理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

疾患

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: おばさんと呼ばれた日φ ★ 2014/01/08(水) 23:35:05.75 ID:???0

九州大の歯学部と医学部の研究グループが、抜けた乳歯から様々な細胞に分化する幹細胞を取り出し、先天性の肝臓疾患の治療などに応用する研究を本格化させる。

【画像】
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140108-989364-1-L.jpg 


2014年度にミニブタを使い、乳歯幹細胞から作製した肝臓細胞を移植する試験を始める。研究グループは「捨てられる乳歯なので倫理面の問題がなく安全性も高い。将来的には人への治療につなげたい」としている。

研究に取り組んでいるのは山座孝義・歯学部講師(口腔こうくう解剖)と田口智章・医学部教授(小児外科)らのグループ。

歯の中心部の歯髄に幹細胞はあり、神経など様々な細胞に分化することが分かっている。米国などのほか、日本でも岐阜大などが研究に取り組んでいる。

九大グループは09年、研究に着手。肝硬変を起こしたマウスに移植する実験では、肝硬変が治ったことを確認したとしている。作製の際に遺伝子を組み込むiPS細胞(人工多能性幹細胞)は発がんの恐れが指摘されているが、歯髄幹細胞は発がんリスクが低く、凍結保存した乳歯でも分化は確認されたという。

ソース
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140108-OYT8T00736.htm
87f431e6.jpg



抜けた乳歯から幹細胞、肝臓治療へ…九州大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/01/05(日) 17:08:49.64 ID:???0

インドの首都ニューデリーで呼吸器疾患の症状を訴え、病院に駆け込む患者が急増している。
中国よりも大気汚染が深刻で、ニューデリーでは最大で年間1万6200人が早死にするとされる。

気温の低下とともに、PM2.5やPM10など人体に有害な微小粒子状物質が地表近くの大気に滞留するためだ。

内陸にあるニューデリーは12~1月、有害物質を含んだ濃い霧に覆われる。
数十メートル先が見えないこともあり、航空機の遅延や欠航など交通機関への影響も大きい。

世界保健機関(WHO)の統計によると、中国でPM10汚染が最も深刻とされ、2009年の年間平均濃度が1立方メートル当たり150マイクログラムの甘粛省蘭州市でさえニューデリーを下回る。

インド政府機関によれば、ニューデリーでは10年、PM10の年間平均濃度は同261マイクログラムで、WHO環境基準の13倍。05年から2倍近く増えた。

冬季ではPM10の1日平均濃度が470マイクログラム、PM2.5が270マイクログラムを超える日が続く。
PM2.5のWHO環境基準は1日平均25マイクログラムで、ニューデリーの汚染はその11倍に当たる計算だ。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014010500079
images



【インド大気汚染】 中国より深刻の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 再チャレンジホテルφ ★ 2014/01/05(日) 13:11:28.51 ID:???0

 【上海=河崎真澄】深刻化する中国の大気汚染問題で、復旦大学(上海)の研究グループは産経新聞の取材に対し、心臓など循環器系で疾患を引き起こす危険性のある微小粒子状物質として、「PM0・5」の存在を指摘し、中国当局に大気汚染の監視範囲を広げるよう求めていく意向を明らかにした。
注目されている「PM2・5」よりも粒子の直径が小さいため、肺の奥まで侵入して血液中に流れ込み、心臓や弁などに障害を与えることが懸念されるという。

 大気汚染をめぐり、中国では急性気管支炎など呼吸器系の健康被害を訴える患者が急増。
また、世界保健機関(WHO)の専門組織は昨年10月、「がんの原因になる」との初の研究結果を公表していた。さらにPM0・5により循環器系の疾患リスクも高まることが確かめられれば、大気汚染の健康被害問題は一段と深刻さを増すことになる。

 PM0・5の研究を進めているのは復旦大学の●(=もんがまえに敢)海東(かん・かいとう)教授(公共衛生学)らのグループ。
中国の北部で昨年、大気汚染状況と住民の疾病発生状況との関連性を調べたところ、大気中に含まれる汚染物質の粒子が小さく、かつその濃度が高い地域ほど、循環器系疾患を抱える住民が多いとの結果を得たという。

>>2へ続く

ダウンロード

2014.1.5 11:55
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140105/chn14010511550000-n1.htm



PM2・5より怖い「PM0・5」 大気汚染の健康被害「循環器系」にも 上海の研究グループの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/12/25(水) 23:57:11.61 ID:???

2013年 | プレスリリース
精神疾患の原因となるゲノム領域の90%以上に存在する特殊な遺伝子を発見
2013年12月24日 17:00 | プレスリリース , 受賞・成果等 , 研究成果

遺伝情報を担うゲノム上の領域が突然変異により重複・消失することで、各々の遺伝子の数が個人によって違っていることがあります(コピー数多型)。

ほとんどのコピー数多型は無害ですが、統合失調症、自閉症、知的障害、うつ病といった精神疾患の原因となるコピー数多型が報告されています。
しかしながら、これら疾患に関わるコピー数多型中には複数の遺伝子が含まれる場合が多く、真に原因となる遺伝子を特定するのは困難でした。

東北大学大学院生命科学研究科生物多様性進化分野の牧野能士助教はイギリスとアイルランドの研究グループと共同で、精神疾患の原因となるコピー数多型と健康な人が持つコピー数多型を比較し、特定のタイプの遺伝子群が精神疾患に強く関わることを突き止めました。

牧野助教らは、脊椎動物の初期進化で起きた全ゲノム重複に由来する遺伝子「オオノログ」に着目し、
精神疾患の原因となるコピー数多型の90%以上がオオノログを保持していることを発見しました。
今回の研究成果は、オオノログを含むゲノム領域の重複や消失が精神疾患を引き起こすことを示唆しています。

今後、オオノログに着目することで、コピー数多型中の疾患原因遺伝子の効率的な同定が期待されます。
本研究成果は、12月23日の米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載されました。

3

▽記事引用元 東北大学 プレスリリース 2013年12月24日 17:00配信
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2013/12/press20131224-01.html

詳細(プレスリリース本文) pdfファイル
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20131224_01.pdf

▽関連リンク
PNAS
Ohnologs are overrepresented in pathogenic copy number mutations
http://www.pnas.org/content/early/2013/12/24/1309324111



【医学】精神疾患の原因となるゲノム領域の90%以上に存在する特殊な遺伝子を発見/東北大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ナガタロックII(宮城県) 2013/12/14(土) 08:25:54.08 ID:8TKA7mZg0 BE:2164659438-PLT(22236) ポイント特典

1:原因不明の体重の減少
ダイエットもしていないのに10ポンド(約4.5キロ)以上も体重が減ったり、急に食欲が減退したりすることは、最も一般的ながんの初期症状だと医師は言う。
米国癌学会(ACS)によると、これらの兆候はすい臓、胃、食道、肺のがんが疑われるとか。

2:いつまでも続く微熱
白血病、ホジキン病、非ホジキンリンパ腫の初期に見られる症状。

3:悪化する疲労感
1日のうち、3~4時間程度の昼寝をしないと夜まで起きていられないほど疲れている人はがんを疑ったほうが良い。
ACSの報告では、大腸がん・胃がんによる失血や、白血病に冒された場合にこういった症状が見られるという。

4:いつまでも皮膚疾患が治らない
皮膚の炎症や発疹などがなかなか快癒しないとき。
クリーブランド病院でがんを専門としているデール・シェパード博士によると、頭皮にできた湿疹がなかなか治らず、検査したところ大腸がんが見つかった男性がいたという。

5:飲み込みにくい、声が枯れる
治らない唇の炎症、出血、口の痛みもしくは麻痺、慢性的なのどの痛みなどとともにこの症状が現れた場合、口腔がんの可能性がある。

>>2以降へ
18



癌の兆候 痩せる・微熱・疲労感・皮膚疾患・声がれ・口内炎などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/12/10(火) 10:13:44.57 ID:???

“澄んだ目”保つタンパク質発見 京都府立医大と同志社大

京都府立医大と同志社大の共同研究グループは、目の角膜を透明に保つ働きがあるタンパク質を特定したと発表した。
角膜の透明性は澄んだ目を維持するのに必要で、角膜疾患の治療薬開発が期待されるという。
米科学誌のオンライン版に10日掲載される。

研究グループは、人間の角膜の細胞の一部で「LRIG1」というタンパク質が活発に働いていることを発見。
このタンパク質を作り出せないようにしたマウスを観察すると、徐々に角膜が白濁し、最終的に失明した。

さらに詳しく調べると、LRIG1は別のタンパク質の働きを妨げることで、角膜の透明性を保っていることが判明した。

また、再生医療で人工多能性幹細胞(iPS細胞)などから角膜の細胞を作製した場合、LRIG1が十分に働いているかどうかを調べることで、
角膜細胞としての質を検証する「指標」にすることができるとしている。

研究の中心となった同志社大生命医科学部の中村隆宏准教授(眼科学)は「今後、さらに詳しく角膜の仕組みを解明し、少しでも早く新しい治療法を実現したい」と話している。

6

http://sankei.jp.msn.com/images/news/131210/wlf13121008530005-p1.jpg

msn産経ニュースwest 2013.12.10 08:50
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131210/wlf13121008530005-n1.htm



【医療】“澄んだ目”保つ 角膜を透明に保つ働きがあるタンパク質を特定 京都府立医大と同志社大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ