理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

独立行政法人

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/24(金) 21:46:14.97 ID:???0.net
産総研:備品6億円分不明 PCなど1万5000点
http://mainichi.jp/select/news/20141024k0000e040219000c.html
毎日新聞【武内亮、戸上文恵】 2014年10月24日 15時00分


 経済産業省所管の独立行政法人「産業技術総合研究所」(産総研、茨城県つくば市)で、電子顕微鏡やパソコンなどの備品約1万5000点の所在が分からなくなっていることが24日、会計検査院の調べで分かった。購入時の価格で総額約6億円に上る。その他に再利用可能とみられるのに捨てられた備品も多数あり、検査院は近く産総研に管理方法などの改善を求める方針だ。

 産総研は、10万円以上の備品を購入した場合、現在使用しているものを「使用中」、今後使用予定がなく捨てるまで管理する場合は「保管中」、不要と判断し既に廃棄したものを「処分」などと仕分けし台帳に記録する。

 検査院は、2013年度の台帳に記載のある約14万7000点を調べた。
その結果、使用中か保管中に仕分けされ現存すべき備品のうち、約1万5000点の所在が不明になっていた。

 処分に仕分けされていたものは約2万点あった。廃棄前に他の研究機関や大学などに再利用する意思があるかどうか確認していないことから、検査院は再利用可能だったものが相当数含まれていたとみており、産総研に改善を求める方針。

 産総研は1882年設立の農商務省地質調査所が前身。改編・改称を繰り返し、01年に現在の組織になった。環境・エネルギー、ライフサイエンス、情報通信、地質--など幅広い分野で研究を進め日本産業の競争力強化を目指す。
理事長は元ソニー社長の中鉢良治氏。広報担当者は「検査院の調査を受けており、コメントは差し控えたい」としている。

 ◇1300万円「ノボレオン」 未使用廃棄の装置も

 会計検査院が管理の不備などを指摘した「産業技術総合研究所」の備品の中に、一度も使用されないまま捨てられた研究装置が含まれていることが、関係者の話で分かった。遊具からの子供の転落事故を防止する研究のため、2008~09年度に実施された経済産業省の委託事業で購入され、購入費や保管用の倉庫代などとして約1300万円の委託費がかかった。検査院は近く経産省に対し、同額分の支出は過大だったと指摘する方針。


画像
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20141024k0000e040225000p_size5.jpg
↑一度も使用されずに捨てられた遊具型研究装置「ノボレオン」=産業技術総
合研究所提供

引用元: 【科学】産業技術総合研究所(産総研)、備品6億円分不明 PCなど1万5000点 [10/24]

【無駄遣い】産業技術総合研究所、備品6億円分不明 PCなど1万5000点の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/02(木) 18:01:11.59 ID:???

 医療分野の研究開発の司令塔(日本版NIH)と期待される新独立行政法人設立のため、文部科学、厚生労働、経済産業省は1215億円を計上した。

2015年4月設立予定で、政府の健康・医療戦略推進本部が取りまとめた。
前年度から約20%増え、文科省が最多の570億円を確保。
厚労省が476億円、経産省が169億円となった。
その他の研究機関の予算も27億円引き上げ、740億円とした。

2

時事ドットコム(2013/12/24-10:52)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013122400234 


【研究】日本版NIH創設に1215億円=予算・医療分野研究開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/20(水) 17:12:42.72 ID:???0

★“山本大臣vs稲田大臣”新たな法人巡り激突
テレビ朝日系(ANN) 11月19日(火)18時47分配信

今の独立行政法人とは別に、研究開発を担う新たな法人の制度を作るかどうかを巡って、総理側近の意見が真っ二つに割れています。

山本科学技術担当大臣と下村文部科学大臣は、今の独立行政法人制度のもとでは予算の削減や効率化が優先され、研究開発分野に関して最大の成果を得ることは難しいとして、新たな法人制度を作ることを提案しました。

山本科学技術担当大臣:「やはり研究開発は、現行の独法制度にはなじまない」

これに対して、独立行政法人制度の改革を進めている稲田行政改革担当大臣がかみつきました。
今の制度でも、優秀な人材を確保したり成果を上げることはできるとして、新たな組織を作ることは認めないと言っています。

稲田行革担当大臣:「なぜ研究開発法人が独法の枠から出なければ、研究開発の効果が出ないということになるのか、まだ理解できません」

政府の行政改革会議は、年末までに独立行政法人の改革案をまとめる予定で、この研究開発法人を巡る調整を急ぐ考えです。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20131119-00000047-ann-pol
9a802493.jpg



山本科学技術担当大臣vs稲田行政改革担当大臣 研究開発を担う新たな法人巡り衝突の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ