理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

脱毛症

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/08/18(月) 16:01:06.47 ID:???0.net
5ヶ月でハゲを治すことができる薬剤が開発されたとのこと。
米コロンビア大学メディカルセンターの研究チームによれば、1日2回、錠剤を飲むだけで脱毛症の人に毛が戻ってくるとされ、将来的には標準治療になるのではないかと期待されています。

脱毛症は免疫系の誤作動により毛根が破壊されてしまうのが原因と考えられています。
科学者はこの免疫系のシステムによる脱毛機序を突き止めることに成功しました、
研究チームは”ほぼ完全にハゲた”三人の男性にこの薬剤を投与したところ、5ヶ月で効果が出てきたと言います。

【画像】
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/08/17/1408298619922_wps_3_Embargoed_to_1800_Sunday_.jpg

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/08/17/1408298666269_wps_5_Embargoed_to_1800_Sunday_.jpg

ただしこの薬剤が効くのは
免疫系の誤作動による脱毛症であり、加齢に伴うハゲとは全く異なるとのこと。
そのため「男性ハゲの治療薬ではない」とされています。

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2727233/Pill-cure-baldness-five-months-Twice-day-tablet-allows-alopecia-sufferers-hair-grow-set-standard-treatment-condition.html

引用元: 5ヶ月飲むだけでハゲが治る?夢の新薬が登場か(写真あり)[8/18]

【画像】5ヶ月飲むとハゲが治る夢の新薬が登場!?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: そーきそばΦ ★ 2013/10/22(火) 02:08:54.45 ID:???0

 毛髪を生み出す組織「毛包」の形成に主要な役割を果たす毛乳頭細胞を成人男性の脱毛症患者の後頭部から採取し、試験管内で立体的に培養した後でヒト皮膚組織に移植したところ毛が生えたと、米コロンビア大と英ダラム大の研究チームが発表した。論文は22日以降に米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 日本では東京理科大の辻孝教授らが昨年4月、毛乳頭細胞と毛包上皮の幹細胞を組み合わせて立体的に培養する方法で、毛包再生に成功したと発表した。

コロンビア大などのチームは、毛乳頭細胞だけでも培養方法を工夫すれば毛包を再生でき、近い将来に臨床試験を始められる可能性があると説明している。 

1

時事通信 10月22日(火)1時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00000006-jij-soci



【ハゲに光が!】毛乳頭細胞で毛を再生=立体的な培養法工夫、移植で―脱毛症治療に期待・米英チームの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ