1: のーみそとろとろφ ★ 2013/12/11(水) 16:03:15.64 ID:???

 神奈川県は10日、花粉の出ない「無花粉ヒノキ」を同県秦野市の山林で発見したと発表した。

 突然変異で正常な花粉ができない個体とみられる。
県によると、無花粉スギは1992年に富山県で発見されたが、ヒノキでは全国初という。
県は挿し木で苗木を育てて普及させ、花粉症対策に役立てる方針だ。

 県自然環境保全センターが2011年から4074本のヒノキを調べ、昨年4月に無花粉ヒノキ(推定樹齢約40年、高さ約10メートル)を発見した。
花粉のもとになる細胞が不均一で正常な花粉ができないという。11月に東京都内で開かれた森林遺伝育種学会で、専門家によって確認された。

 同センターは現在、約30本の苗木を育てており、4、5年後の品種登録を目指す。

(2013年12月11日14時27分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131211-OYT1T00238.htm?from=ylist
神奈川県秦野市で見つかった無花粉ヒノキをもとに、挿し木で育てた苗木(10日、横浜市の神奈川県庁で)
6

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20131211-484580-1-L.jpg



【朗報】「無花粉」のヒノキ、神奈川・秦野市で発見の続きを読む