理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

肝硬変

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/10/25(水) 19:12:17.48 ID:CAP_USER9
小児期C型肝炎「重症化せず」 久留米大助教ら疫学調査 350人対象国内最大規模 [福岡県]
西日本新聞:2017年10月25日 06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/368484/

 小児期のC型肝炎ウイルス感染者は重症化せず、肝硬変や肝がんになる可能性はほぼない、との疫学調査結果を久留米大医学部の水落建輝助教(小児科)などの研究グループがまとめた。
調査は過去30年、約350人を対象とした国内最大規模の調査で、日本消化器病学会の英文誌(電子版)に発表している。

 C型肝炎は、ウイルス感染が原因で発症し、国内の感染者は150万~200万人と推定されている。
自覚症状がなく、肝硬変や肝がんに進行して感染が分かることも多いとされる。

 調査は1986~2015年に出生し、17歳未満でC型肝炎に感染しているとの診断を受けた348人(診断時の平均年齢3・1歳)を対象に実施。
その後の病状の変化などについて、国内65の医療機関からデータの提供を受けて調査した。

 水落助教によると、348人の中で肝硬変や肝がんの診断を受けた人はおらず、肝臓の組織や細胞を調べる検査を実施した147人についても、病変なしと軽度が9割を占め、重度の人はいなかった。

 近年、C型肝炎の治療を巡っては、治療効果の高い新薬が開発され、成人では公的医療保険の適用も受けている。

続きはソースで

=2017/10/25付 西日本新聞朝刊=
ダウンロード


引用元: 【医学】小児期C型肝炎「重症化せず」 肝硬変や肝がんになる可能性ほぼ無し 国内最大規模の疫学調査発表 久留米大

小児期C型肝炎「重症化せず」 肝硬変や肝がんになる可能性ほぼ無し 国内最大規模の疫学調査発表 久留米大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/07/27(木) 19:02:53.16 ID:CAP_USER
2017/7/27 18:46
 新潟大とロート製薬(大阪市)は27日、肝硬変を治療するため他人の脂肪組織から採取した細胞を投与する、国内初の臨床試験(治験)を始めると発表した。2020年度に、再生医療製品として国の承認を目指す。

 肝炎などにより肝臓が硬くなる肝硬変は、肝がんの原因となり・・・

続きはソースで

https://this.kiji.is/263241321895264259/amp?c=39550187727945729
ダウンロード


引用元: 【治療】他人の細胞投与で肝硬変治療 新潟大、実用化へ治験開始[07/27] [無断転載禁止]©2ch.net

他人の細胞投与で肝硬変治療 新潟大、実用化へ治験開始の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/04/26(水) 05:02:39.96 ID:CAP_USER9
 アルコール依存症などを飲酒量を減らして治療する「減酒外来」を国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)が今月設置した。
 従来の治療法は飲酒をやめる断酒だが、先進的な試みとして飲酒量を減らすことを主な目標とする。軽症者を含め多くの人に治療を始めてもらいたい考えだ。

 アルコール依存症は大量のお酒を連日飲むことで発症しやすい。肝硬変や膵炎すいえんになる恐れがある。ただ治療の断酒は少量の酒も飲めないことへの抵抗感から、推計患者100万人余のうち治療を受ける人は数%にとどまる。

 減酒外来では、飲酒量のほか、家庭内暴力など生活上の課題を医師が把握。患者の希望を聞いた上で、飲む量を減らす、飲まない休肝日を設けるといった目標を立てる。

続きはソースで

http://yomiuri.co.jp/science/20170425-OYT1T50058.html?from=ytop_ylist
ダウンロード (1)


引用元: 【医療】アルコール依存症、断酒から「減酒」へ新外来 [無断転載禁止]©2ch.net

アルコール依存症、断酒から「減酒」へ新外来の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/13(日) 10:24:45.44 ID:???.net
脂肪肝、血液検査で簡単に診断? カギの物質発見 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150912-00000046-asahi-sci

 飲酒しないのに発症する肝炎・非アルコール性脂肪肝炎(NASH)かどうか、血液検査だけで簡単に診断できるかもしれない。大阪大の三善英知教授(機能診断科学)らは、NASHの度合いを測る血液中の物質を見つけた。

 NASHは進行すると肝硬変になるおそれがある。国内には約100万~200万人の患者がいると推定されているが、症状が出にくく、診断には肝臓の一部を切り取って調べる必要があることが課題になっている。

 三善さんらは体内で作られるたんぱく質と鎖状の糖「フコース」が結合した物質に注目。様々な脂肪肝の患者506人の血液を調べたところ、NASHの患者の血液中で、この物質の量が増えていることがわかったという。病状によって量が異なることもわかった。

 三善さんは「血液検査でNASHが診断ができるようになるだけでなく、治療効果を測ることもできるのではないか」と話している。(今直也)

 
no title

引用元: 【医学】脂肪肝、血液検査で簡単に診断? たんぱく質と鎖状の糖「フコース」が結合した物質に注目

脂肪肝、血液検査で簡単に診断? たんぱく質と鎖状の糖「フコース」が結合した物質に注目の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/09(金) 17:46:11.64 ID:???0.net
2015.1.9 17:33

 慢性化すると肝硬変や肝がんの原因になるとされるB型肝炎について、厚生労働省の専門家部会は9日、すべての0歳児に計3回、予防接種を行うべきだとする方針で一致した。上部部会で了承されれば、平成28年度にも定期接種化される。

 専門家部会は、ワクチンの接種対象となる時期を生後2カ月、3カ月、7~8カ月の計3回と規定。家族に感染者がいるなど感染リスクが高い場合、出生直後の接種も可能とする。

 B型肝炎は血液や体液を通じてウイルスに触れることで感染するため、母親が感染している場合は、新生児に早期の予防接種が行われてきた。

 一方、汗や唾液、涙に含まれるウイルスから感染したとみられる例も報告され、家庭内や集団生活で感染するリスクがあるほか、近年は慢性化しやすい欧米型のB型肝炎ウイルスが増えており、すべての新生児への予防接種の必要性が指摘されていた。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/life/news/150109/lif1501090028-n1.html

引用元: 【医療】 B型肝炎ワクチン、平成28年度にも定期接種化へ [産経ニュース]

B型肝炎ワクチン、平成28年度にも定期接種化への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/23(火) 02:18:28.46 ID:???0.net
肝炎感染、53万人が放置 厚労省推計
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22026_S4A920C1CR8000/
日本経済新聞 2014/9/23 2:01

 
 国内最大規模の感染症とされるウイルス性肝炎で、感染検査で陽性と判明しながら、継続して治療をしていない人が全国に少なくとも53万人いるとの推計値を、厚生労働省研究班が22日までにまとめた。自覚症状がほとんどないことが理由とみられる。肝炎を発症して進行すれば肝硬変や肝臓がんにつながる恐れがあり、専門家は継続した受診を呼びかけている。

※無料部分ここまで

引用元: 【医療】肝炎感染、53万人が放置…厚労省推計 自覚症状ほとんどなく、進行すれば肝硬変や肝臓がんの恐れも [9/23]

肝炎感染、53万人が放置 自覚症状ほとんどなく、進行すれば肝硬変や肝臓がんの恐れもの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ