理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

砂糖

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/05(木) 19:38:38.97 ID:???*.net
甘い飲み物で心不全のリスク増大 スウェーデンの研究
http://www.cnn.co.jp/fringe/35072985.html

(CNN) 砂糖や甘味料を加えた清涼飲料水を1日2本以上飲む人は心不全のリスクが23%上がるとの研究結果が、このほど新たに発表された。

 スウェーデンの首都ストックホルムにあるカロリンスカ研究所のスザンナ・ラーション博士らが、同国内に住む45~79歳の男性4万2000人を対象に食生活の追跡調査を実施。
医学誌の英国医事ジャーナル(BMJ)の最新号に結果を発表した。

 ラーション博士によると、研究チームは対象者に「砂糖や人工甘味料の入った清涼飲料水を1日あるいは1週間当たり何本飲むか」と質問した。これには炭酸飲料などが含まれ、紅茶やコーヒー、果汁は入っていない。

 同博士は「甘い飲み物を日常的に飲む人は、心不全のリスクを下げるために摂取を抑えることを検討するべき」との見方を示した。

 心臓病や脳卒中のリスクと甘い飲み物の摂取量との相関関係は今までも指摘されているが、心不全に注目した研究はこれが初めてとされる。

 心不全は男性や高齢者に多いとされる。チームによると、今回の研究はスウェーデン人男性のみを対象としているため、若者や女性、ほかの民族などにも当てはまるとは限らない。

 心不全とは心臓のポンプ機能が低下し、体に十分な血液や酸素を供給できなくなった状態。米国内には600万人近い患者がいる。
人口の高齢化が進み、医療技術の進歩で心臓発作を乗り越えたり高血圧でもより長寿が可能となった現在、心不全の患者数はさらに増える傾向にある。

続きはソースで

ダウンロード (3)


引用元: 【科学】甘い飲み物1日2本以上で心不全のリスク23%上昇 4万2千人を対象に追跡調査

甘い飲み物1日2本以上で心不全のリスク23%上昇 4万2千人を対象に追跡調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/05(月) 09:51:48.47 ID:???*.net
◆甘い炭酸飲料1本に砂糖50本入り?!食べ過ぎ招く「人工甘味料は太らない」

ダウンロード (3)


◇超特大1ガロン(3.78リットル)をがぶ飲み

私は買い物カゴ・ウオッチャー。
カゴの中身を覗けば、その人の食生活や健康状態がおおよそ推測でき、食生活の改善ポイントが見えてきます。

8月、滞在先のアメリカ東海岸のスーパーで、買い物カゴ・ウオッチングした。
アメリカにはお相撲さんが顔負けするほどの太った人が結構います。
「何を食べるとこんなに太るのかしら?」と、“お相撲さん級”の娘さんの買い物カゴを覗くと、ペットボトル入りジュース2本が入っていました。

このペットボトルの大きさが超特大。
日本では見かけない1ガロン(3.78リットル)サイズです。
飲み物売り場を観察すると、いろいろな種類・サイズの商品がズラーっと並んでいます。青い色のジュースもありました。
試しにいくつか買って飲んでみたら、すべてが甘く、ラベルを見ると日本の商品より糖分が多く入っています。

緑茶飲料までもが甘いのです。
離乳食売り場にも甘い飲み物が並んでいます。
「水分補給のため」とはいえ、小さい頃から甘い飲み物で糖分を摂り続けていれば、“お相撲さん級”の娘さんのように太くなるのも当然です。

画像:アメリカのスーパーで目撃
「お相撲さん級」娘さんが買っていたのが、このスーパージュース。
ジュース売り場ではなく、野菜売り場に行く手前に置いてあり、「野菜代わりにジュースを」と思わせる陳列。
1ガロン入りジュースが2本で4ドル。安すぎます。
http://www.sankeibiz.jp/images/news/151004/ecb1510041710001-p1.jpg

日本に帰ってから、スーパーで1.5リットルのペットボトル入りの甘い炭酸飲料を買い物カゴにいれた若い娘さんを見かけました。
もしも1ガロンの商品が売られていたなら、この娘さんはそれを選ぶのかしら? 
と、彼女の糖分の摂り過ぎが気になってきました。

◇炭酸のシュワシュワは甘さを感じさせにくいから、糖分増量

さて、私たちがエネルギー源として利用できるのは
(1)炭水化物(お米、パン、いも、など)、
(2)脂質(なたね油、ごま油ほか液体の油や、バターなど)、
(3)たんぱく質(肉、卵など)の3つです。

砂糖、ブドウ糖、果糖などの甘い「糖」は(1)の炭水化物の一種で、口に入れた後は小腸で速やかに吸収され、体内でエネルギーに変わります。
エネルギーに変わるまでの速さという点では「糖」の右に出るものはありません。

「糖分が入っている」と聞いて気にする人もいますが、健康な人が適量の糖分を摂る分には全く問題はありません。
むしろ、エネルギーに変わるまでの速さを上手に利用すれば、エネルギー不足で頭が働かない時や体が疲れた時の疲労回復に役立ちます。
また、食事前に糖分を少し摂れば空腹感が軽減されるので、食べ過ぎ防止にもつながります。

糖分が問題になるのは、取り過ぎた場合です。
エネルギーとして消費されなかった糖分は中性脂肪に変わるので、取り過ぎは、肥満や心臓病、糖尿病の発症リスクを高めます。
また、糖分を摂り過ぎると、尿で排泄されるカルシウムが通常よりも多くなるので、骨粗鬆症や尿結石の原因にもなります。

◇甘いジュースなどの飲料を大量に飲み続けた時には

「ペットボトル症候群」と呼ばれる「急性の糖尿病」を引き起こすこともあります。
糖分は“諸刃の剣”と心得て、“甘い誘惑”に負けないよう、取り過ぎに気をつけたいものです。

◇ウォッチ(1)甘い飲み物に含まれる、目に見えない糖分

コーヒーはブラックにしているのに、甘いジュースを好む人をしばしば見かけます。
心当たりのある人は、コーヒーに入れる砂糖を気にする前に、ジュースなどに含まれる“目に見えない糖分”に目を向けましょう。

スーパーやコンビニ、自動販売機などで販売される
「アルコール分1%未満の飲料」を、一般に「清涼飲料水」と呼んでいます(食品衛生法の定義)。
各商品に含まれる糖分の量は、ラベルに表示されている栄養成分を見るとわかります。
清涼飲料水の場合、「糖質」あるいは「炭水化物」の項目に記載されている数値が、基本的に“目に見えない糖分”の量です。

でも、その考えは甘いようです。いろいろな疫学研究で、人工甘味料の肥満予防・改善の効果は、短期間では認められるものの、長期間になるとあまり期待できないことが報告されています。

長期間で効果が期待できない理由は「人工甘味料はカロリーが無いので、他の食べ物をたくさん食べても大丈夫」という、妙な安心感が、結果的に食べ過ぎを招くためのようです。

甘い飲み物や菓子類は食生活の楽しみでもあります。
でも、楽しみとして許されるエネルギー量の目安は1日200kcal以下(厚生労働省「食事バランスガイド」)。
もし、菓子類を全く食べずに甘いジュースだけ飲むのなら、
糖分の量はスティックシュガー16.6本分(50g)以下です。

甘い清涼飲料水を飲む時には、目に見えない糖分をしっかり見て、食事全体の中でのバランスを考えて、飲む量に気を付けながら楽しみましょう。

続きはソースで

産経Biz 2015年10月4日17:10 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n1.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n2.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n3.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n4.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n5.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n6.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n7.htm  

引用元: 【話題】甘い炭酸飲料1本に砂糖50本入り!? 食べ過ぎ招く「人工甘味料は太らない」

甘い炭酸飲料1本に砂糖50本入り!? 食べ過ぎ招く「人工甘味料は太らない」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/01(水) 21:32:48.80 ID:???.net
砂糖入り飲料の摂取と関連か、年間死者数18万人以上 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3053273


【7月1日 AFP】炭酸飲料などの糖入り甘味飲料を原因とする死者数は、世界で年間最大18万4000人に上るとの研究結果が、6月29日の米医学誌「サーキュレーション(Circulation)」に掲載された。

 糖分の多い飲み物の摂取に関連する、糖尿病、循環器系疾患、がんによる世界の死亡リスクを分析した初めての研究になるという。

 研究チームの試算によると、論文中で「糖入り甘味飲料」と呼ばれているものの摂取に起因する糖尿病での世界の死者数は約13万3000人に上るという。また、循環器系疾患では同約4万5000人、がんでは同6450人と試算された。

 論文執筆者の米タフツ大学(Tufts University)のダリウシュ・モザファリアン(Dariush Mozaffarian)氏は「世界の多くの国では、単一の食事要因によって多くの死者が出ている。
その要因とは糖入り甘味飲料だ」と述べ、「食事から糖入り甘味飲料を大幅に削減または排除することを、世界規模の優先事項にするべきだ」と指摘する。

続きはソースで

images

(c)AFP

引用元: 【統計】炭酸飲料などの砂糖入り甘味飲料を原因とする死者数、世界で年間最大18万人以上 米タフツ大学

炭酸飲料などの砂糖入り甘味飲料を原因とする死者数、世界で年間最大18万人以上 米タフツ大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/05(木) 06:23:24.96 ID:???*.net BE:348439423-PLT(13557)
sssp://img.2ch.sc/ico/samekimusume32.gif

1


世界保健機関(WHO)は4日、肥満や虫歯を予防するために、砂糖などの糖類を一日に摂取するカロリーの5%未満に抑えるべきだとする新指針を発表した。

平均的な成人で25グラム(ティースプーン6杯分)程度。
従来は10%までと推奨していたが、各種の研究結果から基準を引き下げた。

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK05H07_V00C15A3000000/

引用元: 【社会】WHO「1日の糖類は小さじ6杯分まで」

WHO「1日の糖類は小さじ6杯分まで」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/20(木) 22:01:28.15 ID:???0.net
江崎グリコは20日、カロリーや糖質を抑えたアイスクリーム「カロリーコントロールアイス」の販売を強化すると発表した。同商品は糖尿病患者も食べられるアイスとして開発された。

砂糖不使用でカロリーや糖質は一般的なアイスクリームの約半分。
インターネットでの広告を増やして商品の認知度を高めるほか、ドラッグストアを通じた販売にも注力し、売上高を2017年度に14年度の1.5倍にする。

江崎グリコは食品を扱うドラッグストアが増加していることを好機ととらえ、販促キャンペーンを強化する。
健康や美容に関心のある若い女性客の取り込みを狙う。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASHD20H2A_Q4A121C1TJ1000/

引用元: 【企業】江崎グリコ、カロリーコントロールアイスを拡販 砂糖不使用でカロリーや糖質は一般的なアイスの半分

江崎グリコ、カロリーコントロールアイスを拡販 砂糖不使用でカロリーや糖質は一般的なアイスの半分の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/04(木) 08:30:31.24 ID:???.net
糖尿病が世界で急増している。各国の糖尿病関連団体でつくる国際糖尿病連合(IDF)によると、2013年の世界の糖尿病人口(20~79歳)は3億8200万人で、 1億9400万人だった03年から倍増。35年には5億9200万人に達する見込みだ。
経済成長に伴い中国やインド、アフリカでも年々深刻化しており、欧米では糖尿病や肥満の対策として糖分を多く含んだ清涼飲料などに課税する動きも出始めている。

 IDFによると、糖尿病人口の約80%は中低所得国の人々。13年は1位が中国でインド、米国と続き、日本は10位だ。
35年までに中国では約1・5倍、インドで約1・7倍に、サハラ砂漠以南のアフリカでも倍増する見通し。
13年の糖尿病による世界の死者は510万人で、喫煙による死者約600万人に迫る。低所得国では資金不足で治療を受けられない患者も増えると懸念される。

 世界保健機関(WHO)は13~20年の「行動計画」で、糖尿病を含む非感染症の死者を25年までに25%削減する目標を掲げている。

国連のデシューター特別報告者(食料問題担当)は今年5月、高カロリーで栄養バランスが悪いジャンクフードなど不健康な食品は「たばこより大きな健康上の脅威」と警告、規制を急ぐよう各国に促した。

 メキシコは糖分を含む清涼飲料やファストフードなど高カロリー食品への課税を今年1月から開始。清涼飲料への課税はフランスやハンガリーでも既に導入されている。

 米メディアによると、カリフォルニア州では2月、州内で売られる糖分を多く含んだ清涼飲料や栄養ドリンクなどに「肥満や糖尿病、虫歯の原因になります」との警告文掲載を義務付ける法案が提出された。6月に州議会で否決されたものの、票差はわずかだった。

 サンフランシスコ市では7月、加糖飲料に課税する条例の賛否を11月の住民投票で問うことが決まった。

 大手清涼飲料メーカーは「清涼飲料だけをやり玉に挙げるのは不公平」と強く反対。飲み物に加える砂糖の量は以前より減らしていると説明するなど防戦に躍起だ。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20140902-1360447.html

引用元: 【疫学】糖尿病が世界で急増…国連がジャンクフードなどは「たばこより大きな健康上の脅威」と警告

糖尿病が世界で急増している・・・の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ