理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

白色矮星

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/08(金) 17:55:03.82 ID:???.net
白色矮星に大量の「水」、海のある惑星の存在確率高まる 研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00000017-jij_afp-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_siggT_fV8d1S0LmqESudmeVilA---x600-y426-q90/amd/20150508-00000017-jij_afp-000-3-view.jpg
白色矮星(わいせい)「GD 61」に引き寄せられる小惑星の想像図(2013年9月11日提供、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News


【AFP=時事】深宇宙に存在する膨大な数の天体に大量の水が存在する可能性があるとの研究報告を7日、英ウォーリック大学(University of Warwick)などの天文学者チームが発表した。
生命誕生の材料を特徴として持つ地球に似た惑星が他にも存在する確率を理論的に上昇させるものとなるという。

 英国王立天文学会の学会誌「Monthly Notices of the Royal Astronomical Society、MNRAS」に掲載された研究論文は、白色矮星(わいせい)の大気中に、水を構成する2つの化学成分の水素と酸素が「大量に」発見されたことに基づいているという。

 スペイン・カナリア諸島(Canary Islands)にあるウィリアム・ハーシェル望遠鏡(William Herschel Telescope、WHT)での観測に基づく発見から、地球に多量の水が存在することは極めてまれな現象ではない可能性が出てきたと、ウォーリック大は発表した声明で述べている。

 この白色矮星には、地球の海にある水の約30~35%に相当する量の水がかつて存在していたと考えられており、そして水は、小惑星の衝突でもたらされた可能性が高いという。白色矮星とは衰退期にある老齢の恒星だ。

 同大は声明で「小惑星や彗星(すいせい)によって水がもたらされる現象は、地球で起きたのと全く同様に、多くの他の惑星系でも発生している可能性が高い」と説明しており、また「そのような(小惑星や彗星などの)天体によって地球に似た惑星に水がもたらされ、生命の形成に適した環境が作り出されることが起こり得る可能性に、今回の研究はさらなる裏付けをしている」としている。

続きはソースで

000
【翻訳編集】 AFPBB News

引用元: 【天文学】白色矮星に大量の「水」、海のある惑星の存在確率高まる

白色矮星に大量の「水」、海のある惑星の存在確率高まるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/01(金) 07:25:29.79 ID:???.net
銀河系の中心に星の墓場を発見、謎のX線を放出 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/043000079/

画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/043000079/ph_thumb.jpg
銀河系の中心部(写真中央から右寄りの白っぽい領域)は、巨大なブラックホールのある、混沌として謎めいた場所だ。新しい研究によると、この領域が放射する強力なX線は、死んだ星の集団から発生しているのかもしれない。(IMAGE BY NASA, ESA, SSC, SXC, AND STSCI)



 銀河系の中心部には、巨大なブラックホールがある。その周囲では恒星やガス雲が猛スピードで渦巻き、とても騒がしい場所だ。このほど天文学者が、この渦から高エネルギーX線のもやが立ちのぼっていることを突き止めた。X線は死んだ星から出ていると考えられる。この場所の星の数は非常に多く、星の墓場と言ってよいほどだという。論文は科学誌「Nature」に掲載された。

 X線は銀河系の中心部のブラックホールのまわりに集中していて、直径13光年、厚さ26光年の領域から出ている。論文の筆頭著者である米ハバフォード大学のカースティン・ペレス氏は、「問題は、このX線のもやがどこから来ているかということなのですが、私たちにはまだ分かりません」と言う。

 恒星がブラックホールに近づきすぎると、ずたずたに引き裂かれて、飲み込まれてしまう。こうした「事件」の発生を知らせるのは強烈な電磁エネルギーの放出だ。ブラックホールは友好的な隣人ではない。(参考記事:「星を食らうブラックホール」)

 ブラックホールが食事をしていないときにも、銀河系の中心部はエネルギーに満ち、絶え間なくX線を放出している。

 ペレス氏らは、X線源はまだ特定できていないと言っていたが、説明する方法が思いつかないわけではない。「いくつかの仮説があって、どれも否定することができないのですが、それぞれに問題があるのです」

 1つの大きな仮説は、死んだ星が周囲を回る伴星から物質を引き込んでいるというものだ。

 死んだ星は白色矮星かもしれない。白色矮星とは、太陽に似た恒星が潰れてできた小さな高密度の燃えかすだ。伴星から剥ぎ取られたガスが白色矮星に降着した途端、蒸発してX線などの
エネルギーを爆発的に放出する。

 けれども、ペレス氏らがNuSTAR望遠鏡で観測したような高エネルギーX線を作り出すには、白色矮星のもとになる太陽に似た恒星の質量はもっと大きくなければならない。そして、銀河系のX線シグナルの強度を説明するには、このような白色矮星の数が少なすぎる。

続きはソースで

no title

文=Michael D. Lemonick/訳=三枝小夜子

引用元: 【銀河天文学】銀河系の中心に星の墓場を発見、謎のX線を放出 巨大ブラックホールの周囲にある白色矮星の集まりか

銀河系の中心に星の墓場を発見、謎のX線を放出 巨大ブラックホールの周囲にある白色矮星の集まりかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/21(火) 00:33:50.25 ID:???.net
掲載日:2015年4月20日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/20ngc6388/index-j.shtml

 発見はまず、天文衛星「インテグラル」がさそり座の球状星団NGC 6388に新しいX線源を検出したことから始まる。
以前の観測でこの球状星団の中心にブラックホールがあることが示唆されていたため、X線はブラックホールに流れ込む高温ガスから発せられていると考えられた。しかし「チャンドラ」で観測を行ったところ、このX線源の位置が中心からずれていることが明らかになった。

画像
球状星団NGC 6388。チャンドラとハッブル宇宙望遠鏡による観測データから作られた擬似カラー画像
(提供:X-ray: NASA/CXC/IASF Palermo/M.Del Santo et al; Optical: NASA/STScI)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/20ngc6388/attachments/ngc6388.jpg

 さらに衛星「スウィフト」が約200日間にわたってX線の強度変化を追い続けたところ、X線が弱くなっていく様子は、惑星が白色矮星に破壊されたとする理論モデルと一致していた。惑星の質量は地球の3分の1ほどで、元は別の星の周りを公転していたとみられている。球状星団の中心部には星が密集しているため、それらの影響で惑星は親星と離れ離れになる。そして惑星が白色矮星の近くを通りかかったときに、強い重力の影響で粉々に破壊されてしまったようだ。

続きはソースで

no title


<参照>
White Dwarf May Have Shredded Passing Planet | NASA
http://www.nasa.gov/mission_pages/chandra/white-dwarf-may-have-shredded-passing-planet.html

引用元: 【天文】球状星団中で起こった惑星破壊 - チャンドラなど観測

球状星団中で起こった惑星破壊 - チャンドラなど観測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/19(木) 01:18:12.42 ID:???.net
掲載日:2015年3月18日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/03/18suzaku/index-j.shtml

画像
すざくがとらえた超新星残骸「3C 397」のX線画像。可視光・赤外線の背景画像と合成
(提供: X-ray: NASA/Suzaku/Hiroya Yamaguchi et al. and NASA/CXC/Univ. of Manitoba
/Samar Safi-Harb et al.; optical: DSS; infrared: NASA/JPL-Caltech)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/03/18suzaku/attachments/3c_397.jpg

 NASAおよび米・メリーランド大学の山口弘悦さんらの研究チームはX線天文衛星「すざく」を使って、わし座の方向約3万3000光年彼方にあるIa型超新星残骸「3C 397」を観測した。 Ia型超新星とは、白色矮星(恒星の燃えかす)を含む連星系での爆発的核融合による超新星爆発で、ケイ素やカルシウム、鉄など私たちの人体と生活に欠かせない元素が生成される。

 今回「すざく」はこの天体から初めて、クロム、マンガン、鉄、そしてニッケルによる輝線の検出に成功した。
とりわけニッケルの全質量は太陽の重さの1割に相当し、過去に観測された他の超新星残骸と比べて3倍から5倍という膨大な量だ。

画像
「すざく」が観測した「3C 397」のX線スペクトル(提供:Hiroya Yamaguchi et al.
/NASA Goddard Space Flight Center。以下同)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/03/18suzaku/attachments/spectrum.jpg

 白色矮星は、主に炭素と酸素で構成されている。通常の元素はそれぞれ陽子と中性子の数が等しいが(炭素は6個ずつ、酸素は8個ずつ)、超新星爆発時にそれらを材料とした核融合で生成されたはずのニッケルは、陽子よりも中性子の数が2個多い。この差分の中性子はどこから来たのか。

続きはソースで

000


<参照>
Ia型超新星残骸3C 397
http://www-cr.scphys.kyoto-u.ac.jp/research/xray/press20150317_3C397/

引用元: 【天文/原子核物理】超新星残骸に大量のニッケル 究極的核融合プロセスの初証拠 - 京大

超新星残骸に大量のニッケル 究極的核融合プロセスの初証拠 - 京大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/10(火) 23:53:04.73 ID:???.net
掲載日:2015年3月10日
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150309/438433/

連星の一方が超新星爆発を起こした際、もう一方が高速で弾き飛ばされる様子(CG)。
(NASA, ESA, and P. Ruiz Lapuente (University of Barcelona); Cut and colored by S. Geier)

The Galaxy's Fastest Star US 708 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=4X3Tao1PgyU



 ある星がいま時速420万キロという超高速度で天の川銀河を脱出しようとしている。3月5日、科学誌「サイエンス」に発表された最新の研究成果によると、これまで見つかった星の中では最高の移動速度だという。

 超高速度星はこれまでにも発見されているが、その多くは天の川銀河の中心にあるブラックホールの巨大な重力に弾かれるように、銀河の外に向かって投げ飛ばされたとされる。一方、今回観測対象となった星「US 708」はそうではないようだ。高速軌道に乗ったきっかけは、星の爆発の一種である「Ia(いちエー)型超新星」だという。単に「超新星爆発」とも呼ばれ、強さ、明るさともに宇宙で最大級のエネルギーのさく裂だ。Ia型超新星爆発が起こる理由はまだはっきりしないが、超高速で疾走中のUS 708が重要なヒントを与えてくれるかもしれない。

|異例の軌道

 超新星が宇宙のはるか遠くからでも観測できるほど激しい爆発になるのはなぜか、多くの天文学者が解明を目指している。専門家の間では、この現象を白色矮星の爆発とみる考えが有力だ。年老いた星が膨張して赤色巨星になり(太陽も約50億年後にはそうなると予想される)、外層を失うと白色矮星が残る。

 この白色矮星に、対をなす伴星からの物質が大量に降り注ぎ、その量が限界に達すると熱核爆発を起こすというのが1つの仮説だ。また、2つの白色矮星が衝突してIa型超新星爆発が起こるとも言われる。そして2013年には、ある発見により第3の可能性が示された。ヘリウムを大量に有する高温準矮星のすぐ近くを公転する白色矮星が見つかったのだ。白色矮星にヘリウムが降り注げば、熱核爆発は容易に起こり得る。

 ヨーロッパ南天天文台(ESO)のステファン・ガイアー氏らのチームはそのような星をとらえようと、高性能を誇るハワイのケック天文台を利用。高速で移動する高温準矮星US 708に照準を合わせた。その結果、移動速度が驚くほど速いことが判明。
さらに軌道を計算すると、天の川銀河の中心にあるブラックホールから飛ばされてきた場合とは明らかに違う方向から来ていることが明らかになった。つまり、US 708はIa型超新星によって飛ばされた可能性が大きい。ガイアー氏はさらなる証拠として、「US 708は非常に速く自転していることから、かつてもう1つの星と対になり、近い距離で連星として軌道運動していたことを示しています」と指摘する。

続きはソースで



11


<参照>
US 708: Hypervelocity Star Ejected by Supernova Breaks Galactic Speed Record | Astronomy | Sci-News.com
http://www.sci-news.com/astronomy/science-us708-hypervelocity-star-supernova-galactic-speed-record-02571.html

The fastest unbound star in our Galaxy ejected by a thermonuclear supernova
http://www.sciencemag.org/content/347/6226/1126

引用元: 【宇宙】時速420万キロ、宇宙最速の星を発見 ダークエネルギーの解明につながると期待

時速420万キロ、宇宙最速の星を発見 ダークエネルギーの解明につながると期待の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/02(土) 04:52:44.11 ID:???.net
超新星爆発、表面の核反応きっかけ 京大など観測

観測結果を基にした超新星爆発に至るイメージ図。Ⅰa型の白色矮星(右)に近くの星(左)から物質が流入し、表面で核反応が始まる=ESA and Justyn Maund, QUB提供
http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2014/08/2014080113144381sinsei.jpg

 太陽のような重さの恒星が最後に起こす超新星爆発のメカニズムの一端を、京都大理学研究科の前田啓一准教授や欧州の国際研究グループがインテグラル宇宙望遠鏡によるガンマ線観測結果から解明した。爆発のきっかけとなる核反応は、従来考えられていた星の内部ではなく、表面で起こっていた。米科学誌サイエンスで1日発表する。

 グループは、さまざまな超新星爆発のタイプのうち、1千万光年離れた場所で、太陽と同程度の重さの星が白色矮星(わいせい)になって爆発する「Ⅰa型」を1月に観測した。
核反応で放出されるガンマ線をⅠa型で初めて検出することに成功。爆発から早い段階で観測したことから、星の表面で放出されたと結論づけた。

 今回の結果を受け、Ⅰa型では、近くの星から白色矮星の表面に流れ込んだ物質の中でまず核反応が始まり、中心付近まで伝わって星全体が吹き飛ぶような爆発が起こっている可能性が考えられるという。前田准教授は「宇宙初期にどのような星があったのかを調べる手掛かりになる」と話している。

【 2014年08月01日 13時29分 】

ソース:京都新聞(2014年08月01日)
超新星爆発、表面の核反応きっかけ 京大など観測
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20140801000064

論文:Science
Roland Diehl, et al. Early 56Ni decay γ rays from SN2014J suggest an unusual explosion.
http://www.sciencemag.org/content/early/2014/07/30/science.1254738

プレスリリース:京都大学(2014年8月1日)
「目に見えない光」でIa型超新星の爆発機構を探る -予想外に早かったガンマ線放出をとらえた-
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2014/140801_1.htm

プレスリリース:Max-Planck-Institut fur Extraterrestrische Physik(July 31, 2014)
Igniting a supernova explosion
http://www.mpe.mpg.de/6136802/News_20140731

引用元: 【天体物理学】超新星爆発、表面の核反応きっかけ 京大など観測

超新星爆発、表面の核反応きっかけ解明  京大など観測の続きを読む

このページのトップヘ