理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

男性

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/24(水) 22:24:55.76 ID:???

朝食抜く男性は心臓まひのリスク高まる、米研究
2013年07月23日 12:34 発信地:ワシントンD.C./米国

【7月23日 AFP】朝食を抜く男性は、心臓まひなど死に至る心臓病にかかるリスクが高まるとする論文が22日、米研究チームにより発表された。

研究では、45~82歳の男性約2万7000人を対象に、1992~2008年までの健康状態を追跡調査した。

その結果、朝食を食べない男性は食べる男性に比べ、心臓まひや死を招く冠動脈性心疾患にかかるリスクが27%増加することがわかった。
朝食を食べない男性は若年層に多く、「喫煙者、フルタイム勤務、未婚、体を動かす機会が少ない、飲酒量が多い」などの傾向が強いという。

米ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health、HSPH)の研究員で論文の主著者のリア・ケーヒル(Leah Cahill)氏は、
「朝食を抜くと、肥満、高血圧、高コレステロール、糖尿病などの危険因子を1つないしそれ以上招くことになり、それが時を経て心臓まひを起こすことがある」と指摘。
「朝食を抜かないで欲しい。朝食を食べることは、心臓まひのリスクを下げることにつながる」と助言した。(c)AFP

cbd40561.jpg

▽記事引用元 AFPBBNews2013年07月23日 12:34配信記事
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2957397/11072296

▽関連
Harvard School of Public Health
Skipping breakfast may increase coronary heart disease risk
http://www.hsph.harvard.edu/news/features/skipping-breakfast-may-increase-coronary-heart-disease-risk/



【医学】朝食抜く男性は心臓まひのリスク高まる/米ハーバード公衆衛生大学院の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: コドコド(東京都) 2013/07/15(月) 16:22:29.18 ID:z5B18vOz0● BE:452728883-PLT(12001) ポイント特典

男女において、“相性の良さ”というのは、生活を共にしていく上で外せないポイントです。ただし、その人との相性は、ある程度の時間を過ごしてみないとわからないもの。
ところが! 
「男女の相性は、外見で判断できます」と語る手相占い師の暁さんによると、相性は一発で見分けられるそう。
暁さんは、多くの芸能人や大物業界人の未来を読み取り、その人の問題点を鋭く言い当てる人気占い師。脳科学に基づいた実践的なアドバイスが人気の秘密ですが、今回はそんな暁さんに“外見でわかる男女の相性”をご教授いただきました!
ポイントはなんと、“髪の分け目”! どういうことか、詳しくお伝えします。

■ 髪の分け目に人が出る
「髪の分け目が左にあるタイプはロジック型で、物事を論理的に判断します。分け目が右にある人は感情型。好きか嫌いかで判断します」
なるほど。よーく見ると、分け目は必ずどっちかに寄っているそうです。
「おでこを出してる人は、どのタイプでも受け入れる開放型です。誰とでも対応できる、オールマイティー型。男女だったら、自分の髪の分け目と逆の人かおでこを出してる人を選んだほうがいいですね」
カップルがお互いにロジック型、もしくは二人とも感情型だと、解釈がかぶるので、いつか衝突してしまうとのこと。

■ 髪の分け目で、口説き方も変わる
髪の分け目診断は、相手を口説くときにも有効利用できそうです。
「分け目が右側にある“感情型”タイプの男性を口説くのであれば、情熱で攻めるべし。その人のことがいかに好きかを熱心にアプローチすれば絶対に落ちます。
反対に、分け目が左側にある“ロジック型”タイプの男性を口説くときは、身の回りの“武装”をしていかないとダメ。
学歴がなくても職業がすごいとか、しっかり自分をアピールしないと落とせません」
例えば分け目が左のロジックタイプにいくら好きだとアピールしても、あまり効果は期待できないということになります。

ということで、暁さん直伝の“髪の分け目診断”についてお伝えしましたが、いかがでしたか? 
相手のタイプによって、どんなアプローチが効果的か、さりげなく相手の“髪の分け目”をチェックしておきたいですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/7859036/
images



なんと「髪の分け目」で男女の相性がわかってしまうと判明!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: マンクス(愛知県) 2013/07/10(水) 15:13:56.52 ID:+ZPbtJep0● BE:613586333-PLT(12100) ポイント特典

画像
11
12

http://tnewsimg.rolo.vn:8080/0/7/eizowdj7.jpg
http://www.thetallestman.com/images/zhaoliang/zhaoliang%2819%29.jpg

【AFP=時事】中国・河南(Henan)省に暮らす身長255センチの男性が、人工股関節置換手術を受けるために入院した。
同省の地元紙、鄭州晩報(Zhengzhou Evening)が8日、報じた。
王さんは下垂体にできた腫れ物の影響で巨人症を患っている。

詳細 2013/7/9
http://news.livedoor.com/article/detail/7840287/



【速報】 人間が巨人化する病気が発生の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 一般人φ ★ 2013/07/02(火) 23:46:42.98 ID:???

【7月2日 AFP】オーストラリアで数世紀前のものとみられる白人男性の頭蓋骨が見つかり、豪東海岸に最初に上陸した欧州人は18世紀英国の探検家、「キャプテン・クック(Captain Cook)」ことジェームズ・クック(James Cook)船長だとするこれまでの定説を疑問視する声が上がっている。

 頭蓋骨は2011年、ニューサウスウェールズ(New South Wales)州北部で見つかった。警察は当初、猟奇的な殺人事件として捜査を行う予定だったが、科学分析の結果、その頭蓋骨は予想以上に古いものだったばかりか、1650年頃に生まれた白人男性のものである可能性が高いことがわかった。
エンデバー(Endeavour)号に乗ったクック船長が豪東海岸に上陸した1770年よりもずっと以前ということになる。

 しかし、歴史家らの態度は慎重だ。考古学者のアダム・フォード(Adam Ford)氏は地元紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)に対し、「欧州からの入植者の歴史を書き換える前に、考慮しなければならない問題がたくさんある。
特に、(頭蓋骨)発見時の状況だ」と話した。「頭蓋骨の状態が良く、しかも頭蓋骨しか見つかっていないということは、収集家のコレクションであった可能性が容易に推測できる。頭蓋骨は19世紀に収集家の間でとても人気がありましたからね」(c)AFP

▽画像 オーストラリア・ニューサウスウェールズ(NewSouthWales)州北部で2011年に見つかった白人男性の頭蓋骨(2013年7月1日公開)。
(c)AFP/DANIELCUMMINS
11

http://img.afpbb.com/i-img/image_for_msafari.php?article_id=10992127&mode=normal_detail&.jpg

▽記事引用元 AFPBB News( 2013年07月02日 11:16)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2953881/10992127



【人類】オーストラリアで17世紀生まれと見られる白人の頭蓋骨を発見、入植者の歴史に疑問符の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/06/17(月) 22:09:10.42 ID:???

閉経の原因は男性が若い女性を好むから?研究論文
2013年06月16日 19:14 発信地:ワシントンD.C./米国

4

【6月16日 AFP】女性が閉経する原因は、男性がパートナーとして若い女性を好む傾向があるからかもしれない
━━こんな論文が13日、科学誌プロス・コンピュテーショナル・バイオロジー(PLOS Computational Biology)に掲載された。

論文の著者の1人、カナダ・マクマスター大学(McMaster University)のラーマ・シン(Rama Singh)教授(進化遺伝学)は
「女性がいくつになっても出産することができ、男性がパートナーとして高齢の女性を避ける傾向がなければ、女性は男性と同様、生涯にわたって生殖能力を維持しているはずだ」と語り、高齢の女性が子供を産めなくなるのは、子育ての手伝いをすることによって一族の生存を助けるためだという説(おばあさん仮説)には納得できないと述べた。

そこでシン教授は、男性は高齢になっても若い女性パートナーを求めるため高齢女性にとってはパートナーとなり得る男性が少なくなって生殖ができなくなり、このため閉経という現象が生まれたという仮説を立てた。

シン教授らの論文は、男性がパートナーとして若い女性を求めることが女性の遺伝子の変異につながり、その積み重ねが生殖能力に悪影響をもたらして閉経をもたらした可能性があることを、コンピューターモデルも使って示した。

■同意しない専門家も

閉経が主にヒトに起こる現象だとみられることに疑問を呈したシン教授の主張は、多くの人を驚かせたものの、すべての専門家を納得させたわけではない。
米ニューヨーク大学医学部(New York University School of Medicine)のスティーブン・ゴールドスタイン(Steven Goldstein)教授(産婦人科学)は、「同意できない」とこの説を一蹴した。

「ヒト以外の霊長類にも閉経はある。ただし、こうした霊長類の閉経後の平均余命は非常に短い。おおむね1850年代まではヒトも同じだった。
1850年の平均閉経年齢は46歳、平均寿命は50歳で、チンパンジーやゴリラのものと、より近かった」という。

今回の研究には参加していないゴールドスタイン教授はAFPに対し、
「浄水や抗生物質などといった科学の進歩が人間の寿命を大幅に延ばした、というのがより正確な説明だろう。
高等霊長類における生殖能力の喪失は常に寿命が尽きる直前に起きていた。
女性が長生きするようになったのは、現代社会が発展したからにすぎない」と述べた。

シン教授らの論文はプロス・コンピュテーショナル・バイオロジーのウェブサイト上で
「オープンアクセス」として公開されており、自由に読めるようになっている。(c)AFP
________________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年06月16日 19:14配信記事
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2950568/10915515

▽関連
PLOS Computational Biology
Mate Choice and the Origin of Menopause
http://www.ploscompbiol.org/article/info:doi/10.1371/journal.pcbi.1003092



閉経の原因は男性が若い女性を好むから?研究論文の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ