理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/28(火) 11:05:27.95 ID:CAP_USER9
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

日本人研究者らは長年にわたって月面の穴の研究を行っており、月のマリウス丘縦孔もすでに2009年の時点で見つけている。

続きはソースで

https://jp.sputniknews.com/science/201703283479936/
ダウンロード (2)


引用元: 【宇宙】JAXA、月面に地下トンネルの入り口を発見 ©2ch.net

JAXA、月面に地下トンネルの入り口を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/29(水) 07:08:17.57 ID:CAP_USER9
青森県つがる市の麦畑で今月13日、雪に覆われた畑で不自然にあいた巨大な穴が見つかった。
大きさは東西に3メートル、南北に2メートル、深さは2メートル以上あるという。
上空からの落下物によってできた可能性が高いとみられている。

続きはソースで

http://i.imgur.com/1GizFbP.png
http://www.news24.jp/articles/2017/03/29/07357604.html
ダウンロード


引用元: 【青森】“隕石”の落下?つがる市の麦畑に突然、巨大な穴 [無断転載禁止]©2ch.net

【青森】“隕石”の落下?つがる市の麦畑に突然、巨大な穴の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/14(水) 08:23:04.99 ID:CAP_USER9
かつて、野生の犬は、穴を掘るって寝床をつくる、食料を隠す、外敵から身を守る、涼む、出産、育児などを行っていました。

愛犬が眠る前にクルクルとまわって床やベッドをガリガリとするところを見たことがある人も多いかもしれません。
あれは、穴を掘り、寝床を作り、外敵から身を隠したり、風をよけたりしていた名残と言われています。

続きはソースで

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161214-00010003-dime-life
@DIME 12/14(水) 8:10配信

http://blog-imgs-84.fc2.com/o/i/o/oioi203/20151108.jpg
http://nagasakibana.com/global-image/units/img/6628-1-20160108215502.JPG
http://3.bp.blogspot.com/-6jmZWCafhDs/TsnzHFRj5xI/AAAAAAAAAME/bLdzaMi4i-c/s1600/IMG_5247.JPG
http://boris88.asablo.jp/blog/img/2006/06/12/1577c.jpg
http://blog-imgs-21.fc2.com/t/a/r/taro1124/DSCN8917-1.jpg
http://10karadeyamabe.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_19d/10karadeyamabe/E7A9B4E68E98E3828AE78AAC.jpg
ダウンロード (4)


引用元: 【】なぜ犬はときどき穴を掘ろうとするのか? [無断転載禁止]©2ch.net

なぜ犬はときどき穴を掘ろうとするのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/08/20(土) 18:38:15.07 ID:CAP_USER
2016.08.17 Wed posted at 10:27 JST

海底でギョロリとした目を持つ生物を撮影
http://www.cnn.co.jp/storage/2016/08/17/7b939a16fdb08d1babc612d59680f4da/stubby-squid-cuttlefish-story-top.jpg

(CNN) 米カリフォルニア州南部沿岸沖の海底探査で、まるでアニメのキャラクターのようにギョロリと大きな目をした紫色の海洋生物が撮影された。
この生物は「ボウズイカ」で、探査船「E/Vノーティラス」を使った海底探査で見つかった。探査チームにも正体が分からず、最初はイカとタコの中間のような生物ではないかと考えたという。

続きはソースで

https://twitter.com/evnautilus/status/765331041984901124

http://www.cnn.co.jp/fringe/35087562.html
ダウンロード


引用元: 【生物】海底で目をギョロリ、紫色の軟体動物を撮影 [無断転載禁止]©2ch.net

海底で目をギョロリ、紫色の軟体動物を撮影の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/08/15(月) 18:01:00.15 ID:CAP_USER
カメ祖先、最古の化石か=甲羅は穴掘りのため進化?-2億6000万年前地層・南ア:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081500679&g=soc
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0160815at48_p.jpg
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0160815at49_p.jpg


 南アフリカの約2億6000万年前(古生代ペルム紀)の当時陸地だった地層から、カメの祖先とみられる最古の化石を発見したと、同国のウィットウォーターズランド大などの研究チームが15日までに米科学誌カレント・バイオロジーに発表した。肋骨(ろっこつ)が太く、硬くなって甲羅に近くなっており、甲羅は前脚で力強く穴を掘って暮らすために進化した可能性があるという。
 中国の約2億2000万年前(中生代三畳紀)の海岸近くだった地層からは、甲羅の背中側が未完成で、腹側だけ完成した原始的なカメの化石が見つかっている。2008年に発表された論文では、甲羅は水中で、敵から弱点の腹を守るためにできたとの見方が示されていた。

(2016/08/15-17:02)

続きはソースで

ダウンロード (6)
 

引用元: 【古生物学】カメ祖先、最古の化石か=甲羅は穴掘りのため進化?-2億6000万年前地層・南ア [無断転載禁止]©2ch.net

カメ祖先、最古の化石か=甲羅は穴掘りのため進化?-2億6000万年前地層・南アの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/04/23(土) 23:19:57.36 ID:CAP_USER*.net
トライポフォビア(「穴に対する恐れ」の意)は一種の恐怖症で、これを抱える人々は、「何かがたくさん集まった画像」を目にした時に、感情的反応にさいなまれます。

普通に考えたら無害なもののはずなのに、です。特に、穴の集合に反応する人が多いようです。
トライポフォビアはまだ正式な病名として認められていませんが、この恐怖症についてネット上ではじめて話題になったのは2005年までさかのぼります。

この恐怖を引き起こすのは、蜂の巣や蓮の種などの自然物の場合もあれば、エアインチョコレートや積み上げられた工業用パイプ(正面からのアングル)などの人工物の場合もあります。
一見すると無害で、インターネットでの共有にも適していますが、これらの画像は不安にまつわる認知的変化や、皮膚のかゆみや鳥肌といった身体的兆候、吐き気や動悸、呼吸困難といった生理的変化など、さまざまな症状を誘発しうるものです。

この感情的反応を誘発するこれらの画像は、しかし一般的には脅威とは考えにくいものです。
ですから、この点でトライポフォビアは、ほかの多くの恐怖症とは異なります。

さまざまな恐怖症は、いずれも不安障害です。
学習や、持って生まれた進化のメカニズムによって生じると一般的には考えられています。
たとえば、犬にかまれた経験が原因で、犬恐怖症になることがあります。
あるいは、クモやヘビに対する恐怖心は、進化の過程に根ざしたものかもしれません。
ともかく、通常の恐怖症には、明確なものであろうと漠然としたものであろうと、あるいは本物であろうと想像力の産物であろうと、脅威が存在します。

ところが、トライポフォビアの場合、明らかな脅威というものが存在しません。
この恐怖症を誘発する画像群には、形状以外に共通点がほとんどありません。

どうやらこの形状こそが、これらの画像が誘発する恐怖の鍵を握っているようです。
トライポフォビアを自称する人でなくとも、こうした画像を見れば、恐怖を感じるほどではなくても不快に思いがちです。
実は、こうした画像はある「数学的性質」を備えており、視覚的不快感や眼精疲労、頭痛などの原因となる画像の大半がこうした特徴を共通して持っているのです。

続きはソースで

images

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160423-93397097-lifehac

画像
http://i.ytimg.com/vi/blU2hknfR4M/hqdefault.jpg
http://www.02320.net/wp-content/uploads/2013/05/trypophobia-lotus1.jpg

引用元: 【社会】ブツブツした穴の集合体が苦手…「トライポフォビア」の原因 (※観覧注意)

【閲覧注意】ブツブツした穴の集合体が苦手…「トライポフォビア」の原因の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ