1: 2015/12/23(水) 03:08:54.46 ID:CAP_USER.net
12月22日 14時39分
ことしノーベル賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智さんが開発した熱帯病の治療薬「イベルメクチン」が、胆管がんを縮小させる効果があるとする研究成果を九州大学の研究グループが発表しました。

北里大学特別栄誉教授の大村智さんが開発した「イベルメクチン」は、失明につながる熱帯病「オンコセルカ症」などの特効薬で、大村さんは、この研究成果でことしのノーベル医学・生理学賞を受賞しました。この薬を九州大学生体防御医学研究所の西尾美希助教などの研究グループが詳しく調べたところ、胆管がんの原因となる「YAP1」(ヤップワン)というたんぱく質の働きを抑える効果があることが分かったということです。

続きはソースで

images (2)


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151222/k10010349471000.html


引用元: 【医学】大村さん開発のイベルメクチン 胆管がんに効果[NHK]

大村さん開発のイベルメクチン 胆管がんに効果の続きを読む