1: 2015/09/17(木) 11:34:24.90 ID:???*.net
読売新聞 9月17日 11時2分配信

 ソニーは16日、高精細な4K映像で患部を撮影できる外科手術用の内視鏡を開発したと発表した。

 オリンパスと2013年に医療機器の合弁会社を設立してから初の製品で、15年10月から順次、国内と欧州で発売する。
ソニーの構造改革の一環で、成長が見込める医療分野を強化する考えだ。

 新製品は、暗い場所でも鮮明に撮影できるソニーの画像センサーと、国内の内視鏡シェア(占有率)首位のオリンパスの技術を組み合わせた。

血管が識別しやすくなり、手術時間の短縮に役立つという。高難度の手術で活用が見込まれる。

 ソニーの勝本徹氏は「両社の資産をフル活用した。誇りを持って世界に送り出したい」と語った。

 ソニーは15年3月期までの5年間に、税引き後利益で計9000億円以上の赤字を計上した。テレビなど家電事業の不振が主因だ。

ダウンロード (1)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-00050022-yom-bus_all

引用元: 【技術】手術用高精細4K内視鏡を開発…ソニーが発表

手術用高精細4K内視鏡を開発…ソニーが発表の続きを読む