理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

緑藻

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/20(日) 10:14:45.51 ID:CAP_USER.net
藻の遺伝子で視覚回復臨床試験 世界初、米チームが実施へ
共同通信47NEWS 2016/3/19 18:19
http://this.kiji.is/83852529705715193

【ワシントン共同】米テキサス州のサウスウエスト網膜財団などのチームが、光を感じる網膜の異常で著しく視力が低下した人や失明した患者の目に緑藻の遺伝子を入れて、視覚の回復を目指す治療の臨床試験を近く実施することが19日、分かった。
チームによると、この遺伝子治療の臨床試験は世界初という。

網膜の細胞の代わりに、緑藻遺伝子が作り出すタンパク質が光を感知する仕組み。

続きはソースで

images (1)

▽関連
Retina Foundation of the Southwest
http://retinafoundation.org/

引用元: 【医学】患者の目に緑藻の遺伝子を入れて視覚回復臨床試験 世界初、米チームが実施へ[03/19]

患者の目に緑藻の遺伝子を入れて視覚回復臨床試験 世界初、米チームが実施への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/12(木) 22:49:33.77 ID:???.net
掲載日:2015年2月12日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150212/235375.html

 東北大学の八尾寛教授らによる研究グループは、緑藻クラミドモナスに見られる光応答性イオンチャネルの改変体を筋芽細胞に組み込むことで、光に対して感受性を持つ筋細胞を開発すること、さらにその細胞に光を照射することで収縮能力を獲得した骨格筋細胞に成熟させることに成功した。

images


 未分化な細胞が分化・成熟する過程には、電気刺激や張力などの外部からの刺激が必要であることが知られている。
しかし、従来のタンパク質による細胞培養法では刺激に対して収縮運動する細胞が少なく、骨格筋を対象とした研究は主に動物実験で調べられてきた。

 今回の研究では、チャネルロドプシングリーンレシーバー(ChRGR)の遺伝子を筋芽細胞に組み込むことで、光に対して感受性を持つ筋細胞を開発した。そして、培養中の細胞に対して継続的に青緑色光を照射したところ、細胞内にある収縮の最小構成単位であるサルコメア構造の発達が促進されることが分かった。

続きはソースで

<画像>
光照射による筋細胞のトレーニング前の未熟な細胞(左)、とトレーニング後の収縮構造(サルコメア)が構築された細胞(右)。緑:ChRGR、マゼンタ:サルコメア(東北大学の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015021215172230big.jpg

<参照>
光で筋肉を再生! ~ALSなどの難病治療に対する新... | プレスリリース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/02/press20150205-01.html

Optogenetic induction of contractile ability in immature C2C12 myotubes : Scientific Reports : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/srep/2015/150209/srep08317/full/srep08317.html

引用元: 【光遺伝学】東北大、光で筋肉を再生する技術を開発 ALSなどの治療法開発に期待

【すごい】東北大、光で筋肉を再生する技術を開発 ALSなどの治療法開発に期待の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/12(水) 22:53:21.25 ID:???.net
ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される
http://wired.jp/2014/11/12/virus-that-makes-humans-more-stupid/
WIRED; TEXT BY EMIKO JOZUKA; TRANSLATION BY TOMOKO TAKAHASHI/GALILEO; 2014.11.12 WED


ジョンズ・ホプキンズ大学医学部等の研究者チームが、通常は藻に感染するウイルスが、人間やマウスの脳に感染する場合があることを発見した。感染すると、有意で「認知能力が低下する」ことも明らかになった。


ジョンズ・ホプキンズ大学医学部とネブラスカ大学リンカーン校の研究チームが、人間の脳に感染して「知能を低下させる」ウイルスを発見した。

先ごろ「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」誌に発表された研究論文によると、研究チームは、まったく別の研究(精神疾患に影響を与えるウイルスの研究)で人間の喉に存在する微生物を調べていた際に、偶然にこのウイルスを発見したのだという。

健康な被験者の咽頭から発見されたDNAを調査したところ、通常は緑藻に感染するウイルス「ATCV-1」のDNAと一致したのだ。

研究チームが発見したこの藻類ウイルスは、これまで人間には害を及ぼさないと考えられていた。ところがこのウイルスは、人間の認知能力、たとえば空間認識や視覚処理に関する能力に影響を与えることが明らかになった。

研究チームが被験者92人の咽頭を調べたところ、44%の人からATCV-1ウイルスが見つかった。そして、ウイルスが見つかった被験者は、見つからなかった被験者に比べ、空間認識や視覚処理を評価するテストの成績が低かった(差は10%ほどで、それほど大きいものではないが、有意な差だった。影響を及ぼしそうな喫煙、学力、収入、性別、出身地、人種等の因子では有意な差は無かったという)。

この研究結果から、人間の身体には無害でも、認知能力を低下させるウイルスが存在することが明らかになった。ただし、ATCV-1ウイルスが人間に感染する経路はまだはっきりしておらず、緑藻の生える淡水や湖などを避ける必要はないとのことだ。

※リリース等によれば、感染させたマウスは迷路を解くのに時間がかかったり、新しい入り口などが設置されても気付かない、といった影響が見られた。感染したマウスを調べたところ、このウイルスは、(記憶や空間認識と関連した)海馬における遺伝子の発現に影響を与えることが明らかになったという。


原論文:
Chlorovirus ATCV-1 is part of the human oropharyngeal virome and is associated with changes in cognitive functions in humans and mice
http://www.pnas.org/content/111/45/16106.abstract

引用元: 【医療】ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される | WIRED [11/12]

【マジ?】ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見されるの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ