理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

福井県

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/03/18(火) 19:23:43.74 ID:???

 福井県勝山市北谷町杉山の北谷層(白亜紀前期、1億2千万年前)周辺で、24年前に見つかった卵の殻の化石片が、世界最古の鳥類の卵殻化石と分かり、福井県立大恐竜学研究所(永平寺町)が17日、発表した。国内で鳥類の卵殻化石が確認されたのは初めて。
これまで南米などで見つかっていた卵化石を4千万年以上さかのぼる成果で、殻の構造が現生鳥類と非常に似ていることも判明。
同研究所は「鳥類の卵がどのように進化してきたか知る上で非常に重要」と意義を説明した。

 化石片は長さ、幅がともに最大約3ミリの大きさで3点。北谷の化石発掘現場近くの落石に含まれているのを1990年に勝山市職員らが発見し、当時の県立博物館に寄託した。これまでに国内外で卵化石の知見が蓄積されてきたことに加え、昨年9月に同研究所初の研究生として、米国で卵化石を学んだ今井拓哉さん(26)が入学したことで研究が進んだ。

 今井さんは顕微鏡で卵殻の構造を調べ、カメやワニ、恐竜などと比較。今回の卵殻化石は厚さ約0・4ミリと比較的薄く、表面がなめらかで、胚が呼吸するための気孔の配置にも鳥類の特徴が見られた。
さらに卵殻が3層に分かれてできており、現生鳥類に似た構造であることも分かった。卵の大きさや、どんな鳥類の卵かは不明。
同時代には原始鳥類の孔子鳥などが繁栄していたという。

 今井さんによると、これまでに確認されている鳥類の卵化石は、アルゼンチンやモンゴルなどで見つかった8千万年前(白亜紀後期)が最古。
一方で骨格化石は、中国で1億6千万年前(ジュラ紀後期)のものが見つかっている。この間の8千万年は、鳥類の存在は分かってるものの卵が見つかっていない“空白期間”だった。今回はその時代を埋める発見という。

 同大福井キャンパスで会見した今井さんは「絶滅した原始鳥類が既に白亜紀前期に、現生鳥類と非常に似た卵殻構造を発達させていたことを示している」と解説し、「アジアでも東端部に当たる日本、北谷でも鳥類が繁殖していた証拠」と指摘した。

 今井さんを指導した東洋一同研究所教授(県立恐竜博物館特別館長)は「近年の研究で、鳥類は肉食恐竜から進化したことが分かっている。
恐竜の卵殻はほとんどが2層構造。今後発見を重ねることで、3層構造に変化した過程が分かるのではないか」と話した。

福井新聞ONLINE 3月17日 17時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140317-00010002-fukui-l18



世界最古の鳥類の卵殻化石と判明 勝山で発見、5千万年さかのぼる成果の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: フランケンシュタイナー(dion軍) 2014/03/02(日) 18:16:17.61 ID:9dYByATk0 BE:3855357869-PLT(12100) ポイント特典

んじゅPC、動画ソフトで感染 プラント情報 の外部流出なし

(2014年3月1日午前7時10分)

 高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)で職員用のパソコンがウイルス感染した問題で、日本原子力研究開発機構は28日、個人情報やプラント情報などは外部に漏れていないとの調査結果を発表した。

 1月2日、中央制御室にある発電課の事務処理用パソコンで、男性当直長が動画再生ソフト「GOM player」を更新する際にウイルス感染した。
調査によると、何者かによって偽のサーバーに誘導され、ウイルスが侵入。遠隔操作で情報の一部が盗まれた。

 流出したのはファイルやフォルダーの名称、インターネット上の住所に相当する「IPアドレス」など。
メールアドレスなどの個人情報やプラント情報、核セキュリティー上の重要な情報は含まれていないとしている。

 他のパソコンへの感染拡大はなかった。もんじゅのパソコンが意図的に狙われたかは分からないという。
原子力機構は「事態を重く受け止め、再発防止に向け、一層の情報セキュリティー強化に取り組む」としている。

images (1)

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpowermonjuresume/48899.html


>遠隔操作で情報の一部が盗まれた。
重要な情報は含まれてないって言ってもそれ以前の問題だろ・・・



【悲報】もんじゅのPCがウイルスに感染・・・しかも動画再生ソフトから←何故動画ソフトが必要なのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ドラゴンスープレックス(空) 2014/02/07(金) 19:09:36.52 ID:DMIZKluBP BE:935813344-PLT(12001) ポイント特典

■もんじゅ「増殖炉」白紙 政府、エネ計画から削除

 政府は発電しながら消費した以上の核燃料を生み出せるとしてきた高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の実用化に向けた目標を白紙に戻す。
これまで掲げてきた開発計画や期限を新たなエネルギー基本計画に入れない。
トラブルが続き、燃料となるプルトニウムを増やす「増殖」のめどが立たないためだ。
原子力発電所から出るゴミを減らす研究施設に衣替えする案が出ている。
(続きはソースで)

4

ソース:日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0602J_W4A200C1MM8000/

もんじゅ、点検漏れで予算要求増 投入総額は1兆円超に
http://www.asahi.com/national/update/0830/TKY201308300326.html



【絵に描いたもんじゅ】 政府 「高速増殖炉は諦めた」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ベガスφ ★ 2013/12/27(金) 22:32:05.03 ID:???

"大飯原発直下「活断層でない」…規制委が合意"

原子力規制委員会は27日、関西電力大飯原子力発電所の重要施設の直下を通る断層について、「活断層ではない」と認定した専門家チームの報告書案を検証する会合を開き、この認定を妥当とすることで合意した。

会合には、別の原発の断層調査を担当する専門家ら7人が参加。
報告書の表現や資料の不備を指摘する声は上がったが、結論の見直しを求めるような意見は出ず、結論は確定した。
専門家チームは近く、最終報告書をまとめる。

報告書案は、問題となった断層がずれた時に地層に残った痕跡や、地層に含まれる火山灰などを分析した結果、断層の活動年代は十分古く、「将来活動する可能性はない」としている。

20ca4068.jpg

2013年12月27日18時55分
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131227-OYT1T00900.htm



【地質】大飯原発直下「断層の活動年代は十分古く将来活動する可能性はない」、規制委が合意の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ベガスφ ★ 2013/09/05(木) 10:28:43.44 ID:???

"陽子線がん治療患者が大幅増 県立病院、著名人の体験談効果"

福井市にある福井県立病院陽子線がん治療センターの患者受け入れ数が昨秋以降、大幅に伸びている。
県によると、作詞家で直木賞作家のなかにし礼さん(75)が昨秋、陽子線治療で食道がんを克服したことが各メディアに取り上げられ、全国的に同治療に注目が集まったのが要因の一つという。
センターには来春、より高精度の照射ができる「積層原体照射システム」が導入される予定で、関係者は「福井で最先端の治療が受けられるということで、さらに関心が高まれば」と期待している。

食道がんを患ったなかにしさんは、心臓の持病のため手術に耐えられないとして、切らずに治す陽子線治療を選択。
国立がん研究センター東病院(千葉県)で治療を受け、約半年で復帰した。
その様子がテレビや雑誌などで紹介され「なかにしさんの体験談で認知度は一気に高まった」(県地域医療課)。

県立病院陽子線がん治療センターは2010年3月に治療開始。治療患者数は毎月一けたから10人台で推移していたが、“なかにし効果”により昨年10月以降は平均20人以上に急増した。
陽子線治療を受けられる施設は全国で数えるほどしかなく、関西圏や中京圏、北陸から治療に訪れるケースが多い。
一昨年度は115人、昨年度は152人だったが、本年度は7月末現在で既に101人(県内32人、県外69人)を受け入れた。

同センターはさらなる治療水準の向上を目指し、がんの形状に合わせた精度の高い治療ができる積層原体照射システムを来年3月ごろ導入する予定だ。

同システムは、特殊なフィルターなどを通すことで陽子線を複数の層に分けて照射できるのが特徴。
がん病巣周囲の細胞への放射線の影響をより少なく抑えることができるほか、複雑な形状をしたがんの治療も高い精度で行うことが可能になる。

同システムと同時に、CT自動位置決めシステムも導入する。陽子線治療の照射位置を決める際、従来のX線画像では難しかった血管や末梢(まっしょう)神経など軟部組織の描出がしやすく、より精度の高い位置合わせができるようになる。

山本和高センター長は「新システムの導入で今までよりも副作用が少なく、治療成果が高まる可能性は高い」と期待を込める。

また、同センターは陽子線治療の認知度を高めるため、PRのための出前講座を行っている。
数十人の希望者を対象に、治療の仕組みやセンターの概要を解説する。

山本センター長は「がん治療の選択肢の一つに陽子線治療があることをもっと多くの患者に知ってほしい」と話している。

20

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/photos/20130903195350_533591892.jpg
2013年9月4日午前7時08分
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/45295.html



【医療】陽子線がん治療患者が大幅増、なかにし効果で /福井県の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ハイキック(兵庫県) 2013/08/29(木) 18:57:43.29 ID:TVSdpvYl0 BE:854622162-PLT(12001) ポイント特典

西日本を中心に感染が相次いでいるマダニが媒介する新たな感染症を引き起こすウイルスがこれまでに患者が報告されていない和歌山、福井、山梨、静岡の4つの県のマダニからも確認されたことが厚生労働省の研究班の調査で分かりました。

マダニが媒介するウイルスによる感染症、SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」はことし1月、国内で初めて感染が確認され、過去にさかのぼって調査した結果、これまでに九州、中国、四国、近畿の13の県で39人の感染が確認され、このうち16人が死亡しています。
厚生労働省の研究班は、全国でマダニを採取するなどしてウイルスの分布を調べていますが、これまでの調査の結果、患者が報告されていない和歌山、福井、山梨、静岡の4つの県のマダニからもウイルスが確認されたということです。

また、マダニが生息する野山にいるシカやイノシシのほか、猟犬の血液を調べた結果、患者が報告されていない福岡、香川、和歌山、三重、長野、富山、岐阜の7つの県でもウイルスに感染したことを示す抗体が見つかったということです。

厚生労働省は、採取するマダニの数や種類を増やすなどしてさらに調査を進めることにしています。
厚生労働省感染症情報管理室の中嶋建介室長は「調査は始まったばかりで、今後ウイルスが分布する地域はさらに広がる可能性があるので、患者が報告された地域以外に住む人も野山に入る際にはダニにかまれないよう長袖や長ズボンを着用するなど注意してほしい」と呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130829/t10014137701000.html
04a8f0bf.jpg



ダニのやばいウイルス 色んな県に蔓延キタ━━━━(^ν^)━━━━!!の続きを読む

このページのトップヘ