理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

突入

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/02/06(月) 15:19:22.10 ID:CAP_USER9
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、国際宇宙ステーション(ISS)から分離した無人補給機「こうのとり」6号機が同日未明に大気圏に突入し、任務を終えたと発表した。
突入前に予定していた宇宙ごみの低減実験は、装置の不具合で断念した。
実験は先端に重りを付けた長さ約700メートルの導電性ケーブル(テザー)をこうのとりから放出し、電流を流して地磁気との干渉で生じる力を利用して、宇宙空間のごみを落下させられるかを調べる予定だった。

JAXAによると、1月29日未明にテザーを放出する指令を出したが、放出を確認できなかった。

続きはソースで 

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2629182?news_ref=top_latest


ダウンロード


引用元: 【JAXA】こうのとり、大気圏に突入し燃え尽きる…宇宙ごみ低減実験は失敗 [無断転載禁止]©2ch.net

【JAXA】こうのとり、大気圏に突入し燃え尽きる…宇宙ごみ低減実験は失敗の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/17(火) 18:48:45.38 ID:???.net
無人補給船ATV-5ジョルジュ・ルメートル、ミッションを完了 ATVの運用に幕
February 17 - 2015 - ATV

画像
http://www.sorae.jp/newsimg15/0216atv5.jpg
Image credit: ESA

 欧州宇宙機関(ESA)の無人補給船ATVの5号機、愛称「ジョルジュ・ルメートル」が2月15日、国際宇宙ステーションへの補給任務を終え、南太平洋上空の大気圏に再突入して燃え尽きた。
ATVはこの5号機が最後のミッションとなり、ESAは今後、ATVの技術を活かし、米航空宇宙局(NASA)の新型宇宙船オリオンの開発に参加する。

 ATV-5は2014年7月29日、南米仏領ギアナにあるギアナ宇宙センターから、アリアン5 ESロケットに搭載されて打ち上げられた。
そして8月12日にステーションに到着し、物資の補給や、スラスターを用いてステーションの軌道変更を行った。

 約20tの船体の中には、水や燃料、酸素、食料や生活必需品、実験機器など、約6.6tの補給物資が搭載されていた。これは、これまでATVが運んだ中で最大の積載量であった。

 そして2015年2月14日22時40分(日本時間、以下同)に、ゴミなどを搭載して国際宇宙ステーションを出航し、2月15日3時4分に南太平洋上空の大気圏に再突入して燃え尽き、ミッションを終えた。

 ATVはエアバス・ディフェンス&スペース社(旧EADSアストリウム社)が開発した無人補給船で、国際宇宙ステーションに物資や燃料などを補給することを目的としていた。
2008年に1号機が打ち上げられ、2011年からは毎年1機が打ち上げられた。

 ATV-5には、ベルギーの天文学者ジョルジュ・ルメートルの名前が与えられている。
歴代のATVにも、1号機にはジュール・ヴェルヌ、2号機にはヨハネス・ケプラー、3号機にはエドアルド・アマルディ、4号機にはアルベルト・アインシュタインと、それぞれ歴史上の偉人の名前が付けられている。

続きはソースで

■Last ATV reentry leaves legacy for future space exploration / ATV / Human Spaceflight / Our Activities / ESA
http://www.esa.int/Our_Activities/Human_Spaceflight/ATV/Last_ATV_reentry_leaves_legacy_for_future_space_exploration

images


ソース
http://www.sorae.jp/030608/5445.html

引用元: 【宇宙開発】 無人補給船ATV-5ジョルジュ・ルメートル、ミッションを完了 ATVの運用に幕

無人補給船ATV-5ジョルジュ・ルメートル、ミッションを完了 ATVの運用に幕の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/12(木) 12:20:22.22 ID:???*.net
欧州宇宙機関、大気圏再突入実験に成功 往復ミッション実現に前進
【AFPBB News】 2015/02/12 10:11

no title


【2月12日AFP】欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)は11日、大気圏への再突入技術を試す無人実験機
「IXV(Intermediate eXperimental Vehicle)」を打ち上げ、帰還させることに成功したと発表した。

翼を持たないくさび形の機体を持ったIXVは、100分間に及んだ今回のミッションで、サブオービタル(準軌道)飛行を実施した。軽量ロケット「ベガ(VEGA)」によりフランス領ギアナのESA基地から打ち上げられ、切り離された後に高度40万メートル以上まで上昇。東に向かった後に、極超音速のスピードで地球へ下降し、パラシュートで速度を落としてガラパゴス諸島(Galapagos Islands)の西約3000キロの海上に着水した。

ジャンジャック・ドルダン(Jean-Jacques Dordain)ESA長官はインターネット中継で「ミッションは計画通り終了した。これ以上にない最高の出来だ」と述べた。

続きはソースで

(c)AFP/Richard INGHAM

ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3039367
画像: 写真16枚
 http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/0/6/500x400/img_0699192f4335a14ba527ee8a34a65708119693.jpg
 http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/1/500x400/img_6163454e6336469f02cd399e032d597a221504.jpg

プレスリリース:
ESA EXPERIMENTAL SPACEPLANE COMPLETES RESEARCH FLIGHT
http://www.esa.int/Our_Activities/Launchers/IXV/ESA_experimental_spaceplane_completes_research_flight

関連スレッド:
【科学】無人補給機「ATV」の大気圏突入実験を断念 - 欧州宇宙機関(ESA) [15/02/11]
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423645830/

引用元: 【科学】「IXV」の大気圏再突入実験に成功、往復ミッション実現に前進 - 欧州宇宙機関(ESA) [15/02/12]

「IXV」の大気圏再突入実験に成功、往復ミッション実現に前進 - 欧州宇宙機関(ESA)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/11(水) 18:10:30.65 ID:???*.net
無人機の模擬実験を断念 欧州宇宙機関、装置が故障
【共同通信】 2015/02/11 8:24:21

no title


【ワシントン共同】欧州宇宙機関(ESA)は10日、国際宇宙ステーションにドッキング中の無人補給機「ATV」の電源装置の一部が故障したため、2月末に予定していた緩やかな角度での大気圏突入実験を断念すると発表した。

老朽化が進むステーションを将来落下させて廃棄する場合に備え、部品が燃え残るリスクを米航空宇宙局(NASA)と共同でシミュレーションする計画だった。

ATVは今回が最後の運用。予定を早めて15日に従来通りの急角度で大気圏に突入し燃え尽きるため、シミュレーションに十分なデータは得られない見通し。

ソース: http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021101000781.html

プレスリリース:
ATV TO BIG FAREWELL TO SPACE STATION FOR LAST TIME
http://www.esa.int/Our_Activities/Human_Spaceflight/ATV/ATV_to_bid_farewell_to_Space_Station_for_last_time

引用元: 【科学】無人補給機「ATV」の大気圏突入実験を断念 - 欧州宇宙機関(ESA) [15/02/11]

無人補給機「ATV」の大気圏突入実験を断念 - 欧州宇宙機関(ESA)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/19(火) 10:02:20.60 ID:???.net
降雨観測衛星「トリム」運用終了へ - 17年間のミッションに幕
[2014/08/18]

米航空宇宙局(NASA)は8月12日、 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同の熱帯降雨観測衛星「TRMM(トリム)」が燃料切れに近い状態にあり、2016年2月の大気圏突入とともに運用を終了する予定と発表した。

「トリム」は1997年に打ち上げられたNASA・JAXA共同開発の地球観測衛星で、降雨レーダー、マイクロ波観測装置、雷観測装置などを装備し、17年にわたり熱帯海洋域を含む地球規模での降雨観測に貢献してきた。
2014年2月には後継機「GPM」が打ち上げられ、「トリム」より広範囲での観測が実現している。

同機はすでに高度402kmから降下を始めており、残存している若干の燃料は降下している間、スペースデブリとの衝突を避けるために使用されるという。

なお、降雨データの提供は近く停止するが、マイクロ波観測装置と雷観測装置については大気圏突入まで引き続き運用されるとのこと。
__________

▽記事引用元 
http://news.mynavi.jp/news/2014/08/18/232/
マイナビニュース(http://news.mynavi.jp/)2014/08/18配信記事

▽関連リンク
JAXA
TRMM(Tropical Rainfall Measuring Mission)
http://www.eorc.jaxa.jp/TRMM/index_j.htm
NASA
TRMM
http://pmm.nasa.gov/node/158
http://trmm.gsfc.nasa.gov/

引用元: 【宇宙】熱帯降雨観測衛星「TRMM(トリム)」運用終了へ 17年間のミッションに幕/NASA JAXA

熱帯降雨観測衛星「TRMM(トリム)」運用終了へ 17年間のミッションに幕/NASA JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 16:26:03.10 ID:???.net

1970年代に旧ソビエト連邦の宇宙飛行士3人を宇宙空間に送り出した宇宙船のカプセルが来月7日、ベルギーで競売に掛けられる。
ドイツの競売会社レンペルツ(Lempertz)が23日、発表した。

 旧ソ連の宇宙カプセルが競売に登場するのは欧州初で、予想落札価格は140万ユーロ(約1億9800万円)。

 レンペルツによると、「再突入カプセル(Vozvrashchayemyi Apparat、VA)」と呼ばれるこのカプセルは、旧ソ連と米国が宇宙開発競争にしのぎを削った冷戦時代に開発された。
高さ2.2メートル、直径2.8メートルで、重量は2トン近い。

 78年には無人ミッションにも使用され、その後は訓練用として使われた。
当初はある英国企業に払い下げられたが、この企業が売却を決定し、レンペルツに管理を委託したという。 (c)AFP

続きはソースで
http://www.afpbb.com/articles/-/3013581
~~引用ここまで~~



引用元: 【宇宙】旧ソ連の「再突入カプセル」と呼ばれる宇宙カプセルが競売に、予想落札額およそ2億円


旧ソ連の「再突入カプセル」と呼ばれる宇宙カプセルが競売に、予想落札額およそ2億円の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ