理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

甘草

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/24(月) 21:12:48.56 ID:CAP_USER
生薬「甘草」のゲノム解読に成功 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20161024_1/
http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2016/20161024_1/fig1.jpg
生薬「甘草」のゲノム解読に成功 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20161024_1/digest/


「甘草(カンゾウ)」はマメ科の生薬です(図参照)。薬として利用されるのは根の部分で、太いゴボウのような形態をしています。現在日本では、200種を超える漢方薬が処方されていますが、その70%に甘草が配合されており最も汎用性が高い生薬といえます。特に「グリチルリチン」には抗炎症作用や痛み・咳を鎮める効果をはじめ、多くの薬効があります。また、砂糖の150倍以上の甘さがあるため、天然甘味料として多くの食品に使われています。グリチルリチンは非糖質系のため、カロリーが低く、メタボリック症候群の予防にも役立つと期待されています。

しかし現在、甘草をはじめ、漢方に用いる生薬の85%は中国からの輸入に頼っています。近年の中国の経済成長などに伴い、輸出制限や価格の高騰が続いており、供給不安が懸念されています。そこで甘草のゲノムを解読できれば、ゲノム情報に基づいた効率的な育種を進めたり、薬効成分に関わる有用遺伝子を効率よく探索できるようになります。

続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元: 【遺伝学】生薬「甘草」のゲノム解読に成功 重要生薬の原料の安定供給と有用遺伝子の探索に貢献 [無断転載禁止]©2ch.net

生薬「甘草」のゲノム解読に成功 重要生薬の原料の安定供給と有用遺伝子の探索に貢献の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/15(火) 19:59:10.98 ID:CAP_USER*.net
漢方薬に使われる生薬甘草の成分が、メタボリック症候群や糖尿病の原因となる内臓脂肪の炎症、線維化を抑えることを、富山大などの研究グループがマウスによる実験で突き止めた。英科学誌電子版に15日発表した。治療薬の開発につながる可能性があるという。

ダウンロード (1)


http://this.kiji.is/82420147318849537?c=39546741839462401

引用元: 【医学】生薬の甘草がメタボに有効か 内臓脂肪の線維化抑える

生薬の甘草がメタボに有効か 内臓脂肪の線維化抑えるの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ