理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

猛暑

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/16(土) 06:08:35.77 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
高級ウニとして知られるアカウニの山口県内の今シーズンの漁獲量は、去年の3割程度にまで落ち込んでいることが県の調査で分かりました。

県は去年の猛暑による海水温の上昇でアカウニが大量に死んだ可能性があるとして、原因を詳しく調べています。

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140813/k10013783981000.html

引用元: 【社会】高級ウニとして知られるアカウニ、激減…猛暑の影響か

【山口県】高級ウニのアカウニ激減…猛暑の影響かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 2014/07/06(日) 00:08:23.88 ID:???0.net

エルニーニョで恐怖の大発生 例年の9倍「カメムシの夏」
http://news.livedoor.com/article/detail/9011256/

現在、日本を混乱の渦に陥れんとするほどの異常事態が起きている。
「鼻が曲がるほどの臭いと作物の実害をもたらすアイツらが大量発生するなんて、悪夢だよ……」(埼玉県内の農家の男性)

大いなる災いをもたらさんとする主は、カメムシ。
今年6月に入ってから、東京、栃木、群馬、埼玉、広島など多くの都県で大量発生。
多い所では、その数が例年の9倍に上り、注意報が出されているのだ。
6月10日に注意報を発令した埼玉県病害虫防除所に話を聞いてみると、
「4月1日から6月初旬にかけて調査をしたところ、寄居町のヒノキで平年の3・8倍、久喜市のナシでは実に8・2倍のカメムシを確認しました」

気になるのが、その原因。
一部では、この夏に過去最大規模で発生すると予報されるエルニーニョ現象が引き金とも言われているが、「好物のスギの実が少なく、エサとなる他の作物を求めてきたことが原因との可能性が高いです」(科学ジャーナリスト・大宮信也氏)

たかがカメムシ、と思う向きもあるかもしれないが、実は、尋常ならざる被害をもたらす害虫なのである。
たとえば、埼玉県ではナシの生産が盛んだが、「カメムシは甘い蜜を好むため、すでにナシにストロー状の口管を差し込み、蜜を吸っている可能性も。
すると、その差し込んだ周辺は成育しないため、デコボコの実になり、売り物にならないんです」(前出・埼玉県病害虫防除所)

続きはソースで
~~引用ここまで~~



引用元: 【国内】日本でカメムシ異常発生 例年の9倍


【臭い!】カメムシ異常発生 例年の9倍の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/12/24(火) 20:59:02.31 ID:???0 BE:823011146-PLT(12557)

猛暑に台風、さらに竜巻と、2013年は、まさに記録ずくめの1年となった。
厳しい寒さが続く列島各地。
クリスマスのあとには、厳しい年末寒波が予想されている。
そんな中、気象庁は24日、2013年の日本の天候のまとめを、速報として発表した。
その発表について、太谷智一気象予報士がまず注目したのは、「大雪」。
1月14日の成人の日、首都圏を大雪が襲った。

images

*+*+ FNN +*+*
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260263.html



2013年の日本の天候まとめの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/18(木) 23:10:09.86 ID:???

猛暑、セミも知ってた? 各地で初鳴き早く 気象庁の生物観測
2013.7.17 08:33 [生物]
 
気象庁が季節の進行や気候の変化を調べるために続けている「生物季節観測」で今夏はアブラゼミなどの初鳴きが全国各地で早まっている。
連日の猛暑が影響した可能性について、気象庁の担当者は「気象以外の要因も多く、何とも言い難い」と話している。

気象庁によると、アブラゼミの初鳴き日は岡山市が平年より13日早い6月28日で観測史上最も早かった。
高知市は12日早く観測史上2番目の同30日。
宇都宮市と和歌山市も7月9日でそれぞれ13日、11日早く、山形市も5日早かった。

アブラゼミは北海道から九州まで広く分布。
平年の初鳴きは7月中旬以降に九州、四国から北上し始め北海道に達する。
今年は7月16日現在、全国48カ所の観測地点(那覇市はリュウキュウアブラゼミ)のうち29地点で初鳴きを観測した。

ヒグラシの初鳴きも富山市で14日早い7月10日(観測史上3位)、山形市で7日早い同9日だった。

13

▽記事引用元 msn産経ニュース2013.7.17 08:33 配信記事
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130717/scn13071708370000-n1.htm

▽関連リンク
気象庁
生物季節観測の情報
http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/
あぶらぜみの初鳴日 (2012年~2013年)
http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/phn_024.html



【気象】猛暑、セミも知ってた? 各地で初鳴き早く 気象庁の生物季節観測の続きを読む

このページのトップヘ