理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

脳出血

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/04(土) 01:41:04.16 ID:???.net
掲載日:2015年4月3日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150403/243636.html

no title


 新潟大学の研究者グループは、脳梗塞治療で最も有効とされる血栓溶解療法の弱点である合併症(脳出血・脳浮腫)を引き起こすタンパク質を特定し、弱点を克服する新たな治療法を世界に先駆けて開発した。今後、これまで短かった脳梗塞の治療可能時間が大幅に延長される可能性があるという。
研究成果はBrain 誌(Brain:A Jornal of Neurology, 5YEAR IMPACT FACTOR 10.846)に掲載される。

 脳の血管が詰まることで発症する脳梗塞は、近年増加し、後遺症に苦しむ患者も多く、治療にかかる医療費は増加の一途をたどっている。そうした中、脳梗塞治療において最も有効な治療法に「組織プラスミノゲン・アクチベーター(tPA)」を用いた血栓溶解療法がある。

 しかしこの治療法は、治療可能時間が4.5時間以内と極めて短く、脳梗塞患者の5%未満しかその治療の恩恵を受けられていない。その理由は、発症後に時間が経過すると、脳の神経細胞だけでなく、血管にも障害が起こり、脳出血や脳浮腫(脳のむくみ)を生じやすくなるためだ。

続きはソースで

(町田光)

<画像>
プログラニュリンを活用することの効果を示すイメージ図(新潟大の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015040303011740big.jpg

<参照>
脳梗塞に対する画期的治療薬を発見!(PDF)
http://www.niigata-u.ac.jp/research/study/270402.pdf

Multiple therapeutic effects of progranulin on experimental acute ischaemic stroke | Brain
http://brain.oxfordjournals.org/content/early/2015/04/01/brain.awv079

引用元: 【医学】新潟大、脳梗塞に対する画期的な治療薬を発見

新潟大、脳梗塞に対する画期的な治療薬を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/20(木) 22:50:48.28 ID:???0

★東京女子医大に賠償命令 治験参加の女性死亡 東京地裁
2014.2.20 18:52

7cd65091.jpg

東京女子医大病院(新宿区)で治験中の補助人工心臓を装着した女性=当時(41)=が死亡した問題で、遺族が大学側に約3100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、東京地裁で言い渡された。菅野雅之裁判長は「体格が基準を満たしていないのに治験を実施した」として、約850万円の支払いを命じた。

判決によると、女性は平成19年3月、治験に参加し、補助人工心臓「エバハート」の埋め込み手術を受けた。いったん退院したが約1年半後、脳出血のため死亡した。

菅野裁判長は、手術と死亡の因果関係を認めたうえで、女性は治験対象の基準より小柄だったと指摘、「被験者保護のため基準は厳格に扱われるべきで、医師の裁量を安易に認めることはできない」とした。

東京女子医大は「判決を詳細に見ていないので、現時点ではコメントできない」としている。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140220/trl14022018530008-n1.htm



東京女子医大に賠償命令 治験参加の女性死亡 東京地裁の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ