理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/11/09(月) 16:12:06.27 ID:???*.net
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151109-OYT1T50037.html
2015年11月09日 15時52分

厚生労働省は来年早々にも、有効な治療法のないがんや難病などの重篤な患者らが、未承認薬の治験(臨床試験)に人道的見地から参加できる制度を創設する。
別の持病があるなど治験対象外の患者でも参加でき、患者の経済的負担も軽くすむ点が特徴だ。患者は最先端の治療薬に回復の望みを懸けることが可能になる。

同省は年内に関係省令を改正する。新制度の対象は、最終段階の治験が行われている未承認薬。初期段階の治験で、副作用に関する安全性や効果などが一定程度確認されているためだ。

ダウンロード


引用元: 【社会】最先端の薬治験、治療法ない重篤患者受け入れ

最先端の薬治験、治療法ない重篤患者受け入れの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/11/06(金) 18:34:47.65 ID:???*.net
長寿の秘密は漢方にあり? 家康愛用、万能薬を再現
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015110601001115.html

 静岡市葵区の薬剤師鈴木寛彦さん(48)が、徳川家康が常備薬として飲んでいたとされる秘伝の漢方を再現した。
400年前に70代半ばで没した家康について、鈴木さんは「体のケアを怠らなかったのが長寿の秘訣ではないか」と話している。

 家康が飲んでいたとされるのは無比山薬円という丸薬。胃腸を整える赤石脂、血圧を下げる杜仲など12種類の生薬を配合し、中国・宋時代の医学書にも「内臓機能低下から頭痛、目まいまで治せないものはない」と記されている。
家康が棚の8段目に常備していたことから、通称八之字と呼ばれていた。

 再現するきっかけは2年前に寄せられたテレビ局からの依頼だった。大学の非常勤講師を務め、漢方薬の歴史にも詳しかった鈴木さんは当時の書物などを参考にすぐに取りかかった。

 取っ手の付いた車輪で生薬をすりつぶす薬研など道具も当時のものを使用。10時間以上かけて粉末状にすると、蜂蜜を煮詰めたものと混ぜ、直径5ミリほどにまるめた。

続きはソースで

ダウンロード (2)

引用元: 【健康】長寿の秘密は漢方にあり? 家康愛用、万能薬を再現

長寿の秘密は漢方にあり? 家康愛用、万能薬を再現の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/11/07(土) 21:59:06.96 ID:???*.net
米国の生物学者らが驚異的な寄生虫を発見。
この寄生虫はなんと人体に入り込み、悪性腫瘍に変化することがわかった。

この寄生虫が見つかったのは41歳のコロンビア人。この男性はエイズにも感染しており、腸内には小型の条虫がうじゃうじゃ寄生し、しかも肺、リンパ系はガンで侵されている。リアノーボスチ通信が報じた。

がん細胞が通常の細胞より極端に小さいことに驚いた研究者らがこれを分析に出すと、その細胞は人間のものではないことが判明した。

images (1)


http://jp.sputniknews.com/science/20151107/1136784.html

引用元: 【国際】ガン細胞に変化する寄生虫を発見 米国の生物学者ら

ガン細胞に変化する寄生虫を発見 米国の生物学者らの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/11/06(金) 18:36:32.25 ID:???.net
抗がん剤効かない患者、免疫細胞活性化薬が効果 (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151106-00010004-yomidr-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20151106-00010004-yomidr-000-3-view.jpg


 従来の抗がん剤が効かない患者に、がんを攻撃する免疫細胞を活性化する薬を投与する小規模な臨床試験(治験)で、一定の効果が確認されたと、愛知医科大と国立がん研究センターなどの研究チームが、米医学誌に発表した。

 チームは治験規模を拡大して効果を詳しく調べ、早期の実用化を目指す。

 一部のがんでは、「制御性T細胞」(Tレグ)と呼ばれる細胞が過剰に働き、がんを攻撃する免疫細胞の機能を低下させることが知られている。そこで、チームは、Tレグを減らして免疫細胞を活性化し、がんをたたく作戦を試した。

 白血病の治療薬「ポテリジオ」に、Tレグを減らす作用があるとの研究報告が出たことが、治験検討のきっかけとなった。

 チームは2013年から、国立がん研究センターなど4か所で、肺がんや食道がんの患者10人にポテリジオを投与した。最長で約9か月間、経過を見たところ、全員、Tレグが減り、このうち、4人は、がんが一時、縮小したという。一部の患者で皮膚に発疹が出たが、重い副作用はなく、治療の安全性は確認できたとしている。

 Tレグの発見者は坂口志文・大阪大教授(免疫学)で、ポテリジオを開発したのは協和発酵キリン(本社・東京)だ。医療関係者の間では、日本発の研究成果と薬剤の組み合わせによる新しいがん治療法に発展する可能性を期待する声も出ている。

 近年、免疫の研究が進み、従来、効果が不十分とされていた「がん免疫療法」も見直されている。今回と異なる仕組みで、免疫細胞のブレーキを外す新薬も登場している。

 チーム代表の上田龍三・愛知医科大教授は「まだ安全性を確認した段階。ポテリジオ単独では治療効果が限られるので、他の薬剤と効果的な併用を検討していく」と話している。

ダウンロード (2)
 

引用元: 【医学】抗がん剤効かない患者、免疫細胞活性化薬「ポテリジオ」が効果 愛知医科大、国立がん研究センターなど

抗がん剤効かない患者、免疫細胞活性化薬「ポテリジオ」が効果 愛知医科大、国立がん研究センターなどの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/10/31(土) 10:25:14.71 ID:???.net
慶大、耐性がんに別の薬物投与し再び抗がん剤治療を有効にする治療法の臨床試験に成功:日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020151030eaad.html
日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=399561&lindID=5

画像
http://www.nikkan.co.jp/news/images/nkx20151030eaad.png


 慶応義塾大学医学部の大家基嗣(もとつぐ)教授や小坂威雄(たけお)専任講師らは、抗がん剤が効かなくなったがんに対し、別の薬剤の投与で再び抗がん剤が効くようにする新しい治療法の臨床試験に成功した。抗がん剤「ドセタキセル」が効かなくなった進行性の前立腺がんの患者に対して抗肝炎ウイルス薬「リバビリン」を併用し、5例中2例において前立腺がんのバイオマーカー(目印となる生体物質)の値が下がることを確認した。

続きはソースで

ダウンロード (2)



引用元: 【医療】耐性がんに別の薬物投与し再び抗がん剤治療を有効にする治療法の臨床試験に成功 慶大

耐性がんに別の薬物投与し再び抗がん剤治療を有効にする治療法の臨床試験に成功 慶大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/10/31(土) 18:46:02.56 ID:???*.net
毎日新聞 10月31日(土)10時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000020-mai-soci
2015/10/31(土) 12:10:33.68
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1446261033/
川島なお美さんが胆管がんで急逝、また北斗晶さんが乳がんを告白と、著名人のがんのニュースが相次ぎ、改めてがんの予防や治療への関心が高まっています。しかし、がん治療についての誤解や、科学的根拠のない代替療法の宣伝などが、インターネットを通して無限に拡散されているのが現状です。
「患者さんに害を及ぼす情報を放置してはいけない」と発信を続けている日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之医師に聞きました。【聞き手=編集部・中村好見】

 --川島なお美さんの訃報の後、「『抗がん剤の副作用でステージに立てなくなる可能性があるなら、私は最後まで女優として舞台に立ち続けたい』というのは、抗がん剤に対する誤解ですので残念です」という先生のツイッターやフェイスブックでの投稿は、大きな反響がありました。一歩踏み込んだ発言だと感じましたが、どのような思いで発信されたのでしょうか。

 抗がん剤に対する誤解が、さらに広まってしまうのではと危惧しました。この10年ほどの医学の急速な進歩で、抗がん剤の副作用対策はかなり進みました。僕の患者さんには、きちんと副作用管理をして、抗がん剤治療を受けながら仕事を続けている人が大勢います。それなのに「誰もが吐いて、髪の毛が抜けて、体がぼろぼろになって、寝たきり状態で仕事ができなくなってしまう」という世間の抗がん剤のイメージは、ほとんど変わっていません。もちろん、すべての副作用が無くなったわけではなく、不快な症状を伴うことはありますが、旧来の副作用のイメージとは大きく異なるのが事実です。そして患者さんの選択は尊重しなければなりません。
ただ、著名人の影響力は大きく、正しい情報を受けられていたのかが気になりました。
また、抗がん剤治療への誤解をあおるようなメディアの報道の仕方にも大きな問題があると感じました。

 --抗がん剤治療は、入院して受けるというイメージがありました。

 がんは、白血病などの血液がんと、それ以外の固形がんに分かれます。血液がんは抗がん剤だけで治る可能性があるので、連日強力な抗がん剤を投与するため、入院する必要があります。一方、固形がんの抗がん剤は、一部の治療を除いて、ほとんどが通院で受けることができます。通院治療が可能であれば、患者さんの生活の質(QOL)を保つことを考えて、通院で行うことが原則と思います。欧米では通院治療が主流です。

続きはソースで

ダウンロード (2)



引用元: 【医療】「抗がん剤は効かない」は本当か?★2

「抗がん剤は効かない」は本当か?の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ