1: 白夜φ ★ 2013/08/04(日) 01:46:36.15 ID:???

豪の浜辺に希少種セミクジラの死骸、生態解明に期待
2013年08月02日 09:45 発信地:シドニー/オーストラリア

【8月2日 AFP】オーストラリア南部サウスオーストラリア(South Australia)州のエア半島(EyrePeninsula)の砂浜で、希少種のセミクジラの死骸が打ち上げられているのが見つかった。
科学者らは、セミクジラについての知識を深める助けになると期待している。

体長約12メートルで体重が最大50トンと推定されているこのクジラの死骸には、サメによるものとみられる大きなかみ傷が多数あったという。
エア半島周辺は、ホホジロザメの生息地として知られている。

サウスオーストラリア博物館(South Australian Museum)の学芸員で、哺乳動物主任研究員のキャサリン・ケンパー(Catherine Kemper)氏が1日、AFPに語ったところによると、同博物館は2日に調査チームを現地に派遣し、砂浜で死骸の解剖を行う予定だ。
この作業には1週間かかる見込みで、死骸はその後、博物館に送り、さらに詳細で有益な科学的調査を行う。

ケンパー氏は「この博物館に勤務して30年になるが、大人のサイズのセミクジラを収容したのは、これまでに2回しかない」と言う。
最後は2001年だった。

セミクジラの個体数は、19世紀にオーストラリア沖で捕鯨が行われていた間に激減したが、現在は徐々に回復してきており、南半球全体で約1万頭が生息しているとみられている。

セミクジラが浜に打ち上げられることは非常にまれで、「生体構造、病気、生殖周期などに関するわれわれ(科学者)の知識は非常に限られている」とケンパー氏は述べている。

セミクジラは、成長すると最大で体長18メートル、体重80トンにもなる。頭部が非常に大きく、最大で全体長の4分の1にも及ぶ。
泳ぐ速度は遅く、性格はおとなしい。オーストラリアでは、絶滅危惧種に指定されている。(c)AFP
____________

▽記事引用元 AFPBBNews2013年08月02日09:45配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2959479/11117492

オーストラリア南部サウスオーストラリア(South Australia)州エア半島(Eyre Peninsula)の砂浜に打ち上げられたセミクジラの死骸の近くに立つ警備員(2013年8月1日提供)。
(c)AFP/SOUTH AUSTRALIAN GOVERNMENT DEPARTMENT OF ENVIRONMENT, WATER AND NATURAL RESOURCES/Peter WILKINS
12

http://img.afpbb.com/i-img/image_for_msafari.php?article_id=11117492&mode=normal_detail&.jpg



【生物】豪の浜辺に希少種セミクジラの死骸、生態解明に期待の続きを読む