理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

織田信長

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/11/16(金) 19:38:18.91 ID:CAP_USER
明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」の8日後に、信長の重臣として知られる柴田勝家が織田方に宛てた直筆の書状が新潟県新発田市で見つかりました。光秀の討伐に出遅れた勝家が、当時、京都から大阪に展開していた光秀の居場所を正確に把握できていなかったことがうかがえる内容で、専門家は「本能寺の変直後の勝家の情報収集の水準がわかる貴重な記録だ」と指摘しています。

今回見つかった書状は、本能寺の変の8日後の天正10年6月10日、今の福井市の居城にいた柴田勝家が、織田方の武将、溝口半左衛門に宛てて書いたものです。

郷土史に詳しい新潟大学の冨澤信明名誉教授が新発田市の溝口家に残る歴史資料の中から見つけました。

書状の冒頭には、「天下の形勢は致し方ないことで言語に絶するばかりだ」と・・・

続きはソースで

https://res.cloudinary.com/hjnhxxcu5/image/upload/c_fit,h_419,w_800/v1542341072/14805.png
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181116/K10011712961_1811161218_1811161224_01_02.jpg

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181116/k10011712961000.html
ダウンロード (1)


引用元: 「本能寺の変」後の柴田勝家直筆の書状見つかる。明智光秀の居場所把握できず?[11/16]

「本能寺の変」後の柴田勝家直筆の書状見つかる。明智光秀の居場所把握できず?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/03(金) 18:40:40.16 ID:???*.net
日本では昭和初期まで、糖尿病は珍しい病気でした。患者は数千人に1人程度だったようです。
ところが戦後の高度成長期以降、急増し、今では40歳以上の3人に1人が糖尿病かその予備軍といわれています。

images


糖尿病は自覚症状が少ないため、積極的に治療しない人も少なくありません。
しかし、放っておくと神経障害、失明、脳卒中などを引き起こす可能性もあり、油断は禁物。早めに治療するのが一番です。

有効な治療法がなかった時代は、歴史上の有名人も糖尿病に苦しめられています。たとえば織田信長。
飲水病(糖尿病)にかかっていたという記録が残っています。
信長は神経障害による体のシビレや痛みに悩んでいて、そのイライラが高じたためにカンシャクを起こしたり、
残虐な行為に走ったのではないか。そう考える研究者もいます。

http://taishu.jp/14712.php

引用元: 【医療】織田信長は糖尿病だった!?

織田信長は糖尿病だった!?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/05/13(火) 20:42:37.36 ID:???0.net

織田信長の居城跡で特別史跡に指定されている安土城跡(近江八幡市)について、県教委は新たな保存計画策定に向けて、有識者による検討委員会を立ち上げる。9月をメドに設置する予定で、今年度の予算に調査費などとして200万円を計上した。
史跡管理を円滑にし、観光資源としての活用を目指し、2年をかけて基本方針をまとめる。
                   ◇
安土城は織田信長が天正4(1576)年に、明智光秀に命じて安土山(標高199メートル)に築かせた。
本能寺の変(1582年)後に焼失し、現在は天主跡や本丸跡に礎石などが残り、山全体が国の特別史跡に指定されている。
現在ある保存計画は、戦後の農地改良やほ場整備で、史跡周辺の土地が大きく変化してきたことから、史跡の景観を守るため、県教委が昭和53年に策定。しかし、このときの計画書では、全17ページのうち、保存計画に相当する部分は2ページ分しかなく、内容も大まかな方向性が示されているものだった。

続きはソースで

※記事の一部を引用しました。全文及び参考画像等はリンク先の元記事で御覧ください。
ソース:2014.5.13 02:06 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140513/shg14051302060002-n1.htm


引用元: 【城郭】 安土城跡 新保存計画策定へ 9月めどに有識者検討委員会設置 滋賀 [産経新聞]


安土城跡 新保存計画策定へ 9月めどに有識者検討委員会設置 滋賀 [産経新聞]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/17(木)18:13:42 ID:MgenKnUdr

 雨上がりの早朝、雲海に浮かぶ山上に越前大野城が姿をあらわす。その光景はまるで「天空の城」だ。「日本のマチュピチュ」とも呼ばれて年間50万人超の観光客が訪れる兵庫県朝来(あさご)市の国史跡・竹田城跡に続こうと、大野市は観光パンフレットや市ホームぺージなどで幻想的な写真を紹介している。

 越前大野城は、市中心部の亀山(標高249メートル)山頂に建つ。織田信長に仕えた金森長近が、天正4(1576)年から4年ほどかけて築き、ふもとには碁盤目状の城下町が広がる。

 盆地にある大野市で雲海が望めるのは、前日に雨が降った春と秋の早朝。空中の水分が冷やされて発生した霧が、日が高くなるにつれて上空から薄くなると、市街地よりも先に城郭が雲海の上に姿を現す。

【画像】
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140408002939_commL.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASG484H1GG48PGJB00F.html



【神秘】福井にも「天空の城」があった!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: ムーンサルトプレス(大阪府) 2013/12/03(火) 09:52:48.33 ID:7jPgdX/X0 BE:276042825-PLT(12001) ポイント特典

 兵庫県伊丹市立博物館は2日、戦国武将、荒木村重(道薫)に幽閉された黒田官兵衛が、後に村重に送った書簡の写しが見つかったと発表した。織田信長に謀反を起こした村重の説得に訪れた官兵衛は1年間幽閉された。それから4年後の手紙だが、文面からは親しげな関係がうかがえ、研究者は「幽閉は過酷なものではなく、2人は変わらずに親しい関係だったのでは」と分析している。

 同館によると、今年10月、伊丹市の郷土史家が1936年発行の「茶道全集」に書簡の内容が掲載されているのに気付き、同館が京都市上京区の相国寺光源院で書簡を確認した。

 村重は伊丹にあった有岡城の元城主で、官兵衛とともに織田信長に仕えた。1578(天正6)年、村重は信長に謀反を起こし、説得に訪れた旧知の官兵衛を有岡城に幽閉。1年後に城を捨てて逃れ、官兵衛は解放された。書簡は本能寺の変で信長が討たれた翌年の1583(同11)年に書かれた。

 当時、官兵衛は秀吉の配下で、茶人となっていた村重は茶道を通じて秀吉との関係を深めていた。
書簡は、村重から光源院の領地問題の相談を受けた官兵衛が返書を出し、これを村重が書き写し、交渉が順調だと伝えるために光源院に送ったものとみられる。

 「秀吉様のお考えどおりに間違いのあるわけがありません」と秀吉をたたえる言葉や「姫路へのお供をされるのであれば、この地へお出(い)でになるだろうと存じていたところ、お出でになられず、とても残念」と再会できなかったことを惜しむ文がつづられていた。

 神戸女子大の今井修平教授(日本近世史)は「文面からは遺恨は感じられない。茶人となった村重が政治に関与し、秀吉の下で力を合わせて政策を実現しようとする2人の関係を示す貴重な資料だ」と評価している。【幾島健太郎】

eb83e7da.jpg

http://mainichi.jp/graph/2013/12/03/20131203k0000m040151000c/image/001.jpg
http://mainichi.jp/select/news/20131203k0000m040151000c.html




引用元: 黒田官兵衛から荒木村重に、幽閉から4年後に送られた親しげな書簡の写しが見つかる
 


黒田官兵衛から荒木村重に、幽閉から4年後に送られた親しげな書簡の写しが見つかるの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ