理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

神戸大学

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/11/22(水) 17:03:06.76 ID:CAP_USER
神戸大学は、「世界で最も変わった花」と称される常緑多年草、ハランの生態を自生地である鹿児島県三島村黒島で調査し、キノコバエと呼ばれるハエ類の仲間に花粉の媒介を託していることを明らかにしたと発表した。

同研究は、神戸大学大学院理学研究科の末次健司特命講師と森林総合研究所九州支所の末吉昌宏主任研究員の研究グループによるもので、同研究成果は、11月14日に国際誌「Ecology」にオンライン掲載された。

「世界で最も変わった花」と称される植物、ハラン(葉蘭)は、蘭とは名前に付くが、キジカクシ科という科に属する常緑多年草で、巨大な葉を地表に立てる。
その葉は、薄くて硬く、つやがあり、深緑色をしており、和食の料理の盛りつけの際、飾りとして使われてきた。
寿司などの食品に付属する緑色のプラスチック装飾品「バラン」は、ハランを真似て作られた物である。
ハランは世界中で栽培されているが、近年の研究で、九州南部の宇治群島、黒島、諏訪之瀬島が本来の自生地であることがわかっている。

ハランが「世界で最も変わった花」と言われている理由は、花粉の運び手が変わっていたことに由来する。

続きはソースで

画像:地面にめり込んだような格好で咲くハランの花
http://news.mynavi.jp/news/2017/11/20/110/images/001.jpg
画像:ハランの花に訪れるキノコバエ類の1種。その体表に大量のハランの花粉が付着している
http://news.mynavi.jp/news/2017/11/20/110/images/002.jpg

マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2017/11/20/110/
ダウンロード (2)


引用元: 【神戸大】〈常緑多年草ハラン〉キノコに擬態する「世界で最も変わった花」の花粉の運び手を解明

【神戸大】〈常緑多年草ハラン〉キノコに擬態する「世界で最も変わった花」の花粉の運び手を解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/04/15(土) 01:47:50.48 ID:CAP_USER
神戸大学工学研究科電気電子工学専攻の喜多隆教授と朝日重雄特命助教らの研究グループは4月7日、波長の長い太陽光のスペクトル成分を吸収して変換効率を50%以上にまで引き上げることができる技術を開発したと発表した。

 従来の単接合太陽電池の変換効率の理論限界は30%程度であり、入射する太陽光エネルギーの大半が太陽電池セルに吸収されずに浸透するか、光子の余剰エネルギーが熱になるなどして利用されていない。太陽電池の変換効率が50%を超えると発電コストは大幅に下がり、2030年にわが国が目標とする発電コスト7円/kWhが実現できる。

続きはソースで

http://univ-journal.jp/13124/
images


引用元: 【電気】神戸大学、変換効率50%を超える新型太陽電池構造を開発©2ch.net

神戸大学、変換効率50%を超える新型太陽電池構造を開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ぱぐたZ~時獄篇◆fEbKMTmIyQ 2014/03/20(木)14:29:43 ID:jbll3qV55

東京工業大学大学院総合理工学研究科の沖野晃俊准教授と神戸大学大学院医学研究科の東健教授は、大気圧低温プラズマを用いてフグ毒であるテトロドトキシンの分解に成功した。

窒化ガスで生成された同プラズマをテトロドトキシンに対して10分間照射することで、その濃度が100分の1になることを確かめた。同プラズマによって分解できたことから、今後、ほかの毒素も分解できることが見込まれる。

テトロドトキシンは、フグの毒として知られ、人が経口摂取した場合、致死量は1、2ミリグラム程度とされている。拮抗(きっこう)薬や特異療法などによる解毒法は見つかっておらず、300度C以上に熱しても分解されないという。

今回、同プラズマによって活性力を持つ活性粒子などの粒子を生成し、分解処理できた。食品や農産物の無毒化、細菌・ウイルス汚染除去などへの利用が期待される。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720140320eaah.html



【朗報】東工大&神大の教授、プラズマ放射によるフグ毒の分解に成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/10/09(水) 01:14:50.90 ID:???0

【ノーベル物理学賞】「助けができて満足」神戸大チーム会見 ヒッグス粒子見つける実験に参加

ノーベル物理学賞の受賞が8日発表された英エディンバラ大名誉教授のピーター・ヒッグス氏らが存在を理論的に予言した「ヒッグス粒子」を見つける欧州合同原子核研究所(CERN)の実験チームに参加していた神戸大大学院理学研究科の蔵重久弥教授らは8日、神戸大で記者会見し「理論を提唱した方々の受賞が決まりうれしい。私たちもその助けができて満足している」と喜びを語った。

神戸大は実験の検出器の製作やデータ解析に携わった。
研究メンバーはこの日、大学構内の一室に集まり、受賞が決まった瞬間、ほっとした表情や笑顔を見せた。
会見に同席した山崎祐司准教授は「歴史が覆るようなことが実際に起き感動している」と話した。

また、メンバーらは「世界中の研究者が一つになって成果を出せた」と誇らしげに口をそろえた。

ヒッグス博士らのノーベル賞受賞決定を受け、記者会見する神戸大大学院 理学研究科の蔵重久弥教授(左)ら=8日夜、神戸市
4

http://sankei.jp.msn.com/images/news/131008/wlf13100823180015-p1.jpg
記者会見で喜びを語る神戸大大学院理学研究科の山崎祐司准教授(右)ら=8日夜、神戸市
5

http://sankei.jp.msn.com/images/news/131008/wlf13100823180015-p2.jpg

msn産経ニュースwest 2013.10.8 23:17
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131008/wlf13100823180015-n1.htm



【ノーベル賞】「私たちもその助けができて満足している」神戸大チーム会見 ヒッグス粒子見つける実験に参加の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/15(月) 23:00:52.15 ID:???

2013/7/15 13:00
筋ジスの一因を発見 神戸大などのグループ  

全身の筋力が徐々に衰える難病、筋ジストロフィー(筋ジス)に、細胞内にある生理活性物質「プロスタグランジン」による炎症が強く関わっていることを、神戸大や神戸学院大、神戸薬科大などの研究グループが発見した。
この物質の働きを抑える治療薬の開発につながるといい、オランダの医学誌「クリニカ・シミカ・アクタ」に発表した。

筋ジスは遺伝子の異常によって筋力が低下する病気。
このうちグループが研究する「デュシェンヌ型」は筋ジスで最も多いとされ、男児約3500人に1人が発症する。
幼児期から筋細胞の壊死(えし)が起こり筋肉の萎縮が進むが、発症の詳細な仕組みは分からず、根治薬がない。

プロスタグランジンは、痛みや発熱などに関連するとされる生理活性物質。
グループは4~15歳の患者と健康な人の計188人を対象に、尿に含まれるプロスタグランジンの代謝物質(化学変化を受けて生成される物質)を調査した。
その結果、特に歩行障害などが進行する8歳以降で、患者の代謝物質の量は健康な人の平均2~3倍と目立って増えていた。
4~7歳でも、患者は平均で健康な人の1・5倍ほどの量だった。

神戸大大学院医学研究科小児科学分野の竹島泰弘特命教授は「プロスタグランジンの働きを抑える薬は解熱剤や鎮痛剤などの形で既に存在しており、それらが筋ジス治療に役立つ可能性がある。
プロスタグランジンの量を、筋ジスの進行の指標として使うこともできるかもしれない」と話す。(金井恒幸)

fbcafcb1.jpg

▽記事引用元 神戸新聞NEXT 2013/7/15 13:00配信記事
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201307/0006161260.shtml

▽関連
神戸大学 大学院医学研究科・医学部
松尾名誉教授及び竹島特命教授らの研究グループが 筋ジストロフィーに対する新たな病態を発見
http://www.med.kobe-u.ac.jp/info/2013/takeshima_130625.html
Clinica Chimica Acta
A prostaglandin D2 metabolite is elevated in the urine of Duchenne muscular dystrophy patients and increases further from 8 years old
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0009898113001319



【医学】筋ジストロフィーの一因を発見 生理活性物質「プロスタグランジン」による炎症が強く関連/神戸大などの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ