理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

老化

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/25(土) 21:38:41.61 ID:CAP_USER
水素が、体を酸化させる活性酸素を中和することで老化を防ぎ、ガンや糖尿病を退治してくれる水――という触れ込みで今、話題の“水素水”。市場規模200億円ともいわれ、大手飲料メーカーがこぞって新商品を発売している。だが、そもそも人の体内でも水素は発生しており、実物を飲んでも普通の水と味や匂いも大差ない。なぜ人は疑似科学を信じてしまうのか。水素水以外にも批判されて、なお生き残っている疑似科学はまだある。

その代表格と言っても過言ではないのが“EM菌”だ。もともと土壌改良を目的に開発された微生物資材だったが、’90年代後半からどんどん疑似科学化し、東日本大震災以降は放射能除去効果があるとも謳われた。現在でも河川の水質浄化を目的にした、EM菌の投入イベントを企画している団体すらある。

「農業資材だけならまだしも、環境浄化や医療効果まで主張し始めて、話がどんどん大きくなり、疑似科学として問題のあるレベルになってきているのです」(疑似科学に詳しい明治大学の石川幹人教授)

そんなEM菌以上に、つい信じてしまいがちなのが、健康効果を謳った“モノ系”疑似科学だという。斉藤秀雄さん(仮名・40歳)は某プロ野球監督が身に着けている“磁気ネックレス”の愛用者だ。

「前から肩や首のコリがひどくて、今でもゴルフや運動の後、全身にコリが出ちゃうけど、これを着けると痛みとかダルさが全然違う」

続きはソースで

ダウンロード


http://nikkan-spa.jp/1135404

引用元: 【疑似科学】水素水、EM菌…人はなぜ疑似科学を信じてしまうのか c2ch.net

【疑似科学】水素水、EM菌…人はなぜ疑似科学を信じてしまうのかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/13(金) 12:25:48.94 ID:CAP_USER*
くるぞ不老不死! イースター島で発見された「ラパマイシン」の老化防止効果がヤバすぎる!(最新研究)

人類にとっての永遠の夢、その代表格はなんといっても「不老不死」だ。古今東西、少しでも老いを抑えて死を遅らせようとさまざまな試みが行われてきた。
そして現代、トカナが日本のメディアとして初めて紹介した「NMN」をはじめとする数々の“老化防止薬”が最先端の研究によって生まれつつあるが、いま科学者たちが熱い眼差しを向けるのは「ラパマイシン」という化学成分だという。
人類をまた一歩「不老不死」へと近づける(?)その驚異的パワーについてお伝えしよう。


■イースター島のモアイ像、その足元に……!

Rapamycin_3.jpg
画像は、「Wikipedia」より引用
 今月5日、海外ニュースメディア「FUSION」が報じたところによると、従来は臓器移植後の拒絶反応抑制などの目的で用いられてきた「ラパマイシン」という化学物質に、強力な寿命延長作用があることが次第に明らかになりつつあるという。

 この「ラパマイシン」、発見の経緯が実に神秘的だ。今を遡ること約半世紀前、1965年にイースター島の土壌を調査していたブラジルの研究者らが、モアイ像の陰でひっそりと生息する謎の放線菌を発見した。
それらは未知の化合物を産生しており、イースター島のポリネシア語名である「ラパ・ヌイ」と「菌から生じる抗生物質」を示す“マイシン”を組み合わせて「ラパマイシン」と名づけられたのだ。

 このような経緯から“奇跡の化学成分”にたとえられる「ラパマイシン」だが、その寿命延長作用が初めて注目を浴びたのは、2009年に学術誌「Neuroscience」で発表されたある研究結果だった。
なんと、ネズミに「ラパマイシン」を投与すると、オスでは9%、メスでは13%も寿命が延びることが判明。メカニズムには不明な点が多々あるものの、ほかの動物でも同じ効果が得られるか、さらなる検証が求められていた。

続きはソースで

images (3)
(編集部)

http://tocana.jp/2016/05/post_9689_entry.html

引用元: 【研究】化学物質「ラパマイシン」に寿命延長作用 ネズミの雄で9%雌で13%寿命が伸び、犬の心機能が目覚ましいレベルで向上 [無断転載禁止]©2ch.net

化学物質「ラパマイシン」に寿命延長作用 ネズミの雄で9%雌で13%寿命が伸び、犬の心機能が目覚ましいレベルで向上の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/08(日) 03:21:40.87 ID:CAP_USER
マウスの寿命が20パーセント延びうるとされる遺伝子治療を、BioViva USA社のCEOが自身の体で試し、
細胞が20歳若返ったと主張している。

ワシントン州シアトルを本拠とするバイオ企業BioViva USAのCEO、エリザベス・パリッシュは、同社が開発した「若返り」のための遺伝子治療を自身の体でテストしたところ、細胞が20歳若返ったと主張している。

パリッシュCEOは現在45歳で、科学・医学の分野での正規の教育は受けていない。彼女はこの実験的な治療を、2015年9月にコロンビアのクリニックで受けたという(詳細は未公表)。こうした型破りな臨床試験が海外で行われた背景には、米国の規制を回避するという目的があったが、この臨床試験の強行により、BioViva USAの科学顧問の1人が辞職している。

BioViva USAの科学諮問委員を務めていたが辞職したワシントン大学名誉教授のジョージ・マーティンは『MIT Technology Review』誌で、「これは大きな問題であり、このような事態に大きな憤りを感じています。
わたしは非臨床試験(動物実験)を繰り返し行うよう強く求めてきました」と語っている。

続きはソースで

ダウンロード

産経ニュース=http://www.sankei.com/wired/news/160507/wir1605070001-n1.html

【参考動画】
https://youtu.be/toNjsvbX0f0


引用元: 【遺伝子】「細胞が20歳若返った」米バイオ企業CEO、自身の体で遺伝子治療をテスト [無断転載禁止]©2ch.net

「細胞が20歳若返った」米バイオ企業CEO、自身の体で遺伝子治療をテストの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/29(金) 22:42:02.42 ID:CAP_USER*.net
年齢より「老けて見える」、関連遺伝子を発見 研究

【AFP=時事】若々しく年を重ねる人がいる理由を、優良遺伝子で説明できることは誰でも知っているが、このたび発見されたのは、実際の年齢より約2歳老けて見える原因となり得る遺伝子変異だ。研究結果が28日、米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に発表された。

 研究論文によると、問題とされたのは遺伝子「MC1R」。この遺伝子は、赤毛や白い肌の発生に関与することが、すでに科学的に解明されているが、今回の研究では、人を実際より早く老けさせると思われる変異が特定された。

 オランダ・エラスムスMC大学医学センター(Erasmus MC University Medical Center)の研究者、マンフレート・カイザー(Manfred Kayser)氏は「実年齢より老けて見える人もいれば、若く見える人もいる理由を部分的に説明する遺伝子を、世界で初めて発見した」と話す。

 見た目の年齢については、個人の遺伝的要因と環境的要因とが同等に関与していることが、これまでの研究で判明していた。また、何歳に見えるかは、その人の実際の健康状態と若死にするリスクに関連している可能性があるため、重要な特性であることが、別の研究で示唆されている。 

 今回の研究では、オランダの高齢者2600人あまりのゲノム(全遺伝情報)を対象に「顔のデジタル画像から推定される顔の見かけの年齢としわの差異に関連するDNA変異」がないかが調べられた。その結果、「顔の見かけの年齢に関して最も強い関連性が認められたのが、MC1R遺伝子のDNA変異だった」のだという。

 研究チームによると、欧州で行われた別の2つの大型研究でも、今回の結果を検証することができたと述べている。

 MC1R遺伝子変異の影響は、年齢、性別、肌の色、日焼けによる損傷などに左右されなかった。

 またMC1Rは、炎症とDNA損傷の修復に関与することが知られており、これらのプロセスは、人がどれほど若く見えるかに影響を及ぼす可能性があると、研究チームは指摘している。
【翻訳編集】 AFPBB News

ダウンロード (2)


AFPBB News AFP=時事 4月29日(金)12時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000018-jij_afp-int

引用元: 【科学】実年齢より2歳「老けて見える」、原因となりうる遺伝子変異を発見

実年齢より2歳「老けて見える」、原因となりうる遺伝子変異を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/28(日) 19:18:02.01 ID:CAP_USER*.net
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160228/k10010424881000.html
2月28日 19時09分

不妊治療に携わる医師らが埼玉県草加市で講演会を開き、妊娠しにくい原因は女性だけでなく男性にもあるとして、夫婦で治療を受ける必要があると呼びかけました。
草加市の獨協大学で開かれた講演会は、不妊治療の正しい知識を知ってもらおうと、医師らで作るNPOが初めて開き、不妊に悩む夫婦など150人が参加しました。

講演会では、不妊治療に当たる医師が「妊娠しにくい原因は女性にあると思われがちだが、男性側にも原因があるケースが半数近くある」としたうえで、「卵子が老化するのと同様、男性も年をとると精◯の数や運動量が低下する傾向がある」と指摘しました。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【医療】不妊原因は男性にも 夫婦で治療を呼びかけ

不妊原因は男性にも 夫婦で治療を呼びかけの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/11(木) 21:32:27.53 ID:CAP_USER.net
働きアリは「老化」しない:英研究結果
WIRED 2016.2.9 TUE配信記事
https://wired.jp/2016/02/09/ants-dont-age/

オオズアリの働きアリは、命が尽きる瞬間まで、老化の兆候がまったく見られないという研究結果が発表された。

人間の場合、老化現象は止められない。
しかし働きアリは、命が尽きる瞬間まで、老化による衰えを一切示さないらしい。

英国王立協会が発行する学術論文誌『Proceedings of the Royal Society』に掲載された論文によると、Pheidole dentata(北米に生息するオオズアリの一種)の小型の働きアリ(マイナーワーカー)は、実験室の環境では140日間生きるが、命が尽きるときまで、老化の兆候はまったく見られなかったという。
オオズアリでは、働きアリの一部が大柄な兵隊アリ(兵アリ)になる。
研究者は通常の働きアリを小型働きアリ=マイナーワーカー(minor worker) 、いわゆる兵隊アリを大型働きアリ=メジャーワーカー(major worker)と呼ぶ。

働きアリたちは、幼虫の世話をしたり、道しるべフェロモンをたどったり、死んだ昆虫をあさったりなど、毎日の作業にいそしんでいるが、こうした働きアリ数百匹が調査対象になった。

研究者たちはこれらの働きアリたちに、脳細胞の死滅や、ドーパミンなどの神経伝達物質の減少、日々の作業効率の低下など、人間に見られるような老化現象が現れるかどうかを注意深く観察した。
その結果、アリがそうした現象の影響を受けることはなく、死の直前まで最高の状態で生き、最期を迎えることがわかった。

続きはソースで

ダウンロード


引用元: 【生物】オオズアリの働きアリ 命が尽きる瞬間まで「老化」しない/英研究結果

オオズアリの働きアリ 命が尽きる瞬間まで「老化」しない/英研究結果の続きを読む

このページのトップヘ