理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

甲信

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/02/28(金) 22:12:38.81 ID:???0 BE:411505643-PLT(12557)

関東甲信地方を中心に2週続けて観測史上記録的な豪雪に見舞われた。

特に平年はそれほど大雪に見舞われない地域では、慣れない積雪のせいで、事故やケガなどさまざまなトラブルが勃発。

まだ今シーズンは大雪が降る可能性もあり、積雪への対策や心構えが必要だ。今後に備えて雪かきや雪道の歩き方のコツ、用意しておくと便利なグッズなど、“雪対策特集”をお届けする。

*+*+ 東スポWeb +*+*
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/special/239054/



雪かきは正しい姿勢で!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/02/20(木) 21:03:19.33 ID:???0 BE:2160403079-PLT(12557)

関東甲信の記録的な大雪について、気象庁の羽鳥光彦長官は20日の定例会見で「雪の量の予測に不十分な点があった。実際には倍近くの降雪があった」と述べ、「予測技術の向上が極めて重要だ。技術開発を進めていきたい」とした。

降雪時間の見込みが基準を満たさず発表されなかった特別警報の運用に関しては「自治体の要望を伺ってからの話になる」と即時の見直しを否定した。

今後、自治体の大雪への対応状況や気象庁への意見を調査するといい、「情報発信の方法や自治体との連携のあり方を改善していきたい」との考えを示した。

3f457247.jpg

*+*+ 産経ニュース +*+*
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140220/dst14022020440015-n1.htm



「予報に不十分な点があった」…大雪で気象庁長官の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/02/16(日) 20:42:43.35 ID:???0 BE:960179074-PLT(12557)

8日に続き、今回も記録的な大雪をもたらした「南岸低気圧」が18~20日ごろ、再び本州の南側を通過しそうだ。関東甲信などに雪を降らせる可能性もあり、気象庁は「降る量や、雪になるか雨になるかは状況によって変わる。今後の予報に注意してほしい」と呼びかけている。

気象庁によると、次の南岸低気圧は17日ごろに九州の西方で発生。発達しながら本州の南側を通過する見込みだ。この影響で、西日本は18日から19日にかけて広く雨が降り、山沿いや内陸を中心に雪になる可能性があり、東日本は19日から20日にかけて広い範囲で雪か雨になると予想される。

8d670398.jpg

*+*+ 産経ニュース +*+*
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140216/dst14021620260014-n1.htm



今週も南岸低気圧で雪の可能性…関東甲信など18~20日ごろの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/05(木) 21:18:35.53 ID:???0

★来年の花粉、日本海側と関東甲信は非常に少ない見込み
(2013/12/5 12:50)

日本気象協会は、2014年春の花粉について飛散予測を発表した。
スギ、ヒノキ、シラカバ(北海道)の飛散予測を中心にしている。

飛散開始時期は、例年並みかやや遅く、2月上旬からとしている。
当初は、九州や東海から花粉シーズンが始まる見込み。
予測より早く飛ぶ場合もあるので、1月下旬から警戒が必要としている。

http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/626/424/k01_s.jpg
2月上旬から花粉の飛散が始まる

花粉の量については、昨年の飛散量が多かったことから、今年は少ない傾向にあるとしている。
九州から東北地方にかけては前年より少なく、特に本州の日本海側と関東甲信地方は少ないと見込んでいる。
関東を中心に、昨年の50%以下である「非常に少ない」と予想している地域も多い。
北海道は昨年の飛散量が少なかったため、前年よりは多くなる見込み。

http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/626/424/k03_s.jpg
昨年と比べた花粉量。少ない地域が多い

2004年から2013年の平均値である例年比で見ても、東日本を中心に、例年の50%~90%程度に留まる地域が多い。
一方、北海道と、日本海側を除く西日本は、例年の110%~150%の「やや多い」とされる地域が多い。

http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/626/424/k02_s.jpg
例年と比べた花粉量。東日本は少なめ、北海道と西日本は多め

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20131205_626424.html
5b827d9e.jpg



来年の花粉、日本海側と関東甲信は非常に少ない見込みの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ