理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

老化

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/21(金) 19:57:28.47 ID:???0.net
抗HIV薬、加齢黄斑変性にも効果か 米研究
AFP=時事 11月21日 15時4分

【AFP=時事】ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染による後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)の治療に広く使われている抗レトロウイルス薬の一種「NRTI(核酸系逆転写酵素阻害剤)」が、目の難病である「加齢黄斑変性」の治療にも応用できる可能性があるとする研究が20日、米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。

培養皿で「ミニ網膜」作製に成功、米研究

加齢黄斑変性は、網膜の中心部にある黄斑という組織に老化による異常が生じ、悪化すれば失明することもある。
米ケンタッキー大学(University of Kentucky)のチームによると、マウスを使った研究で、黄斑変性の症状悪化につながるたんぱく質の複合体「インフラマソーム」の働きをNRTIが阻害することが確認できたという。

研究チームはNRTIについて、肝炎や組織移植による合併症にも効果がある可能性を示唆している。

論文の主執筆者、ベンジャミン・ファウラー(Benjamin Fowler)氏は、NRTIについて「他の病気に応用できれば有益だ。非常に安価な薬剤で、今回の実験に使用した薬剤の中には数十年の臨床実績によって高い安全性が確認されているものもある」と述べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000027-jij_afp-int

引用元: 【アメリカ】抗HIV薬、加齢黄斑変性にも効果か 米研究

抗HIV薬、加齢黄斑変性にも効果か 米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/15(土) 13:26:46.43 ID:???.net
東京医科歯科大、老化に伴う病気の共通因子を発見
2014年11月14日 22時33分 財経新聞

 東京医科歯科大学の下門顕太郎教授・篠崎昇平准教授らによる研究グループは、老化に伴って起こる病気に共通した発症の原因が、長寿遺伝子サーチュイン(SIRT1)のS-ニトロソ化による活性低下であることを明らかにした。

 高齢に伴い、糖尿病・アルツハイマー病・サルコペニア(筋肉量低下)などが増加することが知られており、老化過程そのものには慢性炎症が関わっていると考えられている。
しかし、その詳細なメカニズムについては解明されていなかった。

 今回の研究では、全身性炎症反応・パーキンソン病・サルコペニアのモデル動物と培養細胞を用いて、炎症が起きた際の長寿遺伝子SIRT1のS-ニトロソ化(炎症により生成される一酸化窒素がアミノ酸システインに結合すること)について詳しく調べた。
その結果、炎症によってSIRT1のはたらきが弱くなり、炎症や細胞死を起こしやすくなること、SIRT1のS-ニトロソ化を薬剤や遺伝子操作によって減らすと、SIRT1のはたらきが戻り、炎症反応が部分的に抑えられることが分かった。

 今後は、SIRT1のS-ニトロソ化を阻害したり抑制したりすることで、老化に伴う病気の治療や老化速度の制御できるようになることが期待されている。

 なお、この内容は11月11日に「Science Signaling」オンライン版に掲載された。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9470249/

引用元: 【医療】東京医科歯科大、老化に伴う病気の共通因子を発見

東京医科歯科大、老化に伴う病気の共通因子を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/14(金) 23:20:56.12 ID:???.net
自分を若いと思い込め―記憶力を維持する秘訣
By Jason Schneider
2014 年 11 月 11 日 17:13 JST

誰しも老化は避けられないが、自分は実年齢より若いと感じ続けることが、記憶力や認知能力を維持するのに役立つ可能性がある、との研究結果が明らかになった。
この研究は、医学雑誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・ジェリアトリック・サイコロジー」の11月号に発表される。

フランスの研究者が行った「主観的年齢と認知能力:10年間プロスペクティブ研究結果」と題するこの研究では、BMI(肥満指数)が低く活動的な人に、自分が実年齢より若いとのイメージを持ち続けている人が多いことが突き止められた。

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://jp.wsj.com/articles/SB12342273157179233952604580270021166269674
THE WALL STREET JOURNAL.(http://jp.wsj.com/)2014年11月11日17:13 JST配信記事

▽関連リンク
Am J Geriatr Psychiatry. 2014 Nov;22(11):1180-7. doi: 10.1016/j.jagp.2013.03.007. Epub 2013 Jul 17.
Subjective age and cognitive functioning: a 10-year prospective study.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23871114#

引用元: 【心理】自分を若いと思い込め 記憶力や認知能力を維持するのに役立つ可能性

自分を若いと思い込め 記憶力や認知能力を維持するのに役立つ可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/04(火) 19:26:40.09 ID:???.net
本来の年齢より早いスピードで老化が進む「早老症」のニホンザルを世界で初めて見つけたと、京都大霊長類研究所の高田昌彦教授らが発表した。

霊長類の早老症は、これまで人以外では見つかっていなかった。高田教授らは、その原因を解明し、老化の仕組みの研究に役立てたい考えだ。

同研究所によると、ニホンザルは25歳ごろから老齢を迎え、40歳くらいまで生きるという。しかし、2010年5月に同研究所で生まれた雌は、生後8か月の子ザルの段階で、顔などがしわだらけになった。
通常なら20歳以上で見つかる白内障も、生後10か月で発症。1歳4か月で脳の萎縮が確認され、2歳で糖尿病の傾向を示した。

こうした症状は、人の早老症とよく似ていた。人の早老症では、6個の原因遺伝子が判明している。だが、このサルでは、6個の遺伝子のほか、老化に関連する別の16個の遺伝子も調べたが、異常は見つからなかった。サルは3歳2か月になった13年7月、老化と無関係に消化器の病気で死んだ。論文は、米科学誌「プロスワン」に掲載された。

画像
2014年11月04日 13時45分 Copyright (c) The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20141104/20141104-OYT1I50014-L.jpg
早老症のため、生後10か月で顔や全身がしわだらけになったサル(手前)。奥は母親(2011年撮影、京都大霊長類研究所提供)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20141104-OYT1T50064.html

引用元: 生後8か月でしわだらけ、「早老症」のサル発見

生後8か月でしわだらけ、「早老症」のサル発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/22(水) 23:04:56.50 ID:???.net
(CNN) 糖分を多く含んだ清涼飲料水には、白血球の老化を促進させる作用があるかもしれない――。
そんな研究結果が米医学誌の今週号に発表された。
カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究チームは健康な大人の白血球を調査して、特にテロメアと呼ばれる染色体の末端部分に着目した。
テロメアは時間の経過に伴って短くなり、ある程度の短さになると細胞が死ぬ。
このためテロメアが長いほど健康で若さが保たれ、短くなると健康状態が悪化して老化が促進されると考えられている。

研究チームは米国民の食生活などについて調べた1999~2002年の統計をもとに、
飲料とテロメアの関係を調査。その結果、糖分が多い清涼飲料水の消費とテロメアが短くなる現象の間に相関関係があることが分かった。

一方、ダイエットソーダとテロメアの長さには相関関係は見られず、果汁100%のジュースを飲んでいる場合はテロメアがやや長くなる傾向があった。
この調査では、成人の5人に1人が毎日590ミリリットル以上の清涼飲料水を飲むと回答。
研究チームによれば、毎日この量を飲み続けると、4.6年分の老化が進む可能性があるという。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35055504.html

引用元: 【人体】甘い清涼飲料水は老化を促進させる? 米研究

甘い清涼飲料水は老化を促進させる? 米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/13(月) 23:38:27.65 ID:???.net
◆65歳以上4人に1人が認知症 アルツハイマー型や脳血管性など

「認知症」はいまや国民の最大関心事といってもいい。
厚労省研究班の調査(2012年)では65歳以上の高齢者約3200万人のうち、認知症の患者数は推計15%、約462万人に達するとされる。

さらに認知症の「前駆段階」とされる軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されており、65歳以上の実に4人に1人が認知症に直面している。

問題をさらに複雑にしているのが、「実家問題」だ。
同居したり近所に住んでいたりすれば、子供や家族が認知症になった老親を日頃から見守ることができる。
しかし故郷から離れて暮らしている場合、面倒を見るのは一苦労だ。

「施設に入居させればいい」という単純な話でもない。
民間企業や医療法人などが運営する有料老人ホームは月額15万~30万円の費用がかかり、誰もがおいそれと手を出せる選択肢ではない。
月額5万~15万円ほどで済む特別養護老人ホームも要介護認定が必要であるうえ、待機者が列をなす「イス取りゲーム」状態だ。

来年4月以降から入居者は原則要介護3以上となり、ハードルは今よりも高くなると見られている。

認知症高齢者の約半数は自宅で暮らしている。
「離れて暮らす親の面倒を見なければならない」と頭を悩ませる人が大勢いる事実が浮かび上がる。

認知症といってもその内容は多岐にわたる。
「アルツハイマー型」をはじめ、「脳血管性」、「レビー小体型」、「前頭側頭型」など様々なタイプがある。

『MCI(認知症予備軍)を知れば認知症にならない!』(主婦と生活社刊)の著者でおくむらクリニック院長の奥村歩医師がいう。

「アルツハイマー型は日本人の認知症の7割ともいわれ、脳血管性、レビー小体型と合わせた3大認知症で全体の9割を占めます。
軽度のアルツハイマーでは物忘れなどの記憶障害が目立ちますが、初期段階では“老化”と“認知症”の見分けがつきにくい。
しかし進行すると服の着方など日常生活の段取りまでわからなくなってしまいます」

週刊ポスト 2014年10月24日号
http://www.news-postseven.com/archives/20141013_281645.html

引用元: 【医学】65歳以上の4人に1人が認知症…アルツハイマー型や脳血管性など

65歳以上の4人に1人が認知症…アルツハイマー型や脳血管性などの続きを読む

このページのトップヘ