1: フランケンシュタイナー(チベット自治区) 2013/08/07(水) 18:34:02.89 ID:iQCxE6zPT● BE:746453055-PLT(12000) ポイント特典

【ロンドン=佐藤昌宏】牛の幹細胞を試験管で人工培養して作ったハンバーグの公開試食会が5日、ロンドンで開かれた。

 試験管での牛肉培養は世界初といい、食肉増産に向けた技術として注目されている。試食した食物学者は「口当たりは本物の肉に近いが、脂分がなくジューシーではない」と感想を語った。

 培養肉を作ったのは、オランダ・マーストリヒト大のマーク・ポスト教授。2頭の種類の異なる牛から取り出した幹細胞を3週間培養し、約2万の筋繊維にした。
これを、西洋赤カブなどで赤く着色した上、パン粉などをつなぎにして140グラムの生地にした。焼き上がりは、普通のハンバーグのような見た目だった。

 ポスト教授は、この研究に5年をかけた。約25万ユーロ(約3200万円)の研究費は、インターネット検索サービス最大手・米グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリン氏が「動物保護のため」として負担した。

 ポスト教授は会場で「(培養肉は)魚や鶏でも可能で、10~20年後にはスーパーマーケットで販売されているだろう。20年後には台所での培養も可能になるのではないか」と語った。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130807-OYT1T00383.htm?from=ylist
a17843a1.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130807-997799-1-L.jpg



牛の幹細胞を試験管で人工培養して作ったハンバーグの公開試食会がロンドンで開かれたの続きを読む