理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

結実

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/21(日) 02:18:40.57 ID:???*.net
植物ホルモンに関する機能を制御して、受粉していないトマトを結実させることに成功したと、筑波大などの研究チームが発表した。

ダウンロード (1)


この技術を応用すれば人工授粉を省いて生産を効率化でき、トマトの増産や価格安定につながるという。

植物にとって果実は植物の種子を発達させる重要な場所。
動物が食べると、ふんとともに種子を落とし、分布拡大につながる。
キュウリなど一部の作物は受粉しなくても実がなるが、養分を使う一方で種子ができないため子孫維持に不利だ。

チームは、トマトの雌しべから放出されるガス状の植物ホルモン「エチレン」に注目した。
放出量を測定したところ、受粉前は大量に出ていたが、受粉後は急激に減少した。

エチレンが結実を抑えていると見込み、未受粉のトマトの雌しべを化学処理してエチレンの感受性を低下させたところ結実。

続きはソースで

【去石信一】

06月20日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150620dde041040025000c.html

画像:DNAを変化させてエチレンへの感受性が低下し、未受粉で結実したトマト。扱いやすいように小さく改良した品種で実験した
=茨城県つくば市の筑波大で2015年6月18日、去石信一撮影
http://mainichi.jp/graph/2015/06/20/20150620dde041040025000c/image/001.jpg

引用元: 【科学】受粉無しでトマトを実らせることに成功 植物ホルモンを制御 筑波大発表[毎日新聞]

受粉無しでトマトを実らせることに成功 植物ホルモンを制御 筑波大発表[毎日新聞]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/05(金) 14:48:45.08 ID:???0.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-05131221-webtoo-l02
「リンゴ? それともナシ?」。鶴田町野木のリンゴ園で、「つがる」の木に山吹色をしたナシのようなリンゴが4個並んで実を付け、園主の寺山司さん(51)たちを驚かせている。

 寺山さんによると、樹齢はおよそ25年。摘果作業中、変わった色の実を見つけ、「(果皮がさび状になる)さび果にしてはきれいだな」と大事に育ててきた。

 収穫期を迎えた木には、赤く色づいたリンゴが鈴なりだが、1本の枝だけはナシのような果実が並び“異彩”を放っている。

 県産業技術センターりんご研究所の研究者は「ウイルスなどによる病害ではなく、枝変わり(突然変異)ではないか」と分析した。

 気になるのは食味だが、寺山さんは「せっかくなので、すぐには収穫せず、しばらく様子を見てみたい」と話している。

画像 赤く色づいた「つがる」に囲まれ、ナシのような色合いのリンゴが4個並ぶ=2日、鶴田町野木
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-05131221-webtoo-l02.view-000

引用元: 【青森】リンゴの木にナシ?が4個…「突然変異か」と研究者

【青森】リンゴの木にナシ?が4個…「突然変異か」と研究者の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/20(水) 23:39:24.86 ID:???

花粉を受粉させなくても、放っておくだけでしっかりとした実を結ぶ新タイプのトマトを、筑波大などの研究チームが開発し、19日発表した。
品種として広まれば、ハウス栽培の際にハチを使って受粉させたり、花に植物ホルモンを吹きかけたりする作業が不要になり、トマト農家の省力化に役立つという。

 受粉なしで実がなる品種は、キュウリなどではすでに実用化している。
トマトでは、実が割れやすかったり、柔らかすぎたりするものが多く、農家に広く普及するには至っていない。

 そこで、研究チームは人工的に作り出した1万種類を超す突然変異株の性質を調べ、新タイプのトマトを見つけ出した。
十分な品質の実ができることを確認。
受粉なしで実をつける性質を生む新たな遺伝子の変異も特定した。
共同研究を進めるカゴメ、理化学研究所とともに11月上旬、特許を出願した。

 江面浩・筑波大教授は「今回の研究成果を生かせば、将来、メロンなどの作物についても、受粉が不要な新品種づくりに応用できるだろう」と話している。

f2185bba.png

朝日新聞 2013年11月20日10時00分
http://www.asahi.com/articles/TKY201311190444.html

筑波大学プレスリリース
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/p201311191400tom.pdf



【農学】新型トマト、受粉なしでOK 筑波大など開発の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ