理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

福井県

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/14(火) 12:24:30.77 ID:???.net
恐竜:国内初の大型ティラノサウルス科 長崎で歯の化石 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150714k0000e040154000c.html

画像
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150714k0000e040159000p_size8.jpg
長崎市の三ツ瀬層から発見されたティラノサウルス科の大型種のものとみられる歯の化石=福井県勝山市の県立恐竜博物館で2015年7月13日、村山豪撮影
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150714k0000e040163000p_size8.jpg
ティラノサウルス科に属するティラノサウルスのイメージ画像=山本匠さん提供
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150714k0000e040164000p_size8.jpg
タルボサウルスのイメージ画像=山本匠さん提供


 福井県立恐竜博物館(同県勝山市)と長崎市は14日、長崎市の長崎半島西海岸に分布する白亜紀後期(約8100万年前)の地層「三ツ瀬層」から、ティラノサウルス科の獣脚類(肉食恐竜)の大型種のものとみられる歯の化石2点が見つかったと発表した。歯の大きさから体長は10メートル前後と推測される。ティラノサウルス科の大型種の化石は北米やアジアで多数見つかっているが、国内では初めてという。

 恐竜博物館によると、長崎市との共同調査で昨年5月に発見した。1点は先端から歯根部の長さが8.2センチ、歯冠基部(根元)は最大幅が3.8センチ、厚さが2.7センチ。保存状態が良く、水平断面は膨らみのある楕円(だえん)形。歯の形状や大きさが、北米のティラノサウルスやアジアのタルボサウルスなどティラノサウルス科の大型種と似ているという。

 もう1点は欠損や変形があるが、いずれも獣脚類の特徴であるノコギリのような突起「鋸歯(きょし)」や「血道(けつどう)」と呼ばれる溝があった。2点の発見場所は約1メートルしか離れていなかったが、同じ個体のものかは不明。

 ティラノサウルス科の恐竜や祖先的な種類を含むティラノサウルス上科の化石は近年、福井、石川、兵庫、熊本、福島の5県で見つかっているが、いずれも体長3〜5メートルの小型個体とみられ、年代も今回より古い。

続きはソースで

ダウンロード (2)



引用元: 【古生物学】恐竜:国内初の大型ティラノサウルス科 長崎で歯の化石

恐竜:国内初の大型ティラノサウルス科 長崎で歯の化石の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/15(月) 18:03:51.98 ID:???.net
板垣だいこん 肝炎に効く!?
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=119903

画像
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/image.jsp?id=119902
細身で辛みが強い板垣だいこん(福井県提供)


 福井市の伝統野菜「板垣だいこん」について、肝臓への脂肪蓄積や炎症を抑制する効果が期待できるとする研究を県立大の高橋正和准教授(食品機能学)のグループがまとめた。

 高橋准教授は「おろしそばへの利用など販路拡大に役立てられれば」としている。

 板垣だいこんは、同市板垣地区で明治末期頃から栽培されてきた。毎年10~11月頃に収穫される。細身で辛みが強く、歯切れもいいため、主に漬物などに利用されている。

 高橋准教授は、生活習慣病や非アルコール性の脂肪肝疾患などを研究しており、ワサビなどにも多く含まれ、肝臓への脂肪蓄積を抑制する辛み成分「イソチオシアネート類」に着目。大根の抽出液1グラムあたりの含有量は、通常の大根の約50倍に達することを確認した。

 活性化されると炎症を引き起こす原因にもなる白血球の一種「マクロファージ」の抑制効果が期待できることも分かった。マウスに2週間、脂肪分の多い餌を与える実験では、イソチオシアネート類を注射で投与したマウスの肝臓に脂肪が付くのを抑えられたという。

続きはソースで

images

(井上敬雄)

(2015年6月14日 読売新聞)

引用元: 【医学】板垣だいこん、肝臓への脂肪蓄積や炎症を抑制する効果 脂肪抑制成分通常の50倍 福井県立大

【医学】板垣だいこん、肝臓への脂肪蓄積や炎症を抑制する効果 脂肪抑制成分通常の50倍 福井県立大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/08(金) 12:38:10.15 ID:???*.net
原子力規制委員会の有識者会合は8日、関西電力美浜原子力発電所(福井県)の敷地内にある断層について「活断層ではない可能性が高い」と結論づける評価書案を公表した。関電は稼働から40年を超えた1、2号機の廃炉を決め、3号機については稼働40年以降の運転延長を目指している。規制委は今後、延長の前提となる3号機の安全審査を本格化する。

 美浜原発の敷地内には9本の断層(破砕帯)があり、うち4本が3号機の直下を横切る。敷地から約1キロメートル東にある活断層「白木―丹生(にゅう)断層」で地震が発生したときに連動する可能性が指摘されていた。関電は粘土鉱物を分析した結果などから、12万~13万年前以降に断層が動いた形跡はなく、活断層ではないと主張していた。

続きはソースで

no title


http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG08H0J_Y5A500C1MM0000/?dg=1 2015/5/8 10:40

引用元: 【科学】美浜原発「活断層でない可能性高い」 有識者会合案

美浜原発「活断層でない可能性高い」 有識者会合案の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/28(土) 15:33:07.56 ID:???*.net
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/64916.html

5


 外来生物法で、生態系などに悪影響を及ぼすとして特定外来生物に指定されているアライグマの捕獲頭数の増加傾向が、県内で続いている。県、各市町は講習会を繰り返して、捕獲従事者の確保に努めているが、個体数の増加に歯止めが掛かっていない。

 外来生物は、従来は地域にいなかったのに人間によって海外から入ってきたもの。こうした生物が、生態系や人の生命などに悪影響を与えたり、その恐れがあったりすると特定外来生物の指定を受け、規制・防除の対象となる。
県地域農業課によると、外来生物の多くは環境になじめず定着できないが、一部には地域環境が生息条件をぴたりと満たすものがあり、アライグマもその一つという。

 アライグマは、家屋の天井裏や床下のみならず、壁の隙間までねぐらにしたり、ごみをあさったりすることがあるなど、山地だけでなく人間の生活圏にも容易に入り込んできている。

 本県の有害捕獲頭数は、初めて行われた2001年度は5頭だったが、10年度は368頭に増加。13年度も314頭が捕獲された。
市町別で同年度に捕獲数が多かったのは福井市の72頭で同市では過去最多。
次いで越前町62頭。越前市、坂井市、小浜市なども目立つ。

 県地域農業課は、捕獲頭数の増加はそのまま、生息数増加の反映だと説明。県内のアライグマは
「天敵など個体数を抑える要因がない。爆発的に増えている状態」(同課)と危惧する。

続きはソースで

引用元: 【生物】「爆発的に増えている状態」 アライグマ県内で急増 天敵不在、生態系に懸念も 福井

「爆発的に増えている状態」 アライグマ県内で急増 天敵不在、生態系に懸念も 福井の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/25(火) 09:57:43.51 ID:???0.net
無脊椎動物として世界最大級のダイオウイカが福井県若狭町・常神半島沖の定置網にかかっていたのを24日朝、地元の漁師らが見つけた。

全長は約7・6メートルにのぼるという。
越前松島水族館(坂井市三国町崎)が引き取り、保存処理などを行った後、展示する予定。

定置網漁で若狭町常神、民宿経営の男性(52)らが24日午前7時頃、同町の御神島近くの網にひっかかっているのを確認。
当初は泳いでいたが、漁船に引き揚げる際に死んだという。

水族館が引き取るまで近くの漁港で保管しており、観光客の子どもたちは手で触るなどして大喜び。

発見した男性は「地元の80歳の漁師も初めて見たと話していた。
最初はタルイカかと思っていたが、自分の身長よりはるかに大きいとは」と驚いていた。


画像
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20141124/20141124-OYT1I50018-L.jpg

2014年11月25日 09時21分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141124-OYT1T50073.html

引用元: 【福井】7・6mの巨大ダイオウイカ、定置網にかかる(画像あり)

【福井】7・6mの巨大ダイオウイカ、定置網にかかる(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/17(木)18:13:42 ID:MgenKnUdr

 雨上がりの早朝、雲海に浮かぶ山上に越前大野城が姿をあらわす。その光景はまるで「天空の城」だ。「日本のマチュピチュ」とも呼ばれて年間50万人超の観光客が訪れる兵庫県朝来(あさご)市の国史跡・竹田城跡に続こうと、大野市は観光パンフレットや市ホームぺージなどで幻想的な写真を紹介している。

 越前大野城は、市中心部の亀山(標高249メートル)山頂に建つ。織田信長に仕えた金森長近が、天正4(1576)年から4年ほどかけて築き、ふもとには碁盤目状の城下町が広がる。

 盆地にある大野市で雲海が望めるのは、前日に雨が降った春と秋の早朝。空中の水分が冷やされて発生した霧が、日が高くなるにつれて上空から薄くなると、市街地よりも先に城郭が雲海の上に姿を現す。

【画像】
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140408002939_commL.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASG484H1GG48PGJB00F.html



【神秘】福井にも「天空の城」があった!の続きを読む

このページのトップヘ