理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

腐敗

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/11/26(水) 13:31:43.32 ID:???0.net
死肉食べても食中毒にならないコンドルの謎、国際チームが解明
http://www.afpbb.com/articles/-/3032710

【11月26日 AFP】腐敗した動物の死骸を食べるコンドル(ハゲタカ)はなぜ食中毒にならなのかという動物界の長年の謎を解明したとする研究論文が25日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)で発表された。その理由は、特殊な消化器系にあるという。

 コンドルは腐敗した動物の死骸をついばみ、骨のみになるまで食べ尽くす。
死骸の皮が硬く、くちばしで穴を開けることができない場合は、ちゅうちょなく肛門に口を突っ込み、はらわたをむさぼる。

 コンドルは死肉をあさる際、炭疽(たんそ)菌やクロストリジウム菌などの病原菌や毒素に身をさらすことになる。
他の動物がこれらにさらされれば、病気になったり死に至ったりするだろう。

 デンマークと米国の科学者チームが発表した論文によると、コンドルがそうならない秘密は、その特異な消化器系にある。
数百万年に及ぶ進化で磨き抜かれたコンドルの消化管は、飲み込んだ有害な細菌の大半を◯し、残った細菌と問題なく共存することができるのだという。 (c)AFP

続きはソースで 

引用元: 【生物】死肉食べても食中毒にならないコンドルの謎、国際チームが解明

死肉食べても食中毒にならないコンドルの謎、国際チームが解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/09/04(木) 00:58:36.16 ID:???0.net
英国人男性アレックス・ルイスさん(34歳)は昨年の11月に体調を崩しました。最初は風邪を引いたのだと思っていましたが、実際には、「A群連鎖球菌感染症」という怖ろしい病気にかかっていたのです。

この病気は別名「人食いバクテリア症」とも呼ばれています。
A群連鎖球菌の侵入によって、体が腐敗し、毒素性のショック症状を引き起こします。

ルイスさんは、病院で1週間昏睡状態に陥りました。
両手両足は腐敗して黒く変色してしまったため、切断しなければなりませんでした。
また、鼻の一部と唇も失いました。

生存率3%と医師から告げられていたルイスさんは、なんとか一命をとりとめ、今年6月に退院。
ハンプシャー州ストックブリッジの家族のもとへ戻ることができました。
現在は、唇の再形成を行なっているところです。

20時間に及ぶ手術では、自分の肩の肉を使って、新しい唇を作りました。
うまくいけば、唇の皮はこれからだんだん縮んでいき、自然な状態になるということです。

ルイスさんは、自分の息子に模範を示し、顔の変形に苦しむ多くの人たちにポジティブなメッセージを届けるために、自身の写真を公開したとのこと。

【画像】
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/09/A_young_father_who_lost_a1.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/09/A_young_father_who_lost_a2.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/09/Alex_Lewis_3.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1813

引用元: 【医療】「人食いバクテリア症」で手足と唇を失った男性、手術で唇の再生へ(画像あり)

【画像】「人食いバクテリア症」で手足と唇を失った男性が可哀想・・・の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/04/30(水) 10:18:08.32 ID:???0.net

【4月30日 AFP】カナダ東部ニューファンドランド(Newfoundland)島にある小さな町の住民が、珍しい脅威にさらされている──その脅威とは、海岸に打ち上げられた巨大なシロナガスクジラが、近いうちに爆発するかもしれないというものだ。

クジラはカナダ沖の大西洋で数週間前に死んだ9頭のうちの1頭とみられる。
25日にトラウトリバー(Trout River)の海岸沿いにある遊歩道の下に打ち上げられ、好奇心に駆られた見物人や、危険性を調べる地元当局職員らを集めている。

町職員のエミリー・バトラー(Emily Butler)さんはAFPの取材に対し、死骸はメタンガスによって膨張を続けており、爆発するのではないかと心配されていると語った。
「死骸が破れたり切れたりしない限り爆発の恐れはないと聞いています。私たちは安全性について懸念していますが、爆発するかどうかは別として、気温が上がるにつれて腐敗が進み、ひどい悪臭を放つことになるでしょう」
(c)AFP

続きはソースで
http://www.afpbb.com/articles/-/3013829

画像(BBCより)
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/74525000/jpg/_74525457_nfwhale1.jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/74526000/jpg/_74526803_nfwhale3.jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/74525000/jpg/_74525455_nfwhale5.jpg
~~引用ここまで~~



引用元: 【カナダ】海岸でクジラ爆発を心配する声、メタンガスで2倍に膨張(画像あり)


【カナダ】海岸でクジラ爆発を心配する声、メタンガスで2倍に膨張(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/21(火) 15:14:12.95 ID:???0

★アホウドリ、ひな誕生せず 無精卵で腐敗か、小笠原諸島

国の特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリの新たな繁殖地を小笠原諸島・聟島につくる計画で、環境省は21日、昨年11月に確認された卵が腐敗していたと発表した。
産卵は2季連続で、ふ化に成功すれば聟島で初めてのひな誕生だった。

環境省によると、ふ化予定日の12日に山階鳥類研究所(千葉県)の研究員が卵を調べたところ腐敗が分かった。無精卵だったとみられる。

卵の親の雄は5歳で、伊豆諸島・鳥島出身。沖縄県・尖閣諸島で生まれた可能性が高い雌とつがいになった。昨季はけんかして雄だけが卵を抱いて失敗したが、今季は交代で抱卵し、初のひな誕生へ期待が高まっていた。

c08ca3e9.jpg

2014/01/21 12:19 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012101001759.html
2013年11月、聟島で確認されたアホウドリのつがいと卵。右が雄=東京・小笠原諸島(NHK提供)
http://img.47news.jp/PN/201401/PN2014012101001812.-.-.CI0003.jpg



アホウドリ、ひな誕生せず 無精卵で腐敗か、小笠原諸島の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: エクスプロイダー(北海道) 2013/12/24(火) 10:34:23.72 ID:/rs1O25W0 BE:11261928-DIA(110001) ポイント特典

金沢市の市営造林の間伐材を利用したバイオマス発電の試験運転が十九日、始まった。資源の有効活用と地球温暖化防止が目的で、県内では初めての試みとなる。市は効果を見極め、来年度以降の本格運転を目指す考え。同市戸室新保の戸室新保埋立場では間伐材の破砕作業があった。(出来田敬司)

バイオマス発電は、大平沢町、鴛原(おしはら)町などの林で出た間伐材を利用。木くず破砕処理現場で破砕した後、同市東力の西部環境エネルギーセンターに運搬し、可燃ごみとともに発電用の燃料として利用する。

来年三月末までに間伐材五百トンを利用し、一般家庭八十世帯分に相当する二十九万キロワット時を発電。電力はエネルギーセンターなど市施設で使うほか、一部を電力会社に売却する。売電収入は三百八十二万円に上る見通し。

市環境政策課によると、市営造林の間伐材は従来、そのまま林地に放置されていた。間伐材は腐敗すると極めて高い温室効果があるメタンガスを発生させるほか、豪雨の際に流出して河川をせき止めるなど、さまざまな危険性があった。

戸室新保埋立場ではこの日、約五トンの破砕処理があった。燃焼の効率を上げるため、枝葉の付いた造園ごみとともに埋立場の木くず破砕処理現場で処理し、トラックでエネルギーセンターに運搬した。

環境政策課の担当者は「電力会社が電力を買い取る固定価格買い取り制度ではバイオマス発電の方が、通常の発電に比べて買い取り単価が高い。本年度の結果を検証し、来年度以降継続するかどうかを考えたい」と話している。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20131220/CK2013122002000031.html
14



木材を売るより、木材で発電した電気を売った方が儲かるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/11/28(木) 09:40:00.50 ID:???0

火曜日、フェロー諸島でクジラの死体が爆発するという事件が起こりました。
動画はその瞬間を捉えており、血や肉片を吹き飛ぶさまを鮮明に記録しています。

生物学者がクジラの死体を切り開こうとしたとき、そのマッコウクジラは突然爆発しました。
クジラの胃の内部には腐敗ガスが溜め込まれており、それが火山のように爆発したものと見られています。

オレンジ色のレインコートを着ていた生物学者は、その爆発により大量の肉片と腐った血を浴びました。

このマッコウクジラは北大西洋のフェロー諸島に打ち上げられたものです。
クジラは解体され、骨格模型としてデンマークの博物館で展示される予定でした。

※動画はソース元。
 グロい注意
92a777c4.jpg

http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/video-watch-horrifying-moment-dead-2857769



【閲覧注意】クジラの死体が爆発(動画あり)の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ