理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

緊急

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/15(木) 16:08:42.47 ID:???0.net
ISSで「アンモニア漏れ」か 6人の宇宙飛行士緊急避難、誤作動の可能性
【産経ニュース】 2015/1/15 00:12

ロシア宇宙庁などによると、国際宇宙ステーション(ISS)の米国セグメントで14日、アンモニア漏れが起きたとの表示があり、宇宙飛行士らはロシアのセグメントに避難した。

ただ米航空宇宙局(NASA)によると、その後の調査でアンモニアを検出しておらず、表示の誤作動の可能性があるという。

ISSには現在、米露とイタリアの6飛行士が滞在している。(共同)

ソース: http://www.sankei.com/life/news/150115/lif1501150001-n1.html
>>2へつづく(続報)

引用元: 【科学】ISSで「アンモニア漏れ」警報...6人の宇宙飛行士ら一時避難、誤作動か [15/01/15]

ISSで「アンモニア漏れ」警報...6人の宇宙飛行士ら一時避難、誤作動かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/08(木) 23:25:33.75 ID:???.net
掲載日:2015年1月8日

 災害や有事などの緊急時にすぐ打ち上げる「使い捨て」タイプの小型観測衛星の開発を、政府が来年度から本格的に検討することが分かった。

 救助や情報収集に役立つ可能性があるという。

 この衛星は「即応型小型衛星」と呼ばれ、政府の宇宙政策委員会が昨秋、公表した新たな「宇宙基本計画」素案で検討事項にしている。

 縦、横、高さとも70センチ・メートル程度で、重さ100~150キロ・グラムの衛星をあらかじめ組み立てておき、緊急時にカメラなど必要な機器を積んで打ち上げる構想だ。

 通常の衛星の半分程度となる地上200~300キロ・メートルを「低空飛行」し、詳しく観測する。
この高度だと、1週間ほどで大気圏に突入して燃え尽きるという。

<画像>
「即応型」小型衛星のイメージ
http://www.yomiuri.co.jp//photo/20150108/20150108-OYT1I50030-L.jpg

<参照>
宇宙政策委員会 開催状況 - 内閣府 - 第2回基本政策部会議事録
http://www8.cao.go.jp/space/comittee/kihon-dai2/gijiroku.pdf

宇宙政策委員会 報告書等 : 宇宙政策 - 内閣府 - 宇宙政策委員会 基本政策部会 中間取りまとめ
http://www8.cao.go.jp/space/comittee/kettei/26kihon-tyukan.pdf

<記事掲載元>
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150108-OYT1T50132.html

引用元: 【衛星】災害、有事の「使い捨て」衛星…政府が開発検討

災害、有事の「使い捨て」衛星…政府が開発検討の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/20(木) 22:21:22.42 ID:???0.net
腹くう鏡手術 学会が緊急の実態調査へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141120/k10013361121000.html
NHK 11月20日 17時29分
 

群馬大学医学部附属病院で、腹くう鏡の手術を受けた患者8人が術後3か月余りの間に死亡していたことを受け、専門の医師で作る日本肝胆膵外科学会は全国の病院を対象に、腹くう鏡の手術のあと短期間に死亡した患者がどのくらいいるのか、緊急の実態調査を始めることになりました。

群馬大学医学部附属病院では今月14日、腹くう鏡を使った肝臓の手術を受けた患者8人が術後3か月余りの間に死亡していたことが明らかになり、病院が詳しい調査を進めています。

これまでのところ手術と死亡との因果関係は分かっていませんが、8人の手術はいずれも高度な技術が必要で、安全性や有効性が十分に確認されていない保険適用外の手術だったということで、全国の専門医で作る日本肝胆膵外科学会は、こうした手術が医療現場でどのように行われているのか緊急の実態調査を始めることになりました。

具体的には、がんセンターや大学病院など全国214の病院を対象に、過去4年間に腹くう鏡を使った手術で術後90日以内に死亡した患者がどのくらいいるのかや、院内の倫理委員会の承認を得て手術を行ったのかなどを調べます。

日本肝胆膵外科学会の宮崎勝理事長は「ここ数年、開腹手術でも非常に難しい手術に腹くう鏡でチャレンジする人が出てきた。無理な手術が行われていないか検証する必要がある」と話しています。


引用元: 【医療】8人死亡の腹腔鏡手術、学会が緊急の実態調査へ [11/20]

8人死亡の腹腔鏡手術、学会が緊急の実態調査への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/24(金) 00:28:11.04 ID:???0.net
エボラ熱「緊急事態」継続=西アフリカ3国依然深刻-WHO
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014102300968
時事通信 2014/10/23-23:52
 
 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は23日、西アフリカで流行するエボラ出血熱に関する緊急委員会の声明を発表し、リベリアとギニア、シエラレオネ3カ国の状況は「依然として深刻な懸念」と指摘した上で、8月に宣言した「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」との判断を継続した。

 緊急委は22日に開催された。エボラ熱の感染拡大を現地で食い止めることが重要として、3カ国の空港や港湾などでの出国検査強化を呼び掛ける一方、感染国に対する経済的打撃を避けるため、渡航禁止や貿易制限の措置を講じないよう各国に求めた。

引用元: 【エボラ出血熱】WHO、「緊急事態」継続 西アフリカ3国依然深刻…他方で経済的打撃避けるため渡航禁止や貿易制限せぬよう求める [10/23]

【エボラ出血熱】WHO、「緊急事態」継続 西アフリカ3国依然深刻…経済的打撃避けるため渡航禁止や貿易制限せぬよう求めるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: フライングニールキック(チベット自治区) 2013/08/16(金) 01:22:26.84 ID:5cEPnRTfT● BE:567296238-PLT(12555) ポイント特典

http://commonpost.info/?p=74490

電池不要で無線通信ができる画期的なデバイスシステムが開発される!!災害時の緊急アラートに利用も!!
投稿日: 2013年8月16日 作成者: キルロイ
70857464.jpg

http://commonpost.info/wordpress/wp-content/uploads/2013/08/192.jpg

電化製品の多くは、電池がなければ動作しません。ところがワシントン大学の研究者らは、一切の電池を使わず動作する電池不要のデバイスシステムを開発することに成功しました。

https://www.youtube.com/watch?v=gX9cbxLSOkE



この電池をカードのような装置は、電池を使わずに動作して無線通信ができます。動作に使う電気は、空中に漂っているテレビや携帯電話の電波を利用します。

2つの装置は、空中を漂う電波から電気を作り出し、その電気を使って無線信号を互いに送り合います。またテキストメッセージや連絡情報などをやりとりできるだけの十分な情報を送受信することができます。

既存のデバイスのように電池を使わないため電池交換が不要のこのシステムを使えば、一度設置するだけで建造物の状態を常に監視するなどの利用方法が考えられます。またスマートフォンにも搭載できるため、電池切れになったスマートフォンでも緊急連絡を取るような機能を搭載することもできます。

現代の地球上では、電波が飛んでいない空間は皆無と言っても過言でないため、どこでも使うことができそうですね。電池を使わず無線通信ができる画期的なシステムでした。

source
http://www.washington.edu/news/2013/08/13/wireless-devices-go-battery-free-with-new-communication-technique/



電池不要で無線通信ができる画期的なデバイスシステム!!災害時の緊急アラートに利用も!!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/24(水) 22:46:03.26 ID:???

ボーイング、CST100宇宙船からの緊急着水時の避難に成功
2013年7月22日(月) 18時58分


ボーイングは7月19日、クルー・スペース・トランスポーテーション(CST)‐100カプセルに乗り込んだ乗組員達が、海などの水上に緊急着水した場合、安全に宇宙船から脱出する為のテストを実施したことを発表した。

CST‐100は地球に帰還した際、陸上に着陸するようにデザインされているが、ボーイングのエンジニアはNASAと国防省のサーチ・アンド・レスキューの人員達と共に働き、カプセルが海上や湖上、河川上など幾つかの緊急着水をした場合を想定し、避難シナリオのテストを行った。

「乗組員の安全は我々の最高の優先である。水上着水は起こり難いが、我々にとって宇宙船が全ての可能性のあるシナリオでテストすることは重要である」
とボーイングのテスト・ディレクターであるアレックス・ディアス氏は語った。

テストはNASAのCCiCap(商用乗組員統合機能)の初歩の一部として、ネバダ州ラスベガス北部にあるビゲロウ・エアロスペースで7月8日に実施された。

CST-100は乗組員達や積荷を、国際宇宙ステーションなどに運ぶ。
CST-100カプセルの最初の有人周回軌道飛行は、2016年に予定されている。
《河村兵衛》

17360bdf.jpg

▽記事引用元 Response. 2013年7月22日(月) 18時58分配信記事
http://response.jp/article/2013/07/22/202667.html
http://response.jp/imgs/zoom/582548.jpg
http://response.jp/imgs/zoom/582547.jpg

▽関連
NASA
Commercial Crew Program Updates
http://www.nasa.gov/exploration/commercial/crew/index.html



【宇宙開発】次世代有人宇宙船CST‐100カプセル 緊急着水をした場合を想定し、避難シナリオのテスト/ボーイングの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ