理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

特定

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/12(水) 02:13:54.13 ID:???*.net
iPSで心筋症悪化の物質特定 慶応大福田教授ら米誌に発表
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111101002262.html
共同通信 2014/11/12 2:00:10
 

 心臓の壁が厚くなり、全身に血液を送り出しにくくなる肥大型心筋症の患者の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から心筋細胞を作り、病気を悪化させる体内物質を突き止めたと、慶応大医学部の福田恵一教授、湯浅慎介専任講師らが12日、米心臓協会誌に発表した。

 既存の薬が状態を改善する可能性があることも分かったとしている。

 健康な人の心筋細胞の内部では、筋原線維という糸状のタンパク質が整然と並んでいるが、患者の心筋細胞では並びが乱れていた。エンドセリン1という物質を加えると乱れがひどくなったが、細胞がこの物質を受け取れないようにする薬を与えると、異常が治った。

画像
http://img.47news.jp/PN/201411/PN2014111101002266.-.-.CI0003.jpg
↑肥大型心筋症の患者のiPS細胞から作った心筋細胞(上)と、エンドセリン1を加えた心筋細胞(下)。筋原線維を赤、核を青く染めている(慶応大チーム提供)

引用元: 【医療】iPSで心筋症悪化の物質特定 慶応大福田教授ら米誌に発表 [11/12]

iPSで心筋症悪化の物質特定 慶応大福田教授ら米誌に発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/01(土) 11:32:30.31 ID:???.net
京大、植物の性遺伝子を特定 カキの木で


植物の雌雄を決める二つの遺伝子を京都大の田尾龍太郎准教授(果樹園芸学)のチームがカキの木で特定し、31日付の米科学誌サイエンスに発表した。

遺伝子は「MeGI」(雌木)、「OGI」(雄木)と名付けた。
チームによると、これらの遺伝子によるカキの性決定メカニズムの起源は2千万~5千万年前で、ほかの植物にも似た仕組みがあるとみており、性決定の進化の解明や、将来は作物栽培への応用にもつなげたいという。

チームは、マメガキの遺伝子を網羅的に解析。
雄株の形成に関わる遺伝子「OGI」と、雌株の形成に関わり、OGIと構造がそっくりな遺伝子「MeGI」を特定した。

2014/10/31 03:00 【共同通信】
_______

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014103001001714.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/10/31 03:00配信記事

▽関連リンク
京都大学
植物で初、雌雄異株性の性決定因子を柿において発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/141031_1.html
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/documents/141031_1/02.pdf

*ご依頼いただきました。

引用元: 【植物】植物の雌雄を決める二つの遺伝子をカキの木で特定/京都大

植物の雌雄を決める二つの遺伝子をカキの木で特定/京都大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/23(木) 20:22:53.46 ID:???.net
「太陽系外」彗星を493個特定、史上最多 仏研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3029742
AFP 2014年10月23日 15:04 発信地:パリ/フランス


【10月23日 AFP】地球から63光年の距離にある恒星を周回している彗星493個の位置を特定したとの研究論文が22日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。研究では、チリ・アタカマ砂漠(Atacama Desert)にある超高感度望遠鏡が使われた。

太陽系以外の惑星系に存在する、いわゆる「系外彗星」の観測を通じた捕捉数としては過去最多だという。

太陽以外の恒星にも彗星があることは、これまでの研究で判明していたが、彗星は主星に比べて非常に小さく、また彗星の「尾」も主星の光に圧倒されて見えなくなるため、その存在を特定して軌道を計算するのは非常に困難だった。

フランス・パリ天文物理学研究所(Paris Institute of Astrophysics)のフラビアン・キーファー(Flavien Kiefer)氏率いる研究チームは、若い恒星である「がか座ベータ星(ベータ・ピクトリス、Beta Pictoris)」の8年間にわたる観測結果1000件近くを詳しく調べた。

これらの観測画像は、非常に乾燥したアタカマ砂漠にある欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)のラ・シーヤ天文台(La SillaObservatory)に設置されたHARPS(高精度視線速度系外惑星探査装置)で撮影された。

ベータ・ピクトリスは、約2000万年前に誕生した星で、恒星としてはまだほんの幼年期にすぎない。周囲の惑星や小惑星そして彗星は、この星にある巨大な円盤を構成するガスと塵(ちり)などの物質から形成されている。

キーファー氏は、「ベータ・ピクトリスは非常に興味深い観測対象だ。ここの系外彗星を詳細に観測することにより、この種の若い惑星系でどのようなことが起きているのかを理解するための手掛かりが得られる可能性がある」と語り、惑星系の形成メカニズムの一部を観測する「すばらしい機会」を提供してくれていると説明した。


画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/7/280x/img_67c0aa0bc3d1ff88be1fe9d03210287b85843.jpg
写真:チリ・アタカマ砂漠(Atacama Desert)にある超高感度望遠鏡「アルマ(Atacama Large Millimeter/submillimeter Array、ALMA)」(2013年3月12日撮影)。(c)AFP/Martin BERNETTI


原論文:
Two families of exocomets in the [bgr] Pictoris system : Nature : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/nature/journal/v514/n7523/abs/nature13849.html?lang=en

引用元: 【宇宙】「太陽系外」彗星を493個特定、史上最多…仏研究 [10/23]

「太陽系外」彗星を493個特定、史上最多…仏研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/27(月) 01:45:24.05 ID:???.net
「切り裂きジャック」の正体解明はまだ早かった
2014.10.26 22:00

この時間はなんだったのか。

先月イギリスのデイリー・メール紙は、126年の時を経てついに切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)の正体が突き止めたと報じました。
切り裂きジャックの残したDNAから犯人特定にたどり着いたとされていましたが、実はとんでもない冤罪だったとのことのです。
英インディペンデント紙の報道では、捜査を担当した科学者が、数の数え間違いなどを含むいくつものミスを犯していたとのことです。

DNAは被害者の1人が持っていたショールから得られたもので、それによると23歳のポーランド人の床屋
アーロン・コスミンスキーさんが切り裂きジャックであったのではないかと、容疑者の1人として疑惑がもたれました。
ショールを保有していたビジネスマンRussell Edwardsさんと、科学捜査官Jari Louhelainenさんは、コスミンスキーさんの子孫の1人に、とてもレアなDNA形状を発見したことから、彼を犯人に仕立て上げたようです。

ところがどっこい、このDNA形状はレアでもなんでもなかったのです。
インディペンデント紙によれば、DNA指紋検査法の父と呼ばれるAlec Jeffreys教授を含む複数の遺伝学専門家に話を聞いた結果、捜査に基本的なミスがあったことを指摘しました(なおはじめにミスに気付いたのは、casebook.orgの犯罪スレッドのメンバーのようです)。
まずLouhelainenさんは314.1Cと呼ばれるDNA変異を発見したと報告していましたが、法医学の標準的な命名法にのっとると、実はその変異は315.1Cと呼ばれるもので、全くもってありふれたもので、ヨーロッパ人の99%が持つ変異なのです。
この割合なら、当時のヨーロッパ人のほぼ全員が切り裂きジャックであったということになってしまいます。

インディペンデント紙は、Louhelainenさんが小数点を打つ場所を間違えてしまい、その結果変異の希少性が10倍も上がってしまったのではないか、と予想しています。
それでもDNA変異の種類を間違えていた、という根本的なミスは残りますがね。

ってなわけで、捜査はまた振り出しに戻ってしまいました。
_________

▽記事引用元 
http://www.gizmodo.jp/2014/10/post_15746.html
GIZMODE(http://www.gizmodo.jp/)2014.10.26 22:00

*ご依頼いただきました。

引用元: 【法医学】126年の時を経て「切り裂きジャック」の正体解明 実はとんでもない冤罪 捜査は振り出しに

【マジか】126年の時を経て「切り裂きジャック」の正体解明 実はとんでもない冤罪 捜査は振り出しにの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/18(土) 15:56:16.24 ID:???.net
関節リウマチの原因特定=免疫T細胞が異常攻撃-京大

関節が腫れて痛む関節リウマチは、免疫の司令塔と呼ばれる「T細胞」が特定のたんぱく質を標的に異常な攻撃を行うことが原因で発症すると、京都大再生医科学研究所の伊藤能永助教らの研究グループが発表した。
マウスを使った実験の成果で、新たな治療法の開発につながる可能性があるという。
論文は17日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
 
研究グループによると、T細胞は外部から侵入したさまざまな病原体から身を守る働きをする。
関節リウマチなどの自己免疫疾患は、免疫システムが誤って自分の体を攻撃することが原因とされてきたが、標的となるたんぱく質の特定は難しかった。
 
研究グループは、関節リウマチを自然に発症するマウスを詳しく調べ、たんぱく質を特定。
人間の関節リウマチ患者でも、同じたんぱく質に対する免疫反応が確認された。
 
伊藤助教は「T細胞を取り除くことで、関節リウマチの発症を防ぐことができる。
新たな治療法や予防につながる可能性がある」と話している。(2014/10/17-04:21)
__________

▽記事引用元
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014101700039&g=soc
時事ドットコム(http://www.jiji.com/)2014/10/17-04:21配信記事

▽関連リンク
・京都大学
T細胞が体内のどのタンパク質を標的として関節リウマチを起こすかを特定
2014年10月17日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/141017_1.html
・Science 17 October 2014:
Vol. 346 no. 6207 pp. 363-368
DOI: 10.1126/science.1259077
Detection of T cell responses to a ubiquitous cellular protein in autoimmune disease
http://www.sciencemag.org/content/346/6207/363

引用元: 【医学】関節リウマチの原因特定 免疫T細胞が異常攻撃/京都大

関節リウマチの原因特定 免疫T細胞が異常攻撃の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/02(土) 02:27:23.42 ID:???.net
自◯傾向の血液検査に前進、関連遺伝子を特定 米研究
2014年08月01日 10:01 発信地:ワシントンD.C./米国

【8月1日 AFP】自◯を図る人々が共通して持つとみられる遺伝子変異を特定したとの研究論文が30日、米医学誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー(AmericanJournal of Psychiatry)」に掲載された。自◯リスクを予測する血液検査の開発につながる可能性のある成果だという。

 この発見は、米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の研究チームが行った小規模な研究に基づいている。

 論文の主執筆者で、ジョンズ・ホプキンス大医学部のザカリー・カミンスキー(ZacharyKaminsky)助教(精神医学・行動科学)は「自◯する危険性が高い人々を予測するための一貫性のある方法は今のところ存在しない」と語る。

「今回のような検査を用いて、そうした人々を特定し、最悪の結末を阻止するのに間に合うよう早期に介入することにより、自◯率を抑制できるかもしれない」

 だがこのような検査を一般の人々が広く利用できるようになるのは何年も先のことだ。

 現段階の成果として、脳がストレスホルモンにどのように反応するかに関連する「SKA2」と呼ばれる単一遺伝子の化学変化を発見したと、研究チームは述べている。

 SKA2は「日常生活の緊張に対する特に目立たない反応で終わるかもしれないものを、自◯願望や自◯行動に変えることに重要な役割を担っている」と論文は説明している。

 研究チームは、自◯した人々から採取した脳サンプルを調査して、この変異を発見した。また自◯した人々はSKA2のレベルが健康な人に比べて著しく低下していることもこの調査で分かった。

 さらに研究チームは、ジョンズ・ホプキンス大での自◯予防研究で325人から採取した血液サンプルを検査し、SKA2に存在する変異により、自◯願望を経験している人や自◯を図ったことがある人を80%の精度で予測できることを明らかにした。

 特定のグループでは、この検査の精度はさらに高かった。「さらに深刻な自◯リスクを抱える人々は、90%の精度で予測された」と論文は述べている。「最も若い人々のグループでは、参加者が自◯を図ったことがあるか否かを、血液検査の結果に基づき、96%の精度で特定できた」

 SKA2遺伝子は、マイナス思考を抑制し、衝動的な行動を制御するために機能する。
SKA2が十分に存在しなかったり変異していたりすると、脳は異常レベルのストレスホルモン、コルチゾールを放出する。

 自◯を計画したり実行に移したりする人々では、異常なレベルのコルチゾール放出が起きていることが、これまでの研究で明らかになっていた。

 カミンスキー助教によると、血液検査による自◯の予測が、調査対象の規模を拡大しても可能かどうかを確かめるには、さらなる研究を重ねる必要があるという。(c)AFP

ソース:AFP BB NEWS(2014年08月01日)
自◯傾向の血液検査に前進、関連遺伝子を特定 米研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3022033

論文:American Journal of Psychiatry
Jerry Guintivano, et al. Identification and Replication of a Combined Epigenetic...
http://ajp.psychiatryonline.org/article.aspx?articleID=1892819

プレスリリース:Johns Hopkins Medicine(July 30, 2014)
A blood test for suicide?
http://www.hopkinsmedicine.org/news/media/releases/a_blood_test_for_suicide

引用元: 【精神医学】自殺傾向の血液検査に前進、関連遺伝子を特定 米研究

自殺傾向の血液検査に前進、関連遺伝子を特定 米研究の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ