理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

組成

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/24(月) 18:10:31.04 ID:???.net
木星探査、日本の技術で…電磁波から生命探る : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150824-OYT1T50059.html

画像
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20150824/20150824-OYT1I50016-L.jpg
ガニメデ(NASA提供)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20150824/20150824-OYT1I50017-L.jpg


 総務省所管の情報通信研究機構(NICT)が開発した電磁波観測技術が「欧州宇宙機関」による木星圏探査に採用されることになった。

 木星の衛星「ガニメデ」の大気の組成や表面の氷の状態を調べ、生命体の有無などを探る重要な役割を担うことになる。

 欧州宇宙機関は2022年に木星圏探査機「JUICE(ジュース)」を打ち上げ、探査機は30年に木星周辺に到達する予定だ。

000


引用元: 【宇宙開発/技術】木星の衛星「ガニメデ」の探査、日本の電磁波観測技術で 電磁波から生命探る

木星の衛星「ガニメデ」の探査、日本の電磁波観測技術で 電磁波から生命探るの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/14(火) 21:38:45.66 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
sssp://img.2ch.net/premium/2829673.gif
 米航空宇宙局(NASA)は14日、無人探査機「ニューホライズンズ」が打ち上げから9年半の旅を経て、日本時間の14日午後8時49分ごろ、冥王星に最接近したと発表した。

ダウンロード


冥王星への接近は史上初。接近観測にも挑む。

探査機は現在、地球から約48億キロ離れており、探査機の現状を把握するには時間がかかるが、探査機は秒速約14キロのスピードで冥王星から約1万3000キロまで近づいたとみられる。

 探査機は、2006年1月に打ち上げられ、30億キロ以上を航行した。冥王星上空からは地表や大気の組成などを観測する計画で、
最接近時の観測が成功したかどうかは、15日午前10時ごろに判明する見通し。観測データ全てが地球に届くのは16年後半になる。

 地球からは、ぼんやりとした姿しか確認できなかった冥王星だが、探査機が撮影した画像などから、クレーターと見られる地形や表面の模様が確認され、直径は2370キロと分かった。
NASAは14日、冥王星から250万キロの場所から13日に撮影したハート形の明るい模様が確認できる画像を公開した。
同じ模様は7日も撮影されたが、それより輪郭や地形がくっきりしていた。

 冥王星への接近後、探査機はさらに遠くにある太陽系の小天体を観測する予定だ。【伊藤奈々恵】

画像
http://img.mainichi.jp/sp.mainichi.jp/select/images/20150715k0000m040091000p_size5.jpg
接近中のニューホライズンズが約76万6000キロ上空から13日に撮影した冥王星。白っぽいハート形の模様が正面に見える=NASA提供

毎日新聞 7月14日 21時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150714-00000073-mai-sctch

引用元: 【天体】冥王星に米の無人探査機が最接近…史上初

冥王星に米の無人探査機が最接近…史上初の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/02(木) 12:15:01.85 ID:???.net
7世紀初頭、壮大な交易/「モザイク玉」はペルシャ産 | 香川のニュース | 四国新聞社
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/culture/20150701000151

画像
http://www.shikoku-np.co.jp/img_news.aspx?id=20150701000151&no=1
ササン朝ペルシャ領域の西アジア産と分かったモザイク玉
http://www.shikoku-np.co.jp/img_news.aspx?id=20150701000151&no=2
モザイク玉が出土した安造田東三号墳の石室内=香川県まんのう町羽間

http://www.shikoku-np.co.jp/img_news.aspx?id=20150701000151&no=3


 香川県まんのう町羽間の安造田東(あそだひがし)三号墳から出土した装飾品のガラス玉「モザイク玉」が30日、西アジアのササン朝ペルシャ(226~651年)で制作された可能性が高いことが明らかになった。1990年の発見当初から、2~4世紀に黒海周辺で作られたとみられていたが、制作地域がほぼ特定できたことで、三号墳が築造された7世紀初頭の壮大な交易の実態が実証され、当時の対外交易の広がりを知る貴重な資料として期待が集まっている。
【→参照記事】

 特に、モザイク玉の素材分析に当たった奈良文化財研究所(奈良市)や徳島文理大の大久保徹也教授らによると、三号墳は中堅クラスの豪族の古墳であり、その豪族が高級品の外国産のモザイク玉を所持していたことは重要という。三号墳は南北と東西方向の2本の交流ルートが交差する位置にあり、「交通の要衝を治めていた豪族が、自らも交流に関わることで高級品を所持できたと考えられ、大変興味深い」としている。

 モザイク玉は発見当初から、黒海周辺で作られたとみられていたが、「当時の分析方法では変色する危険性があった」(町教委)などの理由で、調査を一時断念していた経緯がある。その後の分析技術の発達により、同研究所が昨年、自然科学的調査を実施。エックス線による内部構造調査や化学組成を分析し、制作技法やガラスの種類、着色剤などを推定した。

続きはソースで

ダウンロード


引用元: 【考古学】安造田東三号墳から出土した「モザイク玉」はササン朝ペルシャ産 7世紀初頭、壮大な交易 香川

安造田東三号墳から出土した「モザイク玉」はササン朝ペルシャ産 7世紀初頭、壮大な交易 香川の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/25(水) 01:00:50.11 ID:???.net
掲載日:2015年3月24日
http://www.sankei.com/region/news/150324/rgn1503240006-n1.html

no title


 県立橿原考古学研究所は、昨年1月に御所市の秋津遺跡で見つかったと発表した弥生時代前期の 米が科学調査の結果、「現代の米」とわかったと訂正発表した。発掘現場周辺の水田から雨水で流れ込むなどした現代の米を弥生時代前期の米と勘違いしたという。

 秋津遺跡は弥生時代前期の水田跡などが広がる遺跡。平成21年度から橿考研が調査しており25年11月、水田跡の遺構(地表下約1・5メートル)上で見つかった玄米11粒について、26年1月に橿考研で開かれた研究集会で、「2400~2600年前の弥生時代前期の古代の玄米」と発表した。

続きはソースで

<参照>
秋津第8次調査出土イネ種子の放射性炭素年代測定結果をうけて
http://www.kashikoken.jp/from-site/2014/akitsu8_ine_press.pdf

引用元: 【訂正報】古代米は「現代の米」、奈良・橿考研が訂正発表 御所・秋津遺跡で発見

古代米は「現代の米」、奈良・橿考研が訂正発表 御所・秋津遺跡で発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/25(水) 19:00:24.49 ID:???.net
NTT、産地偽装を簡単に見破る技術 農産物の水分子で特定  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG19H6V_T20C15A2TJM000/

no title


 NTTはレーザー光を使ったガスセンサーで農産物や加工品などの産地偽装を簡単に見分ける技術を開発した。農作物に含まれる水の組成を調べる。3~5年後には産地の認証サービスとして実用化を目指す。

 水の分子にはわずかに重さが違う同位体という3種類の分子が存在する。海の近さや気温差など地域の気候によって農業用水などが含む同位体の比率が違う。新技術は農産物を加熱し出てきた水蒸気をセンサーで調べ、産地を推定する。実験では日本やチリ、カリフォルニア産のレモンの果汁を見分けられた。

続きはソースで

引用元: 【技術/社会】NTT、産地偽装を簡単に見破る技術 農産物の水分子の同位体比率で特定

NTT、産地偽装を簡単に見破る技術 農産物の水分子の同位体比率で特定の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/28(木) 08:30:28.23 ID:???.net
レスポンス 8月25日 16時45分配信

国立天文台、甲南大学、兵庫県立大学、米国のノートルダム大学とニューメキシコ州立大学の研究者からなる研究チームは、すばる望遠鏡を使って天の川銀河内の星を調査し、これまでに知られていない特異な元素組成をもつ星(SDSS J0018-0939)を発見した。

今回発見した特異な組成をもつ星は、巨大質量の初代星によってつくられた可能性があり、今回の観測結果は宇宙初期における巨大質量星の進化と元素合成について手がかりを得る上で、新たな知見をもたらす可能性がある。

この星は、くじら座の方向に、地球から1000光年ほどの距離にあり、太陽質量の半分程度という小質量星。

研究チームは、天の川銀河の初期に誕生したとみられる、小質量星の詳しい元素組成の測定を進める中で、特異な元素組成をもつ星SDSS J0018-0939を発見した。
すばる望遠鏡に搭載された高分散分光器(HDS)で観測し、スペクトルを詳しく調べたところ、鉄の組成は太陽の300分の1程度で、比較的軽い元素である炭素やマグネシウムの組成は、太陽の1000分の1以下というものだった。

鉄以外の元素の組成が極端に低いことから、この星は初代星から放出された元素が周囲の水素ガスと混ざってできたガス雲から生まれてきた第2世代の星であると考えられる。

初期世代星の元素組成は、多くの場合、太陽質量の数十倍の大質量星が起こす超新星の元素合成モデルでよく説明されてきた。
しかし、今回発見された星の元素組成は、説明できない。これに対し、巨大質量星の爆発は鉄を比較的多量につくり出すのが特徴で、予想される元素組成はこの星の組成の全体的な傾向を説明することができる。この星には、巨大質量の初代星によってつくり出された元素組成が記録された可能性があるとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00000049-rps-sctch

引用元: 【宇宙】すばる望遠鏡で特異な元素組成を持つ星を発見、国立天文台など

すばる望遠鏡で特異な元素組成を持つ星を発見、国立天文台などの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ