理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

砂塵

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/19(火) 18:03:22.01 ID:CAP_USER.net
恐竜、小惑星衝突の数千万年前から生存の危機 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3084455


【4月19日 AFP】恐竜は、最終的な絶滅に至る数千万年も前から生存の危機にすでに陥っていたとする研究結果が18日、発表された。恐竜の絶滅は、小惑星の衝突で発生した砂塵が生息環境に降り注いだことが原因と広く考えられている。

 地球上に存在した最後の時期に恐竜が健全な状態にあったかどうかをめぐっては、科学者らの間で、最盛期にあったとする説と、個体数の減少傾向が強かったとする説とで意見が分かれている。このほど、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された研究成果は、この議論に大きな影響を与えるものとなりそうだ。

 発表された今回の研究では、世界中の化石記録が詳細に調べられ、統計分析が実施された。その結果、太陽系初期の残骸である小惑星が、現在のメキシコにあたる地域に衝突するまでの少なくとも4000万年の間、さまざまな種の恐竜が、新個体の出現よりも速いペースの個体数の減少に見舞われていたことが示された。

 研究を主導した英レディング大学(University of Reading)の古生物学者、マナブ・サカモト(Manabu Sakamoto)氏は「この結果は予想外だった」と話す。「小惑星の衝突が、恐竜の最終的な絶滅を引き起こした最有力候補であることに変わりはないが、その一方で、恐竜が進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていたことが明白となった」

 その一例として、存在が知られている中で最大の陸生動物である首の長い草食性の竜脚類恐竜の個体数が、最速のペースで減少していたことを研究チームは発見している。一方で、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(Tyrannosaurus rex、T・レックス)を含む分類群の獣脚類は、絶滅がより緩やかなペースで進行したという。

 恐竜が生存の危機に陥ったのは、大陸塊の分裂や持続的な火山活動などが要因となっている可能性が高いと、研究チームは指摘する。

続きはソースで

ダウンロード
(c)AFP

引用元: 【統計/古生物学】恐竜、小惑星衝突の数千万年前から生存の危機 進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていた

恐竜、小惑星衝突の数千万年前から生存の危機 進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていたの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/05(日) 00:38:36.80 ID:???.net
火星の地形は強風で激しく変化、ハリケーン並みにも 研究
2014年10月01日 09:59 発信地:パリ/フランス

【10月1日 AFP】火星の表面では毎日のように強風が吹き、その力によって変化の激しい砂丘の地形が形成されているとの研究論文が、30日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された。
この風により形成される地形は火星探査に大きな課題をもたらしているという。

風が火星の地形と気候を形作る要素の一つになっていることは以前から知られていた。
この風によって発生する砂塵(さじん)嵐は地球から観測されることもある。

だが火星の風の強さ、頻度、起源などに関するデータはこれまで不十分で、砂を動かすほどの強さの風は、火星のように大気が薄い惑星ではめったに発生しないだろうと多くの専門家らは推測していた。

論文の共同執筆者の一人、米カリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)惑星科学部のフランソワ・アユーブ(Francois Ayoub)氏は、AFPの取材に「火星の砂丘は現在も移動しており、その移動速度は季節によって異なることが観察された。
これは、火星の地形はほとんど変化せず、砂を動かす風はめったに発生しないという広く受け入れられている見解と相反する結果だ」と語る。
(引用ここまで 全文は記事引用元でご覧ください)
____________

▽記事引用元
http://www.afpbb.com/articles/-/3027629
AFPBBNews(http://www.afpbb.com/)2014年10月01日09:59配信記事

▽関連リンク
Nature Communications 5, Article number: 5096 doi:10.1038/ncomms6096
Received 29 January 2014 Accepted 28 August 2014 Published 30 September 2014
Threshold for sand mobility on Mars calibrated from seasonal variations of sand flux
http://www.nature.com/ncomms/2014/140930/ncomms6096/abs/ncomms6096.html

引用元: 【宇宙】火星の地形は強風で激しく変化、ハリケーン並みにも/米カリフォルニア工科大学

火星の地形は強風で激しく変化、ハリケーン並みにも/米カリフォルニア工科大学の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ