1: 2014/09/18(木) 14:51:51.61 ID:???0.net
ゴマフアザラシ半減へ対策

 稚内市の沿岸など宗谷地方に定着しているゴマフアザラシが、深刻な漁業被害をもたらしていることから、道は捕獲したり追い払ったりして来年度から2年間で半減させることを盛り込んだ計画の素案をまとめました。

 この素案は、きのう開かれた有識者らによる検討会で道が示しました。

 道によりますと、越冬のためサハリン沖から南下したゴマフアザラシが夏の間も北上せず、昨年度は900頭が稚内市や礼文島の沿岸に定着しているのが確認されています。

 そして、タコやホッケ、スケソウダラなどを食い荒らす漁業被害は、昨年度1年間で4億900万円にのぼっているということです。

 このため計画の素案では、漁業者と協力しながら、捕獲したり、大きな音を出して追い払ったりして来年度から2年間で宗谷地方のアザラシを、昨年度の半分にするとしています。

 道は、ことし11月にも広く意見を募るなどして検討した上で、今年度中に計画を決定することにしています。

NHK NEWS WEB 09月18日 08時10分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20140918/4663291.html

引用元: 【社会】ゴマフアザラシ、2年間で半減へ対策 漁業被害深刻 北海道[09/18]

ゴマフアザラシ、2年間で半減へ対策 漁業被害深刻の続きを読む