理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

福島第一原発

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/15(土) 08:39:47.11 ID:???0.net
2014/11/15 08:33

 東京電力福島第一原発事故を受け、18歳以下の約37万人を対象に県と福島医大が実施している県民健康調査「甲状腺検査」で、これまでに見つかった甲状腺がんの細胞の遺伝子変異を解析した結果、チェルノブイリ原発事故の被ばくで甲状腺がんになった子どもの遺伝子変異とは別型だった。
研究結果を福島医大と長崎大のグループが初めてまとめた。研究グループは今回の結果を踏まえ、「福島第一原発事故の影響は考えにくい」との見解を示している。

 福島医大甲状腺内分泌学講座の鈴木真一教授が14日、大阪市で開かれた日本甲状腺学会学術集会で発表した。これまでの甲状腺検査でがんと確定したか、疑いがあるとされた人は計103人いる。
発症割合などの科学的知見から県や福島医大は「現時点で放射線の影響は考えにくい」としてきたが、遺伝子レベルの分析で見解が裏付けられた格好だ。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

引用元:福島民報 http://www.minpo.jp/news/detail/2014111519239

引用元: 【原発】 甲状腺がん遺伝子変異、チェルノブイリと別型 福医大など見解 [福島民報]

甲状腺がん遺伝子変異、チェルノブイリと別型 福医大など見解の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/11(土) 21:36:56.07 ID:???0.net
トリチウム濃度が10倍超に=海近くの地下水で-福島第1
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014101100288
時事通信 2014/10/11-21:15
 

 東京電力は11日、福島第1原発2号機東側の港湾近くに設置された井戸で9日に採取した地下水から、トリチウムが1リットル当たり15万ベクレル検出されたと発表した。前回採取した2日と比べ、10倍超に濃度が上昇した。

 この井戸で採取された地下水のトリチウム濃度としては過去最高値。東電の広報担当者は「台風18号の大雨によって、地下水に何らかの影響が出たと考える」と話している。

 東電によると、この井戸で9日に採取された地下水では、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質も同120万ベクレルと過去最高値を記録した。

 また、2号機東側の別の井戸でも9日に採取した地下水からベータ線を出す放射性物質が過去最高の同210万ベクレル測定され、2日と比べて濃度は2倍近くに上昇。セシウムも最高値となる同6万8000ベクレル検出され、2日の1.7倍となった。

 現在、第1原発1~4号機の東側では34カ所で地下水の放射性物質濃度を定期的に測定している。台風18号に伴う降雨以降に濃度が過去最高値となったのは3カ所。東電は、理由は分からないとしている。


引用元: 【原発事故】トリチウム濃度が10倍超の15万ベクレル/lに=福島第1、海近くの地下水で [10/11]

【原発】トリチウム濃度が10倍超の15万ベクレル/lに 海近くの地下水での続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/25(月) 06:57:35.75 ID:???0.net
川田俊男2014年8月25日05時35分

 東京電力福島第一原発事故で初期の住民避難に活用されず問題になった「SPEEDI(スピーディ)」(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)について、原子力規制委員会は来年度予算を半額以下に大幅減額する方針を固めた。放射性物質の広がりを即座に予測するには技術的な限界があるため、代わりに放射線量を実測するシステムを強化する。これまでSPEEDIを前提にしてきた自治体の避難計画は見直しを迫られることになる。

 福島の事故時、SPEEDIによる予測のもとになる原子炉などのデータが得られず、放射線量を予測できなかった。規制委は事故発生直後の住民避難の指標としてきた位置づけを2013年に改定した原子力災害対策指針で「参考情報」に格下げしており、予算の上でも明確にする。

 実測システムの強化は、改定指針が周辺のモニタリングポストなどの値をもとに、原発30キロ圏内の緊急時の避難を判断する方針に転換したのを踏まえた。大量の放射性物質が放出されるおそれが生じた時点で、5キロ圏は放出の有無にかかわらず即避難。5~30キロ圏は屋内退避を原則とし、実測値をもとに避難の必要性とタイミングを地域ごとに判断する。不確実な予測よりも迅速で的確に対応できるとの考え方が背景にある。

※会員記事の一般公開部分のみ引用しました、全文は元サイトで御覧ください ※要ログイン
朝日新聞デジタル http://t.asahi.com/fmxd

引用元: 【原発】 SPEEDI、予算大幅減へ 放射線量の予測に限界 [朝日新聞]

SPEEDI、予算大幅減へ 放射線量の予測に限界の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/24(日) 11:20:43.06 ID:???0.net
 東京電力福島第一原発事故の被曝(ひばく)による子どもの甲状腺への影響を調べている福島県の検査で、受診した約30万人のうち104人が甲状腺がんやその疑いと判定されたことがわかった。
県は「被曝の影響とは考えにくい」としている。この結果は24日に公表される。

 甲状腺検査は事故当時18歳以下だった県民を対象に実施。
県内全域を一巡した今年6月30日現在の結果(暫定値)がまとめられた。

 甲状腺がんやその疑いとされた104人のうち、がんと確定したのは57人、良性が1人だった。104人の事故当時の平均年齢は14・8歳で、男性36人、女性68人。腫瘍(しゅよう)の大きさは約5~41ミリで平均14ミリ。


http://www.asahi.com/articles/ASG8R6SN3G8RULBJ00B.html
甲状腺がん、疑い含め104人 福島の子供30万人調査

引用元: 【社会】甲状腺がん、疑い含め104人 福島の子供30万人調査

甲状腺がん、疑い含め104人 福島の子供30万人調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/07/28(月) 21:26:00.05 ID:???.net
先天異常率「全国と同じ」 厚労省、福島の赤ちゃん調査
岡崎明子 2014年7月26日08時43分

 東京電力福島第一原発の事故後に福島県内で生まれた赤ちゃんは、全国の赤ちゃんと 比べて先天異常の発症率がほぼ同じ傾向だったとする報告を、厚生労働省研究班がまとめた。27日に相模原市で開かれる日本先天異常学会学術集会で発表する。

 研究班は、日本産婦人科医会が毎年実施している全国調査のデータと、2011年の原発事故以降、福島県内の全分娩(ぶんべん)施設を対象に実施した調査のデータを比較した。

全国調査は1997~2010年に生まれた赤ちゃんのうち回答のあった約122万人、福島県内は11~13年の約1万7800人について解析し、1万人あたりの先天異常の発症率を比べた。
福島県では年間約1万5千人の赤ちゃんが誕生している。

続きはソースで

(岡崎明子)

ソース:朝日新聞DIGITAL(2014年7月26日)
先天異常率「全国と同じ」 厚労省、福島の赤ちゃん調査
http://www.asahi.com/articles/ASG7T4JF7G7TULBJ00F.html

原発表:第54回日本先天異常学会学術集会 P-66
浜之上はるか、藤森敬也、幡研一、森田智視、山中美智子、加藤宵子、住吉好雄、亀井清、木下勝之、平原史樹
本邦における先天異常児の出産頻度の検討―日本産婦人科医会先天異常モニタリング調査から―
http://jts54.umin.jp/pdf/program_poster.pdf (PDF)

引用元: 【疫学】先天異常率「全国と同じ」厚労省、福島の赤ちゃん調査

【福島県】新生児の先天異常率「全国と同じ」厚労省の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/14(木) 08:42:37.86 ID:???.net
2014年08月13日 09時25分

 火星と木星の間で1992年に発見された小惑星が、「Tomiokamachi」と命名された。

 東京電力福島第一原発事故で全町避難中の福島県富岡町を励まそうと、小惑星を発見した滋賀県多賀町の民間天文台「ダイニックアストロパーク天究館」元職員の杉江淳さん(55)らが名付け、12日、富岡町の宮本皓一町長に報告した。

 小惑星は直径が推定約10キロ。地球から約1億5000万キロ離れ、約4年で太陽の周りを1周する。

 富岡町の親子111人が昨年、滋賀県を訪れた際、同館が星空観察に協力して以来、交流が続いていた。

続きはソースで

2014年08月13日 09時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/science/20140812-OYT1T50141.html?from=ycont_top_txt

引用元: 【宇宙】1992年に火星と木星の間で発見された小惑星が「Tomiokamachi」と命名される

1992年に発見された小惑星が「Tomiokamachi」と命名されるの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ