇宙ステーション)のクルーたちが宇宙初となる花の開花に成功しました!
 
今回花を咲かせたのは「ヒャクニチソウ」というキク科の観葉植物。同植物はかなり環境変化に高いことで知られています。
原産地はメキシコで、葉の単細胞の分離が簡単なため実験生物として利用されることも多いそうです。
 
この実験がどうして重要なのかというと、宇宙で植物を育てることができれば食料の自給自足に大きな役目を果たしうるからです。
現在NASAは火星への有人探査ミッションを計画していますが、そこでも食料の確保は大きな課題の1つ。
しかし有機物を栄養として植物を育てることができれば、食料の再生産という可能性も開けます。
 
なお、ISSではこれまでもレタスなどの植物の栽培が行なわれてきました。昨年ISSに滞在していた油井宇宙飛行士はそのレタスを試食し、「うまい」との感想を残しています。
今回開花したヒャクニチソウも一応食べられるみたいですが…たぶんこっちは「宇宙に一つだけの花」として、食べられることなくISSクルーの目を楽しませてくれることでしょう。

引用元: 【宇宙開発】史上初! 宇宙船に一つだけの花が咲きました

史上初! 宇宙船に一つだけの花が咲きましたの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/13(金) 20:56:12.04 ID:???*.net
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151113/k10010304781000.html
11月13日 19時33分

国の予算にむだがないかを検証する政府の行政改革推進会議の会合で、これまでにおよそ9000億円が投じられている国際宇宙ステーションが取り上げられ、有識者から、「日本にとっての国際宇宙ステーションの位置づけが分からず、将来的な戦略を示すべきだ」という指摘が相次ぎました。
国際宇宙ステーションは、無重力状態を利用した巨大な科学実験場として、日本やアメリカ、ロシア、ヨーロッパなど15の国が参加して建設され、日本は、これまでにおよそ9000億円を投じているほか毎年、必要な運用費もおよそ400億円に上っています。

国の予算にむだがないか検証する政府の行政改革推進会議の13日の会合で国際宇宙ステーションが取り上げられ、はじめに河野行政改革担当大臣が、「人間が宇宙に行って喜ぶという時代は終わり、費用に見合ったリターンがあったのか、厳密な検証をする時期に来ている」と述べました。

会合の中で文部科学省側は、宇宙ステーションに参加する意義について、「無重力空間でしか出来ない科学実験だけではなく、子どもたちの宇宙や科学技術への関心を高めるとともに、国際社会での日本の発言力を高めることにも貢献している」と説明しました。
これに対し、有識者からは、「日本にとっての宇宙ステーションの位置づけが分からない。それがあるからどう使うか、ということではなく、日本としてどう活用していくのか、将来的な戦略を示すべきだ」という指摘が相次ぎました。

※宇宙ステーション運用延長 日本は検討
国際宇宙ステーションは、無重力状態でさまざまな科学実験を行い、地上の産業や生活に役立つ技術開発などを進める場として、日本やアメリカ、ロシア、ヨーロッパなど15の国が参加しています。1998年に建設が始まり、2年後の2000年から宇宙飛行士の長期滞在も始まって、4年前の2011年に完成しました。

続きはソースで

ダウンロード (4)

引用元: 【国内/宇宙】文部科学省 国際宇宙ステーション「将来的な戦略を」

文部科学省 国際宇宙ステーション「将来的な戦略を」の続きを読む

このページのトップヘ