理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

産卵

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/12/19(木) 09:51:53.35 ID:???

【 2013年12月18日 浅海のアカウミガメ、外洋ガメより繁殖性が高い 】

同じ砂浜で産卵するアカウミガメでも、水深200m内の浅海でえさを取るウミガメの方が、外洋でえさを取るものよりも2.4倍も多く子ガメを産むことが、東京大学大気海洋研究所の畑瀬英男・元研究員とNPO法人「屋久島うみがめ館」(大牟田一美代表)らの27年間にわたる調査研究で分かった。
こうした繁殖性の違いは遺伝的なものではなく、環境に応じて生活を変える能力をもつためと考えられるという。

同じ砂浜で産卵するウミガメには、浅海(200m以浅)でエビ・カニや貝などの底生生物を食べているウミガメと、それよりも深い外洋で浮遊生物を食べているウミガメが共存している現象が世界各地で発見されつつあるが、それがどのような理由によるかは不明だった。

研究グループは、鹿児島県屋久島の永田浜で1985年から2011年まで調査したアカウミガメの繁殖データを基に、浅海あるいは外洋でえさを取る母ガメの産む子ガメの数を調べた。
浅海か外洋かについては、母ガメに電波発信器を取り付けて、人工衛星で回遊経路を追跡したほか、えさの炭素・酸素の割合(安定同位体比)がそのまま卵黄にも反映することから、99年と08年、11年の計362匹が産んだ卵黄を分析し、区別した。

その結果、永田浜で産卵する母ガメの8割が浅海、2割が外洋でえさを食べていると推定された。
浅海のウミガメに比べて、外洋のウミガメは1腹卵数、1産卵期内の産卵頻度、および繁殖頻度が少なく、浜に戻って来る回帰間隔は長かった。
巣からうまく脱出した幼体総数で定義される「累積繁殖出力」(=1腹卵数×巣からの脱出成功率×1産卵期内の産卵頻度×繁殖頻度)は、浅海のウミガメの方が外洋のウミガメよりも2.4倍高かった。

また、浅海と外洋のウミガメの間では、特徴的なDNA反復配列やミトコンドリアDNAなどに遺伝的な差異がなかったことから、海での生活の違いは環境対応による。
こうした能力をもつことで、ウミガメ類は1億年を超える進化史を生き残ってこられたとも考えられるという。

1

▽記事引用元 Science Portal 2013年12月18日配信記事
http://scienceportal.jp/news/daily/1312/1312181.html

▽関連リンク
・東京大学大気海洋研究所 2013年12月13日
同じ砂浜で産卵するアカウミガメでも、 餌場が違うと母ガメが産む子ガメの数は2.4倍違う ~ウミガメの代替生活史~
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2013/20131213.html



【生物】浅海のアカウミガメ、外洋ガメより繁殖性が高い/東京大学大気海洋研究所などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ハーフネルソンスープレックス(秋田県) 2013/10/16(水) 18:45:05.30 ID:0hBbV8LY0 BE:2666525797-PLT(12123) ポイント特典

約4カ月間の海水養殖によりヤマメの巨大化に成功した五ケ瀬町鞍岡の「やまめの里漁業生産組合」(秋本治組合長)の養魚場で、採卵作業がスタートした。

50センチ前後に成育した巨大ヤマメからは、天然物の5倍以上となる2千~3千粒の卵を確認。

人工授精させた卵はふ化させた後、再び海で養殖される予定で秋本組合長は25~30%ほどだった生存率の向上に意欲を見せている。

http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_3/_1936.html

9

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/media/6/20131016-1381913937.jpg



巨大ヤマメとサクラマスってどう違うんだよ・・・定義が分からんの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/08/10(土) 14:49:10.92 ID:???

鹿児島県・奄美大島の海底の砂地に時々現れ、地元で「ミステリーサークル」と呼ばれる美しい模様は、フグが産卵のために作った巣だったという研究論文を、千葉県の研究者や地元ダイバーらがまとめ、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで発表した。

ミステリーサークルの謎を解いたのは、千葉県立中央博物館の川瀬裕司(ひろし)主任上席研究員(47)や、地元のダイビングガイド、伊藤公昭さん(39)ら。水深18~28メートルにビデオカメラを設置し、巣作りの一部始終を撮影することに成功した。

それによると、体長約10センチのオスのフグが、胸びれや尾びれを使って砂地を掘り進め、7~9日かけて直径約2メートルの美しい円形の模様を作った。完成するとメスが円の中心部で産卵し、オスは孵化(ふか)するまでの数日、近くで卵を守っていた。

ソース:読売新聞(2013年8月9日15時29分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130809-OYT1T00722.htm
画像:フグが作り上げた海底の「ミステリーサークル」
61ed4ac8.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130809-046758-1-L.jpg
画像:ヒレで砂を巻き上げて巣を作るフグ
a6b1221c.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130809-046776-1-L.jpg
関連リンク:SCIENTIFIC REPORTSに掲載された論文
「Role of Huge Geometric Circular Structures in the Reproduction of a Marine Pufferfish」(英文)
http://www.nature.com/srep/2013/130701/srep02106/full/srep02106.html



【生物】海底の砂地に現れる「ミステリーサークル」…作ったのはフグだったの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: サッカーボールキック(家) 2013/07/30(火) 10:53:22.89 ID:BZQwOqyFP BE:2589257366-PLT(12000) ポイント特典

http://mainichi.jp/select/news/20130730k0000e040155000c.html
メキシコ沖の太平洋で2005年に捕獲され、標識を付けて放流されたアカウミガメが今月、鹿児島県・屋久島に産卵のため上陸していたことが29日、屋久島のNPO法人「屋久島うみがめ館」への取材で分かった。同館によると、メキシコから渡ったウミガメが日本に上陸していることが確認されたのは初めて。

屋久島うみがめ館の男性ボランティアが今月3日、屋久島北西部の永田浜の波打ち際でウミガメを発見、標識に米海洋大気局を示す「NOAA」の文字があり、同局に問い合わせ、05年9月にメキシコ西部のバハカリフォルニアスル州の沖合で捕獲されたアカウミガメと判明した。(共同)

メキシコ沖の太平洋で捕獲され、標識を付けて放流されたアカウミガメ=2005年9月、日本ウミガメ協議会提供(共同)
7

http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20130730k0000e040160000p_size5.jpg



ウミガメ:メキシコから日本に 屋久島で初確認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: チリ人φ ★ 2013/07/12(金) 08:04:16.44 ID:???

ニワトリも夏バテします-。梅雨が明け、連日真夏日を記録する中、夏バテによる産卵数の減少を防ごうと、和歌山県養鶏研究所(同県日高川町)が特産品の梅酢やサンショウなどを混ぜた餌の開発に乗り出した。
養鶏業者にとって「頭痛の種」でもある夏バテの解消効果が実証されれば、県産品を用いた餌が全国に広まる
好機にもなるため、研究成果は関係者の注目を集めている。


・夏場は減る卵の重さ
鶏は、羽毛に覆われ体温を発散する方法が限られているため、暑さに弱い。特に夏場は気温の上昇で夏バテを起こし、食欲が減退したり、水を大量に飲んで餌を食べられなくなったりする。35度を超えれば命にもかかわるという。

同研究所が一昨年実施した調査によると、鶏1羽が1日あたりに産む卵の重さは、5~6月に比べて7月で5%、8月で14・5%も低下した。最近続いている猛暑で研究所内の鶏は早くも夏バテ気味で、栄養不足から卵の質の低下もみられるという。

対策として大型ファンを回したり、スプリンクラーで散水したりするなどの方法はあるが、多額の設置費や
維持費がかかることがネックとなり、二の足を踏む業者は多い。

・エサで中から抗酸化
そこで研究所は、鶏の餌に着目。暑さで鶏にストレスがかかり体内で酸化作用が進んだ結果、夏バテに
つながっていると推測し、広島大学家畜管理学研究室と共同で酸化を防ぐ作用があるとされている梅酢などを餌に混ぜて効果を試すことにした。

今年度は、梅干しを漬ける際に出る梅酢を用いて実験。他にも効果が期待できるサンショウの種子を利用した研究にも取り組む。

サンショウは、全国の生産量の8割を占める和歌山県の特産品。食用は主に果皮の部分だが、研究に
用いるのは種子の部分で、県内だけで年間約30トンが産業廃棄物として処理されているため有効利用の期待もかかる。

当面の研究では、50羽の鶏に梅酢を添加した配合飼料を1日平均120グラム与え、産卵数や肝機能の
変化などを調べる。サンショウの種子については、配合飼料に混ぜる最も効果的な割合などを探る。

研究所の藤原美華研究員は「夏バテ対策は農家にとって頭の痛い問題。効果が判明すれば、全国的な
スタンダードになるかもしれない」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130711/wlf13071113490011-n1.htm
e53c782b.jpg
11

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130711/wlf13071113490011-l1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/130711/wlf13071113490011-p2.jpg



【生物】ニワトリも夏バテ、卵も減る 35度超で命取り…和歌山特産「梅酢」「サンショウ」で酷暑乗り切れ!/和歌山県養鶏研究所の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/06/29(土) 01:05:30.94 ID:???

雑種ウミガメの産卵初確認 純粋種の保存に影響も


鹿児島県・奄美大島の龍郷町の砂浜で、アカウミガメとタイマイの雑種が産卵しているのを確認したとNPO法人「日本ウミガメ協議会」(大阪府)などが28日、発表した。
ウミガメの雑種の産卵が確認されたのは日本では初めて。
専門家は「純粋な種の保存への重大な脅威だ」と心配している。

龍郷町で記者会見した同協議会の石原孝主任研究員によると、26日夜、龍郷町の渡連海岸で体長約80センチのウミガメが産卵しているのを確認した。
大きさや頭の特徴はアカウミガメ、甲羅のふちの切れ込みなどはタイマイの特徴があった。

2013/06/28 20:18 【共同通信】
_____________

▽記事引用元 47NEWS 2013/06/28 20:18配信記事
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062801002281.html

産卵のため上陸したアカウミガメとタイマイの雑種=26日夜、鹿児島県龍郷町(日本ウミガメ協議会提供
7

http://img.47news.jp/PN/201306/PN2013062801002285.-.-.CI0003.jpg



【生物】アカウミガメとタイマイの雑種が産卵しているのを確認 純粋種の保存に影響も/鹿児島県・奄美大島の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ