理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

相互

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/12/28(月) 23:12:21.41 ID:CAP_USER*.net
ゆるまないネジが開発。ネジの歴史2000年の革命

12月21日放送、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)では、ゆるまないネジが登場したニュース。

ゆるまないネジ「L/Rネジ」が開発されたという。ゆるまないネジはネジの歴史2000年の中でも、壁を超えたという。
右らせん構造のナットと、左らせん構造のナットが同じボルトに入るため、お互いにストッパーになるためにゆるまないのだという。

「L/Rネジ」のボルトには、右回りで締めるナットと、左回りのナット、両方に対応した山が作りこまれている。
2つのナットは別々の動きをして、互いにぶつかると相手をロックする。そうしてゆるみを封じることでゆるまない構造を用いているのだ。


これは、ネジの歴史2000年の中でも革命的なものだ。一本のボルトに、右回転のネジ山と、左回転のネジ山が一緒に設けられている。
一本のボルトの同じ回転によって、ナットを右回りさせたり左回りさせたりできる。
このため、振動が加わってもネットが回転しつつボルトの回転により、もう一つのナットが逆回転することによって、お互いに反対方向に進む動きをするため、お互いに締め付け合う。
この原理によって、絶対にゆるまないネジが可能となった。


これまで、2000年のネジの歴史の中には、ゆるみにくいネジはあった。
だがそのどれもが、らせん構造を緻密に作りこんで摩擦力を強くすることで実現されてきたもので、あくまで「ゆるまない」ではなく「ゆるみにくい」にとどまっていた。

続きはソースで

ダウンロード


ソース
マイナビスチューデント
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20151226/Mycom_freshers__gmd_articles_28261.html


引用元: 【科学】ゆるまないネジが開発。ネジの歴史2000年の革命 [マイナビスチューデント]★2t

ゆるまないネジが開発。ネジの歴史2000年の革命の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/04(水) 20:56:42.98 ID:???.net
掲載日:2015年3月4日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150304/238557.html

no title


 京都大学、岡山大学教授、京都工芸繊維大学らの研究グループは3日、スマートフォンなどの携帯端末が近くの端末同士で相互に連携し、共同して基地局と通信する技術を開発したと発表した。

 これにより、多数の人が集まる場所で、携帯端末を一斉に使用しても通信速度が低下せず、通信できる。
今回開発された技術は、電車やバス内、イベント会場など、人が集まっていながら、相対的にはあまり動かない環境での利用に特に適しているという。

 従来、このような環境で多人数が一斉に通信を行うと、1人当たりの伝送速度が減少していた。しかし、新しく開発された技術を利用すると、多数の端末同士を連携させ、近距離の無線通信を用いて端末の受信信号を共有することで、基地局との通信容量を増加させることができ、1人当たりの伝送速度がほとんど低下しなくなる。

 現在の無線LANやLTE(Long Term Evolution)などが、MIMO(Multi-Input Multi-Output)伝送を利用しているが、この技術は、アンテナ数にほぼ比例した通信容量が得られる。

続きはソースで

(阪木朱玲)

<画像>
携帯端末が助け合って混雑を解消している様子(京都大学の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015030412023420big.jpg

<参照>
携帯端末が助け合って混雑を解消する技術の実証に成功 -増大するスマートフォンのデータ通信混雑解消に期待- — 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/150303_1.html

総務省|戦略的情報通信研究開発推進事業
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/scope/

引用元: 【技術/通信】京都大学など、電波の混雑時もスマホ同士の連携で速度が下がらない技術を開発

京都大学など、電波の混雑時もスマホ同士の連携で速度が下がらない技術を開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/08/29(金) 23:16:58.90 ID:???.net
ウィーン大学の研究グループは8月27日、量子もつれ効果を利用して被写体に一度も当たっていない光子を使い、猫の像を映し出すことに成功した。

 実験を行ったのはウィーン大学量子科学研究センターのツァイリンガー(Zeilinger)氏が指導するグループ。
量子もつれ効果(エンタングルメント)によって作られた粒子対はたとえどんなに離れていても相互に影響を及ぼす相関状態となり、量子暗号通信などの基本となっている。

 実験は、レーザー光を分割するビームスプリッター(ハーフミラー)と波長を変換する非線形結晶を組み合わせたもので、被写体からの光(実際にはビームの間に入れた切り抜きのシルエット)が撮像素子には届いていないにもかかわらず、量子もつれ効果による作用で猫のシルエットが映像化された。

 まだ遠隔映像(被写体からの反射した光子を使う)を撮影する「量子もつれデジカメ」と呼ぶにはまだ早い段階ではあるが、被写体から出る光子に依存しない情報によって映像を得ることはまったく新しいイメージング手段であり、さまざまな可能性を開くものとしている。

http://ascii.jp/elem/000/000/927/927839/
http://ascii.jp/elem/000/000/927/927836/cat_Praticia_Enigl_IQOQI_web_596x.jpg

引用元: 【物理】量子もつれ効果で猫を撮影、ウィーン大

【スゴイ!】量子もつれ効果で猫を撮影、ウィーン大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
【理系ニュースについて】
このサイトは理系に関する情報を様々な媒体から収集し、皆さんにご紹介するブログです。

管理人・・・理系好き
連絡先・・・コンタクトからご連絡下さい。

サイトURL・・・http://rikeinews.blog.jp/
RSSURL・・・ http://rikeinews.blog.jp/index.rdf

Twitter  ・・・https://twitter.com/rikei_news/
Facebook・・・https://www.facebook.com/rikeinews


当サイトの管理人は、ただの一般人で理系に関しては全くの素人ですので、所々おかしな表現があるかも知れませんが、どうか生暖かい目で見て下さい。

また理系とはありますが、理系・文系関係なく様々な人に情報を発信し、科学等に興味・関心を持ってくれる人が少しでも増え、日本の科学技術の発展や理解に繋がれば幸いだと思っております。
情報の選定は管理人の気になったものと気まぐれが基準となっております・・・

2012年9月8日
当初は管理人の趣味で、DTIブログにて2chまとめサイト『理系@速報』として主に管理人の友人向けに更新を開始。

2013年5月29日
理系のニュースを本格的に 外部に発信したいと思い、同じく2chまとめサイト『理系にゅーす』としてライブドアブログに移行。

2014年3月6日
2chの殆どが転載禁止となり、まとめサイトとは別の情報発信サイトを作製しようと思い、この理系ニュースが誕生。

つまり、まとめサイトの理系にゅーすとこの理系ニュースは同じ管理人のサイトです。


【免責事項等】 
当ブログは著作権及び肖像権の侵害を目的としたものではありません。 
当ブログに掲載された、各種文章・画像・動画・映像・音楽などの著作権は、各権利所有者・団体などに帰属致します。
当ブログにアップした、各種文章・画像・映像・音楽などに関しまして何か問題がある場合は、各権利所有者・団体ご本人様コンタクトよりご連絡をお願い致します。
確認後速やかに削除等の適切な対応をとらせて頂きます。
また、当ブログの利用、閲覧、リンク先によって生じたいかなる損害について一切の責任を負いません。 

使用している画像はフリー素材であり、画像自体もイメージで本文と関係ないものもあります。


【サイト運営者様】

当ブログと相互リンク・相互RSS、記事紹介等してくださっているブログ様、サイト様いつもありがとうございます。 また更新お疲れ様です。 

・当ブログはリンクフリーです。
リンク、RSS共にご自由に貼って頂いて結構です。
報告等も必要ありませんが、ご連絡頂ければ嬉しいです。 

当ブログは相互リンク・相互RSSを随時募集しております!!
相互をご希望のブログ様、サイト様は、当サイトのリンク・RSSを貴サイトにご登録頂いてから、コンタクトよりご連絡くださいませ。 
まだまだ小さいブログですが、アクセスをお返し出来るように頑張りますので宜しくお願い致します。 

また相互のご依頼は大変嬉しいのですが、ご期待に応えられない場合がございます。 
※公序良俗に反する(アダルト色が強いなど)ブログ様や、一定期間(一ヶ月程)更新のないブログ様等。 

当ブログからも相互の依頼を出すこともありますが、10日程経っても返信やアクセスが無い場合は、当ブログに相互の価値が無いと受け止め、設置したリンク・RSSを外して出直します。 

以上を踏まえ、このブログをご覧頂いた皆様に有意義なお時間をご提供出来るように、毎日の更新を頑張ります!!


【TOP絵募集】
理系ニュースでは、TOP絵を描いていただける方を募集しております。
描いてやってもいいよという方は、是非ご連絡ください。
どうぞよろしくお願いします。

当ブログ・免責事項・相互についての続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ