理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

穀物

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/04/26(水) 05:06:11.64 ID:CAP_USER9
 小麦の代用品として注目されるイネ科の穀物「ソルガム」の普及促進に向けて、信州大学工学部(長野市)が、長野県や長野市、地元企業と連携して「信州ソルガム高度活用研究プロジェクト」を創設した。

 ソルガムは小麦アレルギーの原因物質の一つ「グルテン」を含まないことで知られる。プロジェクトでは、産学官の連携を生かし、アレルギーに悩む人向けのパンやケーキ、麺類などを想定して、新たな食品の開発や商品化を支援していく。

 ソルガムはトウモロコシに似たアフリカ原産の作物で、品種によりモチキビ、タカキビなどとも呼ばれる。栽培がしやすく、食用のほか、飼料やバイオマス発電の原料としても活用できる。長野県内では長野市の西山地区などで栽培されてきた。

 信州大では、2008年頃からソルガムの食品としての可能性に注目して研究を始め、試験栽培や試食会などを行ってきた。

続きはソースで

2017/4/25 14:59配信 読売新聞

http://yomiuri.co.jp/science/20170424-OYT1T50083.html?from=ytop_ylist
http://yomiuri.co.jp/photo/20170424/20170424-OYT1I50027-1.jpg
images


引用元: 【食】小麦アレルギーでない…「ソルガム」普及へ連携 [無断転載禁止]©2ch.net

小麦アレルギーでない…「ソルガム」普及へ連携の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/11(土) 00:39:58.62 ID:CAP_USER
奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 世界食糧供給の一助となるか
2017年02月09日 10:25 発信地:パリ/フランス

【2月9日 AFP】数百年前に南米アンデス(Andes)山脈のインカ(Inca)帝国で栽培されていた穀物キヌア(キノア、キンワとも)のほぼ完全なゲノム(全遺伝情報)を解読したとの研究結果が8日、発表された。
研究者らは、世界の飢餓問題解決の助けになる可能性があるとしている。
 
原産地以外では、欧米の健康食品愛好家らに最も良く知られているキヌアは、専門家らによると、栄養価が非常に高く、グルテンフリーで、必須アミノ酸、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいるという。
 
また、他の穀物に比べて「グリセミック指数(GI値)」が低い。
血糖値の上昇のしやすさを示すGI値の高さは、糖尿病患者にとって大きな懸念事項だ。
 
キヌアは、海抜4000メートル以下の大半の食用植物が生育困難な条件下でも育つ。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年02月09日 10:25 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3117177 
http://www.afpbb.com/articles/-/3117177?pid=0&page=2

▽関連
Nature 1?6 (2017) doi:10.1038/nature21370
Received 21 June 2016 Accepted 08 January 2017 Published online 08 February 2017
The genome of Chenopodium quinoa
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature21370.html
images


引用元: 【遺伝子】奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 世界食糧供給の一助となるか©2ch.net

奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 世界食糧供給の一助となるかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/10/31(月) 22:39:35.89 ID:CAP_USER
受精せず種子大きく=悪条件に強い穀物開発も-名大

植物の種子が育つには、花粉に含まれる精細胞と卵細胞の受精が必須と考えられてきたが、名古屋大の研究チームは精細胞を運ぶ「花粉管内容物」と呼ばれる液体に同じ役割があることを発見した。
米や小麦などは肥大した種子の一部(胚乳)が食用になるため、研究成果は高温や台風など受精しにくい条件でも生産できる穀物の開発に役立つと期待される。
論文は28日付の米科学誌サイエンスアドバンシズに掲載された。
 
名古屋大の笠原竜四郎博士らは、植物の花粉がめしべに受粉した後、花粉管を伸ばして精細胞を卵細胞に届ける際に、精細胞と一緒に液体を放出していることに着目した。
 
続きはソースで

(2016/10/29-05:55)

▽引用元:時事ドットコム 2016/10/29-05:55
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102900046&g=soc

▽関連
名古屋大
植物の花粉は受精しなくても種子を大きくできることを発見 ~気象条件に左右されない穀物生産に期待~
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20161029_itbm.pdf
ダウンロード (1)


引用元: 【植物学】受精せず種子大きく 悪条件に強い穀物開発も/名古屋大©2ch.net

受精せず種子大きく 悪条件に強い穀物開発も/名古屋大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/08/08(月) 02:02:44.57 ID:CAP_USER
世界初、スーパー穀物のゲノム解読に成功 京都大学と石川県立大学ほか

ほうれん草の仲間であるキヌアは、国連が2013年を「国際キヌア年」と定めたほど国際的関心を集める穀物だ。
今回、スーパーフードとも呼ばれるキヌアのゲノム(生物の設計図)解読成功が伝えられた。
国際農林水産業研究センター(JIRCAS)、京都大学、かずさDNA研究所、石川県立大学、株式会社アクトリーの共同研究による成果だという。


キヌアは南米アンデス地方原産の作物。
干ばつなどのさまざまな不良環境に対する適応性が高く、豊富な栄養価と優れた栄養バランスを持っている。
そのため、国際連合食糧農業機関(FAO)は世界の食料問題解決の切り札とし、米国航空宇宙局(NASA)は宇宙飛行士の食料として注目。
しかし、雑種になりやすい上に複雑なゲノム構造(異質四倍体)を持つため、遺伝子レベルでの詳細な解析は十分に進んでいなかった。

今回、共同研究グループは、分子解析に好適な標準自殖系統(純系の系統)を確立して、その系統から全DNAを抽出。
2種類の配列解読装置(次世代シークエンサー)を活用し、ゲノム概要配列(おおよその配列)を解読した。

(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:大学ジャーナル 2016年7月31日
http://univ-journal.jp/8899/
ダウンロード (2)


引用元: 【遺伝子】世界初、スーパー穀物「キヌア」のゲノム解読に成功/京都大学と石川県立大学ほか ©2ch.net

世界初、スーパー穀物「キヌア」のゲノム解読に成功/京都大学と石川県立大学ほかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/07/07(木) 17:55:07.45 ID:CAP_USER
寄生植物の侵入器官発生メカニズムの一端を解明 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160707_1/
寄生植物の侵入器官発生メカニズムの一端を解明 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160707_1/digest/


アジアやアフリカに、ハマウツボ科に属するストライガという寄生植物が生息しています。ピンク色の美しい花を咲かせますが、“魔女の草”とも呼ばれるこの植物は、イネ科のトウモロコシやソルガム(コーリャン)などの穀物の根に寄生し、収穫量を大幅に減少させます。除草剤は宿主の穀物も枯らしてしまうため、役に立ちません。現在、アフリカを中心に年間10億ドル(約1000億円)以上の農業被害があり、1億人の生活に影響を及ぼしているといわれています。

ハマウツボ科の寄生植物は、根に「吸器」と呼ばれる侵入器官を発達させ、宿主植物の根に侵入して水分や栄養を奪います。吸器の発生は寄生への最初のステップですが、吸器の発生がどのように制御されているのかは明らかになっていませんでした。理研の科学者を中心とする国際共同研究グループは、吸器の発生メカニズムを解明するために、ハマウツボ科に属するコシオガマという、日本に自生して農業被害が問題になっていない寄生植物をモデル植物として確立し解析を進めました。

続きはソースで

images (1)

引用元: 【植物学】寄生植物の侵入器官発生メカニズムの一端を解明 オーキシンの局所的な生合成が重要なステップ [無断転載禁止]©2ch.net

寄生植物の侵入器官発生メカニズムの一端を解明 オーキシンの局所的な生合成が重要なステップの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/06/24(金) 17:48:55.64 ID:CAP_USER
「火星の土」で作物栽培、食べても安全 オランダ研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000020-jij_afp-sctch
http://amd.c.yimg.jp/im_siggQ.OQounCruzTGd_wrrjPnA---x900-y675-q90/amd/20160624-00000020-jij_afp-000-3-view.jpg


【AFP=時事】オランダの科学者らは23日、火星の土壌を想定した土で育てた野菜と穀物4種について、食べても安全であることが分かったと明らかにした。

 オランダのワーヘニンゲン大学(Wageningen University)の研究チームによると、この土で育ったラディッシュ、エンドウ豆、ライ麦、トマトのどれからも「危険なレベル」での重金属は検出されなかった。

 それでも、火星の土に高いレベルで存在するカドミウムや銅、鉛など重金属が植物に吸収されることの詳細については、まだ不明な点も残るという。

 米航空宇宙局(NASA)が火星を想定して開発した土を使い、同大学は2013年から10種類の作物を育てる実験を行っている。

 ジャガイモを含む残り6種類の作物に関しては、さらなる研究が必要とされる。【翻訳編集】 AFPBB News

images (3)
 

引用元: 【農学/宇宙開発】「火星の土」で作物栽培、食べても安全 オランダ研究 [無断転載禁止]©2ch.net

「火星の土」で作物栽培、食べても安全 オランダ研究の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ